ジュビロ磐田を京都から応援

ジュビロ磐田を中心にJリーグ・海外サッカー、趣味などを幅広くお届け

ジュビロ磐田

J1第14節 磐田はホームでガンバ大阪と対戦!

投稿日:2017年6月2日 更新日:

前節はアウェイで広島と対戦し、スコアレスドローで勝点1を持ち帰った磐田。試合を振り返ってみると終始攻めていたのは磐田でしたが、この試合も『攻めはすれどもゴールが決まらない』いつもの展開となりました。8節に鹿島アントラーズに勝って以来、5試合を戦って2敗2分。2失点以上した試合が3試合と攻撃陣が湿っている間に守備の粗さが目立つようになって来ました…。

31日のルヴァン杯最終戦では10人となった大宮アルディージャに1対2で敗れました。
スタッツを確認するとシュート数は『磐田の12本に対して、大宮は2本』となっていました。何が悔しいって『12本もシュートを放っておきながら1点しかとれない攻撃陣』です。相手は10人と数的不利な状況なので攻撃に使えるスペースは圧倒的に多いはずなのに中々点が奪えない負のスパイラルに入っていました。

ここ最近はシュートを放つが枠に飛ばないことが多く、フラストレーションが溜まる展開が続いています。攻撃もサイドからクロスを単調にあげるだけではなく、ミドルシュートを打つなど攻撃にバリエーションを増やすか、一工夫をして欲しいところです。

さて、話を替えて本題に移りたいと思います。次節はホームにガンバ大阪を迎えますので、ガンバの分析をしていきたいと思います。

スポンサーリンク

ガンバ大阪の分析

ガンバ大阪は現在2位で、ここ5試合は4勝1分得点13失点1と絶好調です。先週行われる予定だった13節は対戦相手の鹿島アントラーズがACLラウンド16を控えていたため、7月に延期となっていましたので、試合がありませんでした。最後に試合をしたのが5月20日なので、バッチリ休養がとれたフレッシュな状態で試合に臨んできそうです。

昨シーズンの対戦成績は2敗(ホーム:0対2、アウェイ:1対2)でした。昨年のアウェイゲームを現地観戦しましたが、前半に幸先よく小林祐希のゴールで先制したものの、後半の途中からガンバペースになって最後は逆転負けを喫しました。

ガンバの基本フォーメーションは【3-5-2】です。

攻撃陣ではインサイドハーフの倉田が6得点、ツートップの1角である長沢が4得点を挙げています。ここ最近の試合を見ても分かる通り、攻撃陣守備陣ともに絶好調です。得点パターンのバリエーションも豊富でセットプレー、クロス、スルーパス等様々なパターンで得点を奪えています。
アウェイゲームの平均得点は2.2と1試合で2点以上取れているというデータが出ています。一方の平均失点は1.0となっています。今季のアウェイゲームは4勝1分とまだ負けがありません。

守備陣もリーグ戦4試合連続でクリーンシート(=無失点に抑えること)を達成していますので、ゴールをこじ開けるのにはかなり苦労しそうです。

試合の展望

リーグ戦5試合勝ち星のない磐田は、ガンバ大阪相手に苦戦を強いられることは間違いなさそうです。フォーメーションは前節と同じで【3-4-1-2】になると思いますが、主力メンバーに怪我人が多くベストメンバーが組めないのも痛いところです。

トップ下には松井か松浦のどちらかが入ると思いますが、前節の感じからすると松井が今回もトップ下には入りそうです。

攻撃面では今節も2トップに川又とアダイウトンが入ると思います。そろそろどちらかに得点を挙げて欲しいところ…。

ボランチには川辺とムサエフが入ると予想します。(ムサエフはウズベキスタン代表に招集されていますので、もしかすると上田が先発するかもしれません。)
川辺には中盤でのボール奪取と、前を向いてからの攻撃に期待したいです。ペナルティーエリア手前から積極的にシュートを打つなどして攻撃にバリエーションを増やし欲しいところです。

ガンバ戦では、攻撃のチャンスを多く作ることは難しいと思います。そのため、しっかりとした守備からすばやくショートカウンターを決めて少ないチャンスをものにしたいところです。

G大阪との通算対戦成績は27勝4分20敗。さらにホームでは18勝1分6敗と相性が良い。好調なガンバを相手に勝つのは難しいと思うが、ホームのアドバンテージを生かして勝って欲しいところだ。

怪我人が多く、難しい時期を過ごしていますが、勝利を目指して Forza ジュビロ!!

 

にほんブログ村に参加していますので、バナークリック応援をお願いします。

にほんブログ村 サッカーブログへにほんブログ村

にほんブログ村 サッカーブログ ジュビロ磐田へにほんブログ村

ジュビロ磐田ランキング

関連コンテンツ

サイドバー改

サイドバー改

-ジュビロ磐田

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

磐田は新潟に2対0の完封勝ちで11年ぶりの4連勝達成!その2

両チームとも前半からのメンバー交代は無し。前半終了後の名波監督のコメントは『プレースピードを相手に合わせてしまい、遅くなっているので後半は早くしたい』というものでした。 前半は押し込まれる時間帯もあり …

久しぶりに4バックを試したジュビロ、ミスが目立ちFC東京とドロー その2

後半開始直後はお互いにメンバーの交代は無し。FC東京にピッチを広く使って攻められているので、パスの出し手へもう少しプレッシャーを掛けて相手に自由にパスを回されないように注意。攻撃面では両サイドの櫻内、 …

【ジュビロ磐田】中盤で激しい攻防が繰り広げられた試合はスコアレスドロー

ジュビロ磐田は公式戦5連勝と好調なサンフレッチェ広島とのアウェイ戦を戦いました。 昨シーズンまでジュビロ磐田で主力として戦っていた川辺駿にとっては、古巣と対決する初めての試合となりました。ジュビロファ …

J1第17節 磐田はアウェイでアルビレックス新潟と対戦、目指すは4連勝だ!

前節はホームでのFC東京戦に勝利してJ1で5年ぶりとなる3連勝を達成した磐田。前半11分という早い時間帯に得点を奪うことができ、試合を優位に進めることができました。また、FC東京に攻められる時間が続い …

【ジュビロ磐田】頼れるキャプテンの大井が肉離れのため、3~4週間の離脱。これはかなり痛い

ジュビロ磐田は、21日のトレーニング中に負傷した大井の怪我について、以下の発表を行いました。 『右半膜様筋肉離れ』で、トレーニング合流まで3~4週間程度を要する。 大井は今季リーグ戦全試合でフル出場し …

管理人のまー太郎です。

このサイトでは、ジュビロ磐田関連のニュースや趣味(旅行、食べ物など)について書き綴っていきたいと思います。
マイペースに更新をしていきますので、お付き合い頂けると嬉しいです。

【好きなサッカー選手】
ジュビロなら小川航基、中村俊輔、川又堅碁
海外なら本田圭佑
その他は鈴木隆行

【趣味】
サッカー観戦、その他スポーツのTV観戦、
映画鑑賞、寺社仏閣巡り等

2019年7月
« 5月  
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031