リーグ戦初勝利なるか!?ホームで行われる大分トリニータ戦のスタメンを考える
9658139 - corner flag with ball on a soccer field
スポンサーリンク

前節のアウェイ広島戦は攻めている時間が多かったものの、最後までゴールネット揺らすことが出来ずにドローで終わる悔しい結果となりました。

関連記事:【J1第2節】アウェイでの勝ち点3は次回にお預け!最終局面でもう一工夫が欲しいところ

リーグ戦は2試合連続ドローと勝ちきることが出来ていませんが、水曜日に行われたルヴァンカップで、ジュビロ磐田は公式戦初勝利を手にすることが出来ました。

本日はホームに昇格組みの大分トリニータを迎えますが、ルヴァンカップで勝利した勢いを維持するためにも勝ち点をてにしたいところです。

それでは、スタメンを予想していきましょう。

スポンサーリンク

スタメン予想

これまでリーグ戦では【4-2-3-1】を採用していましたが、この試合では【3-4-2-1】を採用するのではないかと予想。

理由としては、前節の広島戦で途中から3バックにフォーメーションを変更したこと、ルヴァンカップのガンバ大阪戦で3バックが攻守両面で機能したことが挙げられます。

関連記事:【ルヴァンカップ第1節】今季初出場のメンバーが躍動!昨シーズン勝てなかったガンバ大阪にホームで完封勝ち

予想スタメンは以下の通り。

1トップは川又から変更無いと思いますが、2シャドーに中野と山田を配置し、ボランチの一角に宮崎を入れてみました。

中野はルヴァンカップでゴールを決めるという結果を残していますし、前線から激しくプレッシャーを掛けにいける運動量があるので、スタメンに入ると予想。

同じ2シャドーの一角には山田を選びました。2試合連続ボランチでスタメン出場をしていますが、山田の能力を最大限に発揮するのでここで使う方が良いと思います。

山田の位置を一列上げましたので、ボランチの位置には宮崎を選びました。理由は中野と同じく、ルヴァンカップで良いパフォーマンスを見せて結果を残したためです。(ルヴァンカップで個人的なMVPに選んだという思い入れもありますが・・・笑)

両ウイングにはアダイウトンとロドリゲスが入ると予想。アダイウトンを右へで起用して、左にエレンを使うのもありだとは思うのですが、エレンよりもロドリゲスの方が縦への突破力はあるため、ロドリゲスを選択しました。

スポンサーリンク

試合の展望

大分は前節に松本山雅と戦っていますが、前からの激しいプレッシングに晒されて思うように縦にパスを繋ぐ事ができていませんでした。

そのため、この試合でもルヴァンカップで見せたようなプレッシャーを前線の3人で掛けて相手にボールを縦に入れさせないようにしたいところです。

高いラインを設定して陣形をコンパクトに保つためには、前線の3人で相手にプレッシャーを掛けてパスコースを限定させる必要がありますが、それが上手く嵌らなかった場合、相手に裏のスペースを狙われてカウンター攻撃を受けるリスクが高まるため、注意が必要です。

なるべく高い位置でボールを奪ってショートカウンターを仕掛けて相手を揺さぶりたいですね。

前線から激しくプレッシャーを掛けに行くのであれば、早い時間に先制点を奪って試合の主導権を握りたいところです。

最後に

ルヴァンカップで活躍した2名の選手をスタメンで起用する予想を立ててみましたが、名波監督は選手の入れ替えを行うでしょうか?

スタメンを思い切って変えるという采配を取ることが少ない印象ですが、チーム内競争を高めるという意味でもスタメンの入れ替えを行って欲しいところ。

にほんブログ村に参加していますので、バナークリック応援をお願いします。

にほんブログ村 サッカーブログへにほんブログ村

にほんブログ村 サッカーブログ ジュビロ磐田へにほんブログ村

ジュビロ磐田ランキング

スポンサーリンク
おすすめの記事