ジュビロ磐田を京都から応援

ジュビロ磐田を中心にJリーグ・海外サッカー、趣味などを幅広くお届け

ジュビロ磐田

J1第8節 宿敵鹿島アントラーズとアウェイで対戦

投稿日:2017年4月21日 更新日:

前節、ヤマハスタジアムでのサガン鳥栖との対戦。試合を通じて終始攻めていたものの、中々得点を奪えずにいると、後半43分に先制点を取られてしまう。中村のボールロストからカウンター攻撃を仕掛けられ、何とかクリアするもCKに。そのCKをDFとの競合いに勝った豊田のヘディングシュートで先制点を奪われました。最悪の時間帯に得点を取られてしまったジュビロですが、すぐさま同点に追いつきます。
後半44分ドリブルでPA内へ進入した中村が、ゴールライン手前で巧みな切り返しを見せて相手を交わし、柔らかなクロスを中にいるアダイウトンへ送り、右足でダイレクトボレーを放ち同点とする。
その後、ADタイムの45分+4分に中村→アダイウトンと繋ぎ、川辺へクロスを供給する。川辺が頭でマイナス方向に落としたところ、走り込んできたムサエフが逆転のシュートを決める。中々勝てていなかったヤマハスタジアムで劇的な逆転勝利で飾ることができました。

スポンサーリンク

鹿島アントラーズの分析

ここ最近の対戦成績は、2013年と2016年共に1分1敗です。昨年はアウェイで0対3と敗れています。
現在2位のアントラーズは今シーズンACLも戦っているため、リーグ戦ではターンオーバーが採用されています。
攻撃面で注意しなければいけないのは、鈴木になると思います。リーグ戦で2得点、ACLでも2得点取っており、アントラーズの攻撃面を引っ張る活躍をしています。
また、リーグ戦では金崎に変わってペドロジュニオールが鈴木とコンビを組んで出ることが多いため、金崎が後半途中から出てくるという非常に厄介な状況も考慮しないといけません。後半途中から出場しても得点をあげれる選手なので注意が必要です。
一方の守備陣は、CBに日本代表へ選出されている昌子植田の二人がいます。この二人を中心とした守備陣は7試合でクリーンシートが3つと堅い守りになっています。また、1点以上奪われたのは4節の清水エスパルス戦(2失点)だけとなっています。

試合の展望

昨年のアントラーズ戦は、2試合とも3バックで臨んでいます。前節に今シーズン初めての3バックを採用したことから、この試合も3バックを採用する可能性が高いのではないでしょうか。
但し、3バックにすると相手の2トップを上手くオフサイドトラップに掛けれないと失点する確率が高くなるので注意が必要です。
攻撃面では連携がかなり取れているため、アントラーズの守備陣を上手く突破して先制点を奪いたいところ。ただ前節でもチャンスは数多く作っていましたが中々決めきることが出来ていませんでしたので最後のシュート精度をどう確保するがが重要になります。

アントラーズにも不安要素が無いわけではありません。攻撃面が好調のように見えますが、ホームゲーム3試合の成績を調べると、平均得点0.33、平均失点0.66と得点よりも失点の方が多くなっています。以上のデータより、ジュビロとしては相手よりも早く先制点を奪って逃げ切りを目指したいところです。

直近2シーズンの成績では、勝てていませんが今季初の連勝を目指して Forza ジュビロ!!

 

にほんブログ村に参加していますので、バナークリック応援をお願いします。

にほんブログ村 サッカーブログへにほんブログ村

にほんブログ村 サッカーブログ ジュビロ磐田へにほんブログ村

ジュビロ磐田ランキング

関連コンテンツ

サイドバー改

サイドバー改

-ジュビロ磐田

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

【ジュビロ磐田】50ゴールの中から個人的に選んだ10ゴールをランキング形式で紹介してみる

今シーズンが終了して3週間が過ぎましたが、今年生まれた50ゴールの中から個人的に選んだ10ゴールをランキング形式で紹介していきたいと思います。 それでは第10位から発表していきましょう。 スポンサーリ …

【J1第19節】ジュビロ磐田は大井の同点ゴールで何とか敗戦を免れる!

ジュビロ磐田はリーグ戦再開後の3試合全てが引き分けとなっており、中断前を含めると5試合勝利から遠ざかる厳しい状況が続いています。 ここ2試合はシュート数が5本と少なく、シュートを打つところまで持ってい …

静岡ダービーはジュビロが3対0で快勝!シーズントリプルを達成して嬉しさ大爆発

今季3度目となる”静岡ダービー”が開催されたわけですが、ダービーに対する熱い思いがぶつかり合う一戦はジュビロ磐田が3対0の快勝をあげ、シーズントリプルを達成。 サポーターへの最高のプレゼントをありがと …

ジュビロの運営会社が8年連続黒字決算を達成!これからは攻めの経営に転じるとのこと

J1磐田の運営会社ジュビロ(木村稔社長)は27日、2017年3月期決算を発表し、純利益は6200万円(前期比28・9%増)で、8年連続の黒字を確保した。 売上高は33億300万円。J1に復帰し、入場料 …

中村俊輔がCKで重視する”見る”という考え方が興味深い

試合が終わった翌日は、ジュビロ関連の試合記事を中心に捜して読むのですが、その中で面白い記事を見つけました。 その記事はこちら「蹴る瞬間まで…」名手・中村俊輔がCKで重視すること 今シーズンのジュビロは …

管理人のまー太郎です。

このサイトでは、ジュビロ磐田関連のニュースや趣味(旅行、食べ物など)について書き綴っていきたいと思います。
マイペースに更新をしていきますので、お付き合い頂けると嬉しいです。

【好きなサッカー選手】
ジュビロなら小川航基、中村俊輔、川又堅碁
海外なら本田圭佑
その他は鈴木隆行

【趣味】
サッカー観戦、その他スポーツのTV観戦、
映画鑑賞、寺社仏閣巡り等

2019年9月
« 5月  
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30