【5連戦その2】V・ファーレン長崎戦のスタメン予想と試合の展望をしてみる
9658139 - corner flag with ball on a soccer field
スポンサーリンク

前節、2位のベガルタ仙台とアウェイで対戦したジュビロ磐田は、後半に3得点を奪って快勝し、嬉しいリーグ戦2連勝を飾りました。

仙台戦からリーグ戦5連戦が始まったわけですが、複数得点とクリーンシートを同時に達成するなどチーム状態もかなり良くなってきましたね。

関連記事:【J1第9節】ジュビロ磐田は敵地で今季初勝利を挙げる!ゴールは全て初物で縁起が良いね

5連戦の2戦目は、ホームのヤマハスタジアムにV・ファーレン長崎を迎えます。

得点を決めても失点が多く、勝ち星に恵まれていなかった長崎ですが、7節の清水エスパルス戦で初勝利を収めると、ガンバ大阪と柏レイソルを破ってリーグ戦3連勝を達成。

勝った3試合は全てクリーンシートとなっており、シーズン序盤と比べて守備が大きく改善されています。

調子があがって来ているチーム同士の対戦になりますので、好ゲームが期待されますね。

スポンサーリンク

予想フォーメーション

フォーメーションはいつもと同じ【3-4-2-1】を採用すると思いますが、中3日で4試合を戦うことになるので、前節から少しメンバーを入れ換えてくるのではないかと思います。

予想したスタメンは以下の通り。

GKはカミンスキー、最終ラインは右から高橋、大井、新里。ボランチに上原、山本。ウイングは櫻内、ギレルメ。2シャドーに中村、松浦、1トップに川又。

前節スタメンで出場した田口と小川大貴を外して、上原と櫻内を選んで見ました。

好調を維持しているので、大きな変更を加えすぎてバランスを崩しても嫌なので必要最低限の変更に留めました。

スポンサーリンク

試合の展望

長崎は自分達でボールを持って攻めるというより、前線から守備をしてボールを奪い、カウンターを仕掛けるパターンが多いと思いますので、ジュビロがボールを持って攻撃する時間が長くなるのでは無いかと考えます。

そういう展開になったときに気を付けたいのは、以下の点です。

①縦パスを入れるときに、相手DFに引っかけて奪われないように気を付ける

②相手よりもセカンドボールを拾うこと

相手からボールを奪って素早く攻撃を展開するために縦パスを入れることがあると思いますが、そこで相手DFに引っかけてしまうと、攻撃のチャンスだったはずが、一転してカウンターのピンチになってしまいます。

相手にチャンスを作らせる回数を減らすためにも、セカンドボールを拾う回数を多くしたいところです。ここで多くのボールを拾うことが出来れば、攻撃する回数も増えてチャンスを作れる確率が上がります。

しかし、セカンドボールを拾ってすぐに相手に奪われては意味がありませんので、しっかりと味方に繋いで行くことが大事です。

攻撃面では左サイドからの組立に注目したいと思います。

ここ最近、ギレルメがかなりチームにフィットしてきていますし、ギレルメと新里、松浦が上手く連動して相手ゴールまで迫ることが出来ています。

この3人が絡んだ左サイドの攻撃はジュビロの"新たなストロングポイント"になっていますので、今日の試合でも期待したいですね。

ジュビロは中3日、長崎は中2日でこの試合を迎えるわけですが、1日の差がどれだけチーム状態に影響を与えるか注目です。

前半で1点奪えるのが理想的ではありますが、相手を走らせて体力を消耗させ、後半から勝負を仕掛けて得点を奪う展開もいいのではないかと思います。

そうするためにも、自分達のミスから相手に先制点を奪われるのは避けなければなりません。

最後に

J2時代に長崎と戦っていますが、選手が大幅に入れ替わっていますので、当時とは別のチームになっています。

好調な相手の堅い守備をどのように崩して、ゴールを奪うのか注目ですね。

団子状態の集団から頭ひとつ抜け出すためにも、ホームでしっかりと勝つことが重要です。

Forza ジュビロ 連勝記録を伸ばして目指せ上位進出!

にほんブログ村に参加していますので、バナークリック応援をお願いします。

にほんブログ村 サッカーブログへにほんブログ村

にほんブログ村 サッカーブログ ジュビロ磐田へにほんブログ村

ジュビロ磐田ランキング

スポンサーリンク
おすすめの記事