ジュビロ磐田を京都から応援

ジュビロ磐田を中心にJリーグ・海外サッカー、趣味などを幅広くお届け

ジュビロ磐田

【静岡ダービー】1失点目を振り返って問題点を考えてみる

投稿日:

ダービーの1失点目は攻めようとしている最悪のタイミングでボールを奪われてしまい、僅か50秒という時間でゴールを決められてしまいました。

上原が簡単にボールを奪われてしまった時点で、相手がかなり優位な形でショートカウンターを行える体勢になっていたわけですが、その後の対応の仕方を変えていれば、ゴールを奪われなかった可能性もあるのではないかと考え、自分なりに分析をしてみました。

まずは、失点シーンを振り返ってみましょう。

スポンサーリンク

あのタイミングでプレスは必要?他の解決策はなかったか

相手陣内の右サイドで獲得したスローインを櫻内が入れると、上原にボールが渡る。

上原は中へドリブルを開始するが、足元に意識を集中していたのか、背後からドウグラスがプレスバックに来ていることに気がついていない。ここでプレスを掛けられると思っていなかったため、体を当てられると簡単にボールを奪われてしまう。

ボールを奪ったドウグラスはドリブルでジュビロ陣内へ侵入すると、左サイドでDFラインの裏へボールを呼び込んでいた北川へ大井がプレスを掛けてくる前にパスを出す。

北川の前には大きなスペースが空いており、PA手前までドリブルでボールを運び、エリア手前からファーを狙ったシュートを放つ。このとき、左サイドから森下が空いているスペースのカバーに走りこんだが、距離が離れていてカバーは出来なかった。

北川のシュートを防ぐため、カミンスキーが飛び出しましたが、ニアにシュートを打ってくると予想していたため、右に重心が掛かった状態になっていましたので、ファーへ打たれたシュートに反応するのが一瞬遅れたことでシュートを完全にブロックすることが出来ませんでした。

さて、失点シーンを振り返る上でボールを奪われた際のポジションを確認しておきましょう。

最終ラインには、大井と森下の2人が残っており、相手の2トップと2対2の状況です。相手が非常に有利な状況です。

周りの仲間が戻ってくる時間を稼ぐために、相手の攻撃を少しでも遅くしたいところですが、大井は途中でラインを下げるのをやめて、ドウグラスへ下図のようにプレスを掛けにいきます。

ここで疑問に感じたのは、“大井はプレスを掛けにいく必要があったのか?”ということです。

大井には“ドウグラスをマークしろ”という指示が当然出ていたと思いますが、このタイミングで大井がプレスを掛けに行くのはリスクが大きかったように思います。

なぜなら、大井がプレスを掛けるために中へ絞ったことで、北川の前にはさらにスペースが出来ることになるからです。

北川の状況が見えていたかは分かりませんが、あのタイミングでプレスを掛けに行ってもドウグラスとは距離が離れていますので、プレスを掛けにいくメリットはなかったはずです。どうしてもプレスを掛けに行くのであれば、大井ではなく、左サイドの森下が中へ絞ってプレスを掛けに行く方が良かったと思います。

もう1つの疑問点は、”なぜオフサイドを取りに行かなかったのか”という点です。

大井が中へ絞ってドウグラスへプレスを掛けにいこうとしたタイミングで、森下は空いたスペースのカバーをするため、斜めに走り出そうとしました。しかし、そこのカバーに行っても北川とは距離が離れすぎていますので、ボールが渡った後にプレッシャーを掛けること不可能です。

では、どうすべきだったかと言えば、無理にカバーへ行くのではなく、ラインを戻してオフサイドに北川を嵌めることが最善の策だったと思います。

実際に似たようなシーンが23分にもありましたが、この時は大井の後ろにいた森下がパスが出る前にラインを戻して上手くオフサイドを取っています。

チグハグな守備が無ければ、シュートまで持ち込まれたとしても失点を防げたかもしれません。

最後に

直近の失点シーンを見ていると、なんでそこにスペースが出来ているんだ!という危険なところががら空きになっていることが良く見られます。空いたスペースを誰がカバーするのかといった基本的な取り決めを再確認して、強固な守備を早急に取り戻して欲しいところです。

にほんブログ村に参加していますので、バナークリック応援をお願いします。

にほんブログ村 サッカーブログへにほんブログ村

にほんブログ村 サッカーブログ ジュビロ磐田へにほんブログ村

ジュビロ磐田ランキング

関連コンテンツ

サイドバー改

サイドバー改

-ジュビロ磐田

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

【J1第29節】今季3度目の清水ダービー!ジュビロはアウェイで清水エスパルスと対戦

チーム状態の良し悪しに関らず、絶対に負けられない戦い。同じ地域に本拠地を構えるチーム同士が意地とプライドを賭けて激しく闘う一戦を『ダービーマッチ』と呼ぶ。 静岡県に本拠地を構えるジュビロ磐田と清水エス …

【J1第25節】前節の磐田はドコへ?アウェイで札幌にペースを握られ完敗を喫する その1

ジュビロ磐田はアウェイで北海道コンサドーレ札幌と対戦。リーグ戦の中断期間明けは今季負けなし、アウェイゲームも8戦負けなしの状態で札幌に乗り込んだ。ジュビロは2002年を最後に札幌ドームでは4試合勝利が …

俊輔ダービー マリノスに惜敗その2

俊輔ダービーは1対2でマリノスに惜敗その1はこちらを参照下さい。 スポンサーリンク 後半戦の振り返り 後半も開始直後からマリノスペースで試合が進んでいく。ジュビロは中々セカンドボールを拾えず相手の攻撃 …

【J1第9節】ジュビロ磐田は敵地で今季初勝利を挙げる!ゴールは全て初物で縁起が良いね

前節、サガン鳥栖に勝利して勝ち点8グループから抜け出すことに成功したジュビロは、アウェイで2位のベガルタ仙台と対戦。 リーグ戦ではアウェイで3試合戦っていますが、ノーゴールで1分2敗と良い結果が残せて …

名波監督が語った静岡ダービーへの熱い想いに共感する。

サッカー関連の記事を色々とネットサーフィンで探しているとこんな記事に出会いました。 「じゃんけんでも負けたくない」磐田・名波監督が静岡ダービーに闘志を燃やす理由とは 静岡ダービーについての質問に名波監 …

管理人のまー太郎です。

このサイトでは、ジュビロ磐田関連のニュースや趣味(旅行、食べ物など)について書き綴っていきたいと思います。
マイペースに更新をしていきますので、お付き合い頂けると嬉しいです。

【好きなサッカー選手】
ジュビロなら小川航基、中村俊輔、川又堅碁
海外なら本田圭佑
その他は鈴木隆行

【趣味】
サッカー観戦、その他スポーツのTV観戦、
映画鑑賞、寺社仏閣巡り等

2019年5月
« 4月  
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031