ジュビロ磐田を京都から応援

ジュビロ磐田を中心にJリーグ・海外サッカー、趣味などを幅広くお届け

ジュビロ磐田

磐田はゴールを決めきれず、アウェイ仙台戦で勝ち点2を失う! その1

投稿日:2017年8月10日 更新日:

前節、広島に逆転負けを喫したジュビロはアウェイでベガルタ仙台と対戦する。仙台にはホーム開幕戦で負けているため、リベンジをしっかりとしたい。仙台には試合の2日前へから入っており、準備は万端。何としても連敗だけは避けなければいけません。どちらのチームが先制点を取るかでゲームの内容が大きく変わる一戦となりそうです。

対戦相手のベガルタ仙台は、ここ5試合で4敗1分と調子が良くありません。上位争いに残るためにも勝ち点3をきっちりと持って帰りたいところ。

スポンサーリンク

試合のフォーメーション

ジュビロ磐田はいつも通り、【3-4-1-2】(DAZNでは3-4-2-1)を採用。前節は累積警告で出場停止だった川辺とムサエフが帰ってきたので、ベスト布陣で仙台戦へ臨む。広島戦では、ボランチの2人と前の3人の連動が見られませんでしたので、いつものように攻撃の連動が出来ているかに注目です。

ベガルタ仙台は【3-4-1-2】を採用。2シャドーの右側に13節以来の出場となる梁勇基が入る。ワントップのクリスランは7ゴールを挙げていので注意が必要。

DAZNのフォーメーション予想通りだと、この試合はミラーゲームになりますね。先制点を挙げるはどちらになるのでしょうか。

前半戦の振り返り

2分 宮崎が左サイドからペナルティーエリア内にクロスを入れるが仙台DFがクリア。こぼれ球を川辺が拾ってミドルシュートを放つが枠を捉えることが出来ない。

9分 右コーナーキックから増嶋が頭で合わせるが枠を捉えることが出来ない。

11分 宮崎のロングボールに反応したムサエフが頭で合わせようとするが、飛び出してきたGKに防がれてシュートは枠に飛ばない。このときプレーでアダイウトンがピッチに倒れ込むが、特に怪我などは無く14分にピッチへと戻る。

16分 中央から中村が前線の川又へ向かってふわりとしたパスを供給するが、増嶋が頭でクリア。右コーナーキックを獲得する。中村が蹴ったコーナーキックはGKにパンチングでクリアされる。

17分 左サイドで宮崎が倒されてフリーキックを獲得する。

18分 中村が蹴ったボールは、相手にクリアされて右コーナーキックとなる。

19分 右コーナーを蹴る前に水を補給する中村。ゆっくり蹴るのかな?と思いきや、飲み終えた瞬間ショートコーナーを選択。川辺からの折り返しのボールをペナルティーエリア内に供給するが、相手に頭でクリアされる。こぼれ球を宮崎が拾ってミドルシュートを放つも相手に当たって枠を捉えることが出来ない。左コーナーキックを獲得する。

20分 中村のクロスにアダイウトンが頭で合わせるが、ジャストミートすることが出来ず、威力の無いシュートとなってしまう。シュートに反応した大井が詰めるもゴール前が混戦となり押し込むことが出来ない。

28分 アダイウトンが蜂須賀からボールを奪って、左サイドをドリブルで駆け上がる。中へパスを入れるが、ボールスピードが速かったため、川又とはうまく合わない。合わせれるスピードでボールが入っていれば、川又はダイレクトでシュートまで持っていくことができたので勿体無かった。

32分 川辺が縦に入れたボールを大岩が奪うと前線の佐々木へパス。左サイドから裏へ抜け出した三田がボールを受けると中へクロスを供給。クリスランがキープしてシュートを放つが、森下が身体を張ったディフェンスで防ぐ。

36分 ペナルティーエリア正面(やや右より)で獲得したフリーキックを中村が蹴るが、相手に当たってコーナーキックとなる。

37分 中村のクロスは相手にクリアされて、再び中村の下へ戻ってくる。もう一度中へクロスを供給するが、シュミットにキャッチされてしまう。

41分 蜂須賀からのロングキックにラインギリギリのところで追いついた梁勇基がクロスを供給するが、DFにクリアされて右コーナーキックを獲得。

42分 三田のクロスはカミンスキーがしっかりとキャッチする。

43分 右サイドで高橋からパスを受けた中村は、GKが少し前に出ているのを確認してロングシュートを放つが、枠を捉えることは出来ない。

45分 獲得したフリーキックを中村が蹴るが、壁に当たってしまう。

前半のADタイムは2分

45+2分 中村が右サイドで3人に囲まれながらも櫻内へパスを通す。櫻内はペナルティーエリアにドリブルで進入すると、大井に強めのパス絵を出す。大井がボールに触れてコースを変えると左サイドでフリーの宮崎の元へボールが渡る。宮崎はダイレクトで合わせてシュートを放つが、枠を捉えることが出来ない。攻めてチャンスは作るものの最後の精度が悪く中々得点を奪うことが出来ない。
この攻撃で素晴らしかったのは、右サイドのライン際で3人に囲まれながらもパスを出した中村ですね。あれだけ狭いエリアでパスを出すのは凄すぎます。

