スポンサーリンク

オーダーしていたNX300 F SPORTが無事に納車されましたので、IS200t F SPORTからの乗換え検討しようと考えたキッカケとNXに決めた理由とNXの試乗について振り返りたいと思います。

関連記事:NX300FSPORTの納車式にて友人から嬉しいサプライズを受ける!

スポンサーリンク

ISからの乗換えを検討するキッカケは?

元々はISを乗り続けて車検を通すつもりだったのですが、ベストカーwebさんの”【なぜ凋落!??月販わずか150台】レクサスIS歯が立たない事情”という記事でドイツのメルセデスCクラスやBMW3シリーズの運転支援システムと比べるとISの運転支援システムは劣っているため購買意欲を押し下げていると酷評されていたのを目にしたからでした。

この記事を読んだことで、「今乗っているISの価値はどれぐらいあって、どんな評価をされるんだろう?」と漠然と考えるようになりました。

これがキッカケとなり、それまでは考えることが無かった車の乗換えを考え始めるようになりました。

スポンサーリンク

ISからの乗り換え候補

欧州車にも興味はありましたが、車の担当S氏やレクサス宝塚さんのアットホームな雰囲気が気に入っていますので、乗り換え候補はレクサスの中から選ぶことにしました。

乗り換えを検討した時の候補は以下の3車種。

第1候補:ES300h”F SPORT"
第2候補:NX300”F SPORT"
第3候補:UX200”F SPORT"/2WD

現在乗っているのも”F SPORT"なので、グレード選択は全て”F SPORTS"で統一。

第1候補:ES300h”F SPORT"
ESが第1候補になったのは、同じセダンタイプということもありますが、冬用タイヤがそのまま流用出来そうというのも大きな理由でした。また、大体の装備が最初からパッケージングされているため、追加するオプションがブラインドスポットモニターとホイールロックナットぐらいで済みそうだったのも魅力的でした。

ESもありだなと思っていたのですが、性能諸元で全長を確認するとISよりも295mm大きくなることが判明。いまの車両感覚から約30cmも大きいものになると慣れるのに時間が掛かりそうなのが気になります。

第2候補:NX300”F SPORT"
セダンじゃなければSUVだ!というわけで、NXを第2候補に選びました。
SUVなので大きなサイズなんじゃないの!?と思いがちですが、意外にも全長はISよりも40mm小さいんですよね。SUVなので全幅は35mm大きくなりますが片側で17.5mm大きくなるだけなので、ISと車両感覚がそんなに違わないのも良い感じです。

車での遠出が多い私としては、トランクルームの容量が大きいのも魅力的です。旅行カバンや趣味のボウリングバックを多く積む事ができるのはありがたいところ。

第3候補:UX200”F SPORT"/2WD
最後の候補に選んだのは、同じくSUVのエントリーモデルとなるUXです。UXは全高が1,540mmなので機械式駐車場に入れることが出来るのも便利ですね。セダンよりも車高は高いので、運転が楽なのも魅力的です。
ただ、SUVタイプの車にしてはトランクルームが少し狭いというのがちょっと不満だったりします。

公式サイトで簡易見積もりを作成しながら、上記3車種を比較した結果、車両感覚がほぼ変わらず、トランクルームの容量も大きいNXを乗り換えの本命候補としました。

乗り換え候補の試乗と見積もり書作成

NXを乗り換え候補に決めたわけですが、いままで一度も乗ったことがありませんでしたので、すぐに試乗の予約を入れることにしました。

9月中旬にレクサス宝塚さんを訪問し、NX300 F SPORTを試乗しました。ISよりも車高が高いので、走行中のふらつきが気になっていたのですが、運転してみると走行中にフラフラとした揺れを感じることも無く快適に運転することができました。また、ISよりもタイヤが厚いため走行中のロードノイズがかなり小さかったのも良かったですね。

試乗中にISのオーナーさんは、どんな車に乗り換えているのかを担当さんに聞いてみたのですが、私と同じ様に車両感覚が近いNXを選ぶオーナーさんが多いそうです。ちなみに、担当さんはRCの乗り換えを提案しようと考えていたとのこと。

試乗終了後に取った見積もりの内容は以下の通り。

車両本体価格    5,179,000円

メーカーオプション 386,100円
メーカーオプション詳細
F SPORT本皮(フレアレッド)      0円

三眼LEDヘッドランプ   126,500円
パーキングサポートブレーキ  28,600円
ブラインドスポットモニター  66,000円
後席6:4分割可動式シート  55,000円
ムーンルーフ        110,000円 

付属品       97,680円
付属品詳細
リヤバンパーステップガード 28,930円
ホイールロックナット    11,000円
ETCセットアップ      2,750円
カーフィルム        55,000円

税金・保険料等   260,612円

支払い総額     5,923,392円

1回目の見積もり作成ではこんな感じの内容にしていますが、この見積もりではオーダーを掛けていません。1回目の見積もり書を作成した後に外部業社の査定を受けて車の下取り価格が分かりましたので、10月にレクサス宝塚さんを訪問して最終見積もりの作成を行いました。

車両本体価格    5,179,000円

メーカーオプション 276,100円
メーカーオプション詳細
スペアタイヤ               0円
F SPORT本皮(フレアレッド)      0円

三眼LEDヘッドランプ   126,500円
パーキングサポートブレーキ    28,600円
ブラインドスポットモニター    66,000円
後席6:4分割可動式シート    55,000円 

付属品       60,940円
付属品詳細
リヤバンパーステップガード 28,930円
ホイールロックナット    11,000円
ETCセットアップ      2,750円
ドアエッジプロテクター   18,260円

税金・保険料等   247,846円

支払い総額     5,763,886円

1回目の見積もり書との変更点は、メーカーオプションからムーンルーフ、付属品からカーフィルムを外して、代わりにドアエッジプロテクターを付けたことです。

ムーンルーフは下取りが高くなるオプションということで入れていましたが、やはり無くても困らないという結論に至りましたので、付けませんでした。また、カーフィルムはSUVに標準装備されているプライバシーガラスだけで室内が見えにくいこと、後付けでドライブレコーダーを前後に取り付けることを検討していましたのでオプションから除外しました。

まとめ

8月末に乗換えを意識してから約1ヵ月半で新しい車をオーダーすることになるとは思いませんでした。

最初は自分の乗っている車の評価を知りたいという単純な動機だけだったのですが、査定額が自分が予想していたよりも高かったということが車の買い替えを決意させるのにかなり大きな影響を与えましたね。

車の査定記事は、別途作成したいと思います。

スポンサーリンク
おすすめの記事