ジュビロ磐田を京都から応援

ジュビロ磐田を中心にJリーグ・海外サッカー、趣味などを幅広くお届け

ジュビロ磐田

【J1第9節】ジュビロ磐田は敵地で今季初勝利を挙げる!ゴールは全て初物で縁起が良いね

投稿日:2018年4月21日 更新日:

前節、サガン鳥栖に勝利して勝ち点8グループから抜け出すことに成功したジュビロは、アウェイで2位のベガルタ仙台と対戦。

リーグ戦ではアウェイで3試合戦っていますが、ノーゴールで1分2敗と良い結果が残せていませんので、そろそろアウェイ戦で勝利を手にしたいところです。

4月1日から始まった15連戦も折り返しの7戦目に突入しました。ここまでは大崩することなく戦うことが出来ていますが、今日の仙台戦からリーグ戦が5試合続くことになります。

好調な上位チームと戦う難しいゲームですが、アウェイでの今季初勝利、そして上位進出を目指すためにも、先制点を奪ってゲームをコントロールしたいところです。

それでは試合を振り返って行きましょう。

スポンサーリンク

試合のフォーメーション

ジュビロ磐田はいつもと同じ【3-4-2-1】を採用。

これまでレギュラーで出ていた櫻内と上原に代えて、山本康裕と小川大貴がスタメンに名を連ねます。山本と小川大貴は2試合連続のスタメンとなりました。

調子が良い選手を使うと名波監督は話していましたので、このメンバーが現状のベストな布陣と言えそうです。

一方の仙台は【3-4-1-2】を採用。試合前の予想では【3-4-2-1】を採用してくるのではないかと言われていましたが、フォーメーションを変更してきました。

試合の総括

試合開始15分頃までは、ジュビロも相手ゴールへ攻めることが出来ていましたが、途中からボールホルダーへのプレスが弱くなったため、中盤で仙台にボールを回されて走らされる時間が長くなりました。

相手がピッチを広く使って揺さぶりをかけてきましたが、慌てることなくしっかりと対処して無失点で前半を終えることに成功。

仙台のポゼッションが62%と高く、“攻め続けられた”という印象の強かった前半でしたが、プレーエリアを見てみるとアタックゾーンは18%と低く、ミドルゾーンが60%と最も高くなっていました。

以上より、”中盤でパスを回されたが、危険なエリアに侵入されることはほとんど無かった”と言えます。

後半開始直後はお互いにボールを激しく奪い合い、一進一退の攻防が続きます。

均衡が破れたのは57分でした。

左サイドで味方からのスローインを受けた中村がエリア内へクロスを供給。田口が左足のトラップから瞬時に反転し、シュートを放つも相手に当たって防がれてしまいます。しかし、こぼれ球に詰めていた松浦が左足を振り抜き、ゴール右隅へシュートを突き刺し、先制に成功!

松浦の2戦連続ゴールは、欲しかった先制点兼今季アウェイ初ゴールとなりました。

2008年の入れ替え戦で仙台相手に3ゴールを挙げた“仙台キラー”は伊達じゃありません!!

すると、1分後に追加点が生まれます。

58分、自陣で相手からボールを奪うと、田口が右サイドの小川大貴へパス。パスを受けると、右サイドからカットインしてエリア手前まで侵入し、左足一閃。強烈なミドルシュートをゴール左隅へ叩き込みました。

この得点は、大怪我を乗り越えた小川大貴にとって嬉しいプロ初ゴールとなりました。

ゴールを決めた後、ベンチに駆け寄るとジャンプしながら体当たりしてくる名波監督を始め、チームメイトから揉みくちゃにされていましたね。しかも、よく観るといつのまにやら四つん這いにされ、誰かに足蹴されているではありませんか(笑)

手洗い祝福ですが、皆が自分のことのように喜んでいたのが印象的でした。

2ゴールを奪って勢いに乗ったジュビロは、ダメ押しとなる3点目を81分に奪います。

この日5本目のFKを中村俊輔が蹴ると、走り込んで来た田口が頭で合わせてゴールネットを揺らします。ジュビロ移籍後初ゴールはダメ押しゴールとなりました。

その後、相手の反撃をシャットアウトしたジュビロは、2試合連続となるクリーンシートを達成し、リーグ戦初の連勝を飾りました。

最後に

これまでのジュビロであれば、ボールを追い掛け回している内に失点していても可笑しくは無かったと思います。しかし、この試合では粘り強く相手の攻撃を跳ね返し、危険なエリアに相手を入れる回数をかなり少なくすることが出来ました。高い集中力を維持して組織的に守備が出来ていたのではないでしょうか。

苦しい展開ではありましたが、前半に失点をせず、スコアレスで折り返せたのは大きかったですね。

今季のジュビロは後半に入ると攻撃のスイッチが上手く入るようになっていますが、今日のゲームでは、決めるべきところでしっかりと決めきることが出来ました。これまで得点不足に苦しんでいたのは何だったのか?と思えるような活躍でした。

ちなみに今日の試合で生まれた3ゴールは全て、”初”が付く初物づくしでした(笑)

1点目、2点目とスムーズに奪うことが出来たので、終始試合をコントロールすることが出来ていたと思います。

左サイドで松浦とギレルメが良いコンビネーションを見せ始めたのがチームを良い方向へ導いているように感じます。ギレルメは縦に素早く仕掛けることが出来ますし、松浦は相手の間に入ってスペースを作るのが上手いので、いいリズムで攻撃を仕掛けることが出来ていますね。

暫定ですが、ジュビロは8位へ順位を上げました。リーグ戦はここから4試合続きますので、一つひとつ勝ち星を積み上げていき、上位を目指しましょう!!

Forza ジュビロ 目指せ連勝街道

にほんブログ村に参加していますので、バナークリック応援をお願いします。

にほんブログ村 サッカーブログへにほんブログ村

にほんブログ村 サッカーブログ ジュビロ磐田へにほんブログ村

ジュビロ磐田ランキング

関連コンテンツ

サイドバー改

サイドバー改

-ジュビロ磐田

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

J1第8節 宿敵鹿島アントラーズとアウェイで対戦

前節、ヤマハスタジアムでのサガン鳥栖との対戦。試合を通じて終始攻めていたものの、中々得点を奪えずにいると、後半43分に先制点を取られてしまう。中村のボールロストからカウンター攻撃を仕掛けられ、何とかク …

【移籍】ジュビロ磐田の松井大輔がポーランド2部へ完全移籍

いつも通り、朝の日課であるサッカー関連記事を読んでいると驚きの情報が目に入ってきました。 『松井大輔がポーランド2部へ移籍』 えっ、松井が移籍するの?しかも海外??と状況を理解するのに少し時間が掛かっ …

J1第17節 磐田はアウェイでアルビレックス