45+3分 中村が前線の川又へパス。これに反応したシュミットが前に飛び出してきて、クリア。こぼれ球をアダイウトンが拾って、無尽のゴール目掛けてロングシュートを放つが、惜しくもボール1個半ほど高くゴールとはならない。

前半は0対0で折り返す。

前半戦の総括

ダブルボランチに川辺とムサエフの2人が戻ってきたことで、前へ行く推進力は高くなっていた。川辺が上がっている時はムサエフが残って相手の攻撃に対応できるようにしていたし、川辺はボールが周りの選手に入ったら積極的に前へ飛び出す動きをしていた。この点は前節よりも良くなった点だと思います。

セカンドボールを拾って波状攻撃は出来ているけれど、最後の詰めが甘くゴールを奪うことが出来ていません。前半だけでも3点は取れるチャンスがあったと思います。1点目は28分にアダイウトンがボールを奪って川又へ速いパスを出したシーン、2点目は45+2分の宮崎がシュートを打ったシーンです。3点目は45+3分のアダイウトンがロングシュートを放ったシーン。
特に宮崎がシュートを打ったシーンはダイレクトで打つのではなく、ワントラップして梁勇基をかわし、落ち着いた状態で打ったほうが決まる確立が高かったような気もします。

ボールを奪って攻めの形は作れているが、相手の5バック気味の守備を崩せないでいますので、もう少し攻撃にアイデアが欲しいところです。守備は安定しているので、早いうちに先制点を取って楽になりたいところ。

後半戦は『磐田はゴールを決めきれず、アウェイ仙台戦で勝ち点2を失う! その2』をご参照下さい。

 

にほんブログ村に参加していますので、バナークリック応援をお願いします。

にほんブログ村 サッカーブログへにほんブログ村

にほんブログ村 サッカーブログ ジュビロ磐田へにほんブログ村

ジュビロ磐田ランキング

 

 

関連コンテンツ

サイドバー改

サイドバー改

-ジュビロ磐田

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

磐田はゴールを決めきれず、アウェイ仙台戦で勝ち点2を失う! その2

前半はスコアレスドロー。ジュビロは攻めているが最後の精度を欠いて得点を奪うことが出来ていません。前半は左右のサイド、特に左サイドからの攻撃が多かったですが、もう少し中央から崩しにかかるのも良いかもしれ …

【ジュビロ磐田】新潟に終始リードを許すがアダイウトンの劇的なAT弾でドローに持ち込む その1

前節、清水エスパルスとの”静岡ダービー”に3対0と完勝したジュビロ磐田。上位チームが勝点を伸ばせなかったため、ACL圏内の3位まで勝点3差に迫ることが出来ました。 リーグ戦も残り5試合となり、残留争い …

【ジュビロ磐田】首位の広島を倒して、目指せ連勝街道!!

ジュビロ磐田は水曜日に行われたルヴァンカップでコンサドーレ札幌に勝利し、公式戦2連勝と調子が上向きになってきています。 日曜日のリーグ戦はアウェイでサンフレッチェ広島と対戦。リーグ戦は3連勝、ルヴァン …

磐田は川又のホーム3連続ゴールで11年ぶりの3連勝を達成!その2

どちらのチームも前半からメンバーの変更はなし。磐田ペースの前半となったが、終了間際には甲府がチャンスを作るなど磐田ゴールを脅かしていました。 先制点を奪った後は攻撃に迫力が出せず、中々追加点を奪えない …

ジュビロがヤマハスタジアムで劇的な逆転勝利を収める その2

前半戦はジュビロがヤマハスタジアムで劇的な逆転勝利を収める その1をご参照下さい。 ジュビロは左エンドに布陣。攻める側のゴール裏にはホームサポーターがいるため、声援を力に変えて先制点を奪いたい。 スポ …

管理人のまー太郎です。

このサイトでは、ジュビロ磐田関連のニュースや趣味(旅行、食べ物など)について書き綴っていきたいと思います。
マイペースに更新をしていきますので、お付き合い頂けると嬉しいです。

【好きなサッカー選手】
ジュビロなら小川航基、中村俊輔、川又堅碁
海外なら本田圭佑
その他は鈴木隆行

【趣味】
サッカー観戦、その他スポーツのTV観戦、
映画鑑賞、寺社仏閣巡り等

2019年7月
« 5月  
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031