鬼門の鹿島スタジアムで王者アントラーズに完封勝利その1
54318773 - the imaginary soccer stadium is modeled and rendered.
スポンサーリンク

かつて『ナショナルダービーと言われていた伝統の一戦。鬼門の鹿島スタジアムへ乗り込んで連勝を狙う。

前節、鳥栖相手に劇的な逆転勝利を挙げたジュビロは、今日もその勢いを維持して勝利を掴み取りたいところだ。
公式ホームページの「見どころ」によると、名波監督は攻撃面について『奪った後の選択肢が悪いと相手の早いプレッシャーにつかまってしまうので、上手く良いところを選ぶことが大切』と話していました。
確かに攻めてはいたが、中々良い崩しが出来ていなかったので、マークの付いていない選手へパスを供給して先制点を奪いたいところです。
試合開始前には、前節で500試合出場を達成したアントラーズの小笠原曽ヶ端に花束が贈呈されました。

それでは、試合を振り返っていきましょう。

スポンサーリンク

試合のフォーメーション

ジュビロは前節に続いて、3バックの【3-4-2-1】を採用してきました。ムサエフがコンディション不良(もしくは怪我?)のため、ボランチの一角には山本が入ります。
アントラーズはサイド攻撃を中心に攻めて来ることが予想されますので、以下の2点が重要になってきます。

・守りの際に左右のウイングバックが戻って守備ブロックをしっかりと作る。
・上手くオフサイドが取れるように最終ラインをコントロールする。

アントラーズのストロングポイントでもあるサイド攻撃を防ぎ、左右のウイングバックは攻撃にも積極的に参加することが求められています。逆に守備で5バックになる時間が続くと攻撃が停滞する可能性があるため注意が必要です。

一方のアントラーズはいつも通りの【4-4-2】を採用。高卒ルーキーの安部がJリーグ初めてのスタメンに起用される。

スポンサーリンク

前半の振り返り

前半4分アントラーズがファーストシュートを打つ。金崎が中に折り返したボールを安部がPA手前中央でシュートを放つが、DFに当たり枠には飛ばない。

前半7分山本が供給したロングボールをPA内で遠藤が受けるも、ジュビロがDFラインを上手くコントロールして狙い通りにオフサイドを取る。

前半8分敵陣の左サイドで中村と永木がボールの奪い合いをするが、ファールとなり、ジュビロが最初のFKを獲得する。中村が蹴ったボールは相手DFに当たりクリアされてしまう。

前半11分櫻内が右サイドの敵陣深くからクロスを中へ入れるも、相手に対応されてクリアされてしまう。

前半15分ジュビロが先制点を奪う。川辺からのパスを受けた中村がドリブルでPA手前まで進入する。相手DF4人を引き付けて、右サイドの櫻内へパス。スペースが十分に空いていたため、落ち着いてクロスを中へ供給すると、川又が打点の高い完璧なヘディングシュートをゴールに突き刺す。早い時間に得点する理想の展開となった。

得点した直後の前半17分にアクシデントが発生する。カミンスキーが西と接触した際に左腕をスパイクで踏まれてしまい、出血してしまう。治療を行ったが、腕に力が入らないのか続行不可能となり、前半20分に八田と急遽交代する。

前半21分波状攻撃から追加点を獲得。川辺のインターセプトからカウンターを仕掛け、右サイドの高橋から左サイドの宮崎へボールを展開。中の川又を狙ってクロスを供給するが、相手DFにクリアされてしまう。
こぼれ球を中村が拾ってもう一度川又へクロスをあげる。相手にクリアされるが今度はPA内で松浦がこぼれ球を拾い、相手DFと競り合いながらもマイナス方向へパスを出す。そのボールにフリーで走り込んで来た中村が左足をコンパクトに振りぬき、豪快なミドルをゴール右隅へ叩き込む。

この攻撃は、ボランチの川辺が相手CKのこぼれ球を拾ったところからはじまっており、そこから素早く相手陣内へ進入しサイドチェンジを行うなど、うまく相手を揺さぶって攻撃を仕掛けれていました。また、効果的にセカンドボールを拾えたことで何度も攻撃を行うことができ、貴重な追加点を奪えました。

前半23分遠藤がミドルシュートを放つも途中出場の八田がナイスセーブ。

得点を奪ってから暫くはアントラーズペースになるが、ジュビロは自陣に戻ると左右のウイングバックが戻ってきて5バックとなり、2シャドーとダブルボランチが4枚のブロックを形成して相手の攻撃をシャットアウトする。

前半35分左サイドでFKを得る。中村ではなく山本が直接狙うが、ゴールの上に外れてしまう。

前半43分味方からのロングボールを川又が相手DFと入れ替わってキープして中村へパス。右サイドでボールを受けた中村は相手に奪われそうになるが、上手くコントロールして中央の山本へクロスを送る。左足でミドルシュートを打つも相手DFに当たってしまう。

その後は特にピンチもなく、前半を2対0のジュビロリードで折り返す。

前半の総括

ポゼッションはアントラーズが優勢だったが、相手の攻撃を良いところで止めてカウンター攻撃を効果的に行えていた。ボランチの川辺が中盤の良い位置でボールを奪い、攻撃の起点となっていた。カウンター攻撃が効果的に決まったことで、前半の早い時間に先制点を奪うことができ、追加点もすぐに挙げることができた。
採用した3バックがうまく嵌り、前半だけで5つのオフサイドを取るなど、DF陣の守備意識が非常に高く、ジュビロとしては理想的な前半戦の形だったので、このままの勢いを維持して後半も戦いたいところだ。

後半戦は鬼門の鹿島スタジアムで王者アントラーズに完封勝利その2をご参照下さい。

 

にほんブログ村に参加していますので、バナークリック応援をお願いします。

にほんブログ村 サッカーブログへにほんブログ村

にほんブログ村 サッカーブログ ジュビロ磐田へにほんブログ村

ジュビロ磐田ランキング

スポンサーリンク
おすすめの記事