ジュビロ磐田を京都から応援

ジュビロ磐田を中心にJリーグ・海外サッカー、趣味などを幅広くお届け

ジュビロ磐田

静岡ダービーはジュビロが3対0で快勝!シーズントリプルを達成して嬉しさ大爆発

投稿日:

今季3度目となる”静岡ダービー”が開催されたわけですが、ダービーに対する熱い思いがぶつかり合う一戦はジュビロ磐田が3対0の快勝をあげ、シーズントリプルを達成

サポーターへの最高のプレゼントをありがとう!!!

この試合では太ももの肉離れで離脱していた頼れるDFリーダーでありキャプテンの大井が帰ってきてくれました。この大一番で熱い男がフィールドに戻って来れた、それだけで大きな戦力アップです。

試合序盤は清水がボールを持って攻めてくる時間が続きましたが、最終ラインを突破されることはなく。シュートまで持ち込まれることがほぼなかったのでピンチには感じませんでしたね。しっかりと守備ブロックを形成してチャンスを伺うという展開でした。

攻められてはいましたが、ジュビロも左サイドからアダイウトンがボールを奪ってゴリゴリとドリブルを仕掛けていくシーンが目立ちました。前節のFC東京戦でもそうでしたが、アダイウトンが攻撃に集中できているときはいいチャンスが作れている気がします。

23分にアダイウトンがボールを奪ってドリブルで運んでいき、ペナルティーエリア手前からムサエフにスルーパスを出したシーンはGKにキャッチされてしまいましたが、得点できるんじゃないかという可能性を感じさせてくれるプレーでしたね。

今日のアダイウトンもキレッキレで良いね!と思っていたところ、27分に待ち望んでいた瞬間が訪れました!

アダイウトンが味方のスローインをハーフウェイライン付近でキープして川又に一度ボールを預ける。川又は迷わず、前線へスルーパスを出して、空いているスペースにアダイウトンが走り込み、ドリブルでペナルティーエリア内に侵入。カットインからシュートを放つと、クロスバーを直撃しながらゴールへと突き刺さる。

欲しかった先制点がこの時間に取れたのはかなり大きかったですね。個人的に嬉しかったのは、ここ数試合良い形でシュートまで持って行くが、中々ゴールが決めれていなかったアダイウトンが決めたというところです。アダイウトンらしい豪快なシュートというところもポイントが高いです。(笑)

いい雰囲気の中でダービーが進んでいましたが、45+1分に残念な出来事が発生。

高橋と激しく競り合った松原がファールに激高し、肩と手を使って高橋を倒して一発レッドとなりました。ファールをされたことに腹が立つのは分からないでもないですが、手を使ってやり返すのは流石に駄目です。結果として、ダービーという最高の舞台に水を差す形となってしまいました。いい選手なのにこういった行動で退場するのは非常に勿体無い

後半は、相手が1人少ない状態で迎えましたが、ジュビロとしては早く2点目を取って楽になりたいところ。そんな中、2点目を決めたのは中村俊輔です。やはり、ここぞというところでベテラン選手は頼りになります。

62分 右コーナーキックを中村が蹴ると、クロスは角田の足の間を抜けてそのままゴールへと吸い込まれる。

清水としては、苦手なセットプレーから必要のない形で喫した失点したことに加え、退場者を出している影響から完全に心が折れた形になりました。その後は、ジュビロが主導権を握った形で試合が進みます。

73分にアダイウトンに代えて山田大記を投入すると、この采配が的中し、3点目が生まれます。右サイドの敵陣深くで櫻内が相手DFをかわして左サイドの宮崎へクロスを供給。ダイレクトで合わせてシュートを放つとキーパーがボールを弾いてクリア。このボールに出場したばかりの山田が反応し、ゴールへと流し込んでダメ押しとなる追加点を奪いました。

まさかファーストタッチのシュートでゴールを決めるとは本人も想像していなかったのではないでしょうか?(笑)

ダービーという負けられない戦いで3対0とリードして向かえた終盤。あとは本日が誕生日の川又にバースデーゴールが生まれたら完璧だったのですが、物語はそうそう上手くいかないものですね。川又も惜しいシーンはあったので次節以降に期待です!

試合はこのまま3対0で終了。相手が1人少ないとはいえ、クリーンシートで終われたのは大きな収穫です。この試合に勝ったことで勝点50の大台に到達。

上位チームでは、3位柏レイソルが札幌に破れ、4位の横浜F・マリノスは大宮と引き分けたため、3位までの勝点差は3になりました。遠かった背中が目の前まで近づいてきました。どちらのチームともまだ直接対決が残っていますので、勝てば3位も夢じゃない状況

シーズン開幕当初はここまで上位と接戦を繰り広げれるとは思っていませんでしたが、『強いジュビロが戻ってきつつある』と実感できるのは嬉しい限りです。

長かったシーズンも残り5試合、”ジュビロ復活”を印象付けるためにも全勝する気持ちで戦いに臨んで欲しいところです。

更なる高みを目指して Forza ジュビロ!!

にほんブログ村に参加していますので、バナークリック応援をお願いします。

にほんブログ村 サッカーブログへにほんブログ村

にほんブログ村 サッカーブログ ジュビロ磐田へにほんブログ村

ジュビロ磐田ランキング

関連コンテンツ

サイドバー改

サイドバー改

-ジュビロ磐田

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

【正念場】今日のアウェイ長崎戦で勝ち点を必ず持って帰ることが大事だ

2週間の中断期間が明けてリーグ戦が再開されました。ジュビロ磐田はアウェイで残留を争うライバルであるV・ファーレン長崎対戦します。 “シックスポイントゲーム”でライバル相手に負け …

【静岡ダービー】エコパで行われる清水エスパルス戦の展望を考える

本日はエコパスタジアムで“静岡ダービー”が開催されます。 現地観戦予定なので朝からワクワクが止まらない訳ですが、昨日放送されたスカサカの内容を踏まえつつ、試合の展望をしてみよう …

浦和戦の前にジュビロが改善すべき点を考えてみた

本日は第22節の浦和レッズ戦が開催されますが、その前に前節のヴィッセル神戸の振り返りをしておきたいと思います。 試合を現地で観戦していましたが、ホームで対戦したときの神戸とは全く別のチームになっていま …

【同級生コンビ】お互いにアシストとゴールを演出!松浦と山田が決めたゴールを振り返る

難しいアウェイでの2試合を連勝という最高の形で終えることが出来たジュビロ磐田。 この躍進の原動力となっているのが、松浦と山田の“同級生コンビ”です。 松浦はベガルタ仙台戦でレギュラーに復帰すると、5試 …

鬼門の鹿島スタジアムで王者アントラーズに完封勝利その2

前半戦は鬼門の鹿島スタジアムで王者アントラーズに完封勝利その1をご参照下さい。 後半はアントラーズは左エンドに布陣し、自チームのサポーターがいるゴール裏を目指して攻めてきます。 それでは、後半戦を振り …

管理人のまー太郎です。

このサイトでは、ジュビロ磐田関連のニュースや趣味(旅行、食べ物など)について書き綴っていきたいと思います。
マイペースに更新をしていきますので、お付き合い頂けると嬉しいです。

【好きなサッカー選手】
ジュビロなら小川航基、中村俊輔、川又堅碁
海外なら本田圭佑
その他は鈴木隆行

【趣味】
サッカー観戦、その他スポーツのTV観戦、
映画鑑賞、寺社仏閣巡り等

2019年8月
« 5月  
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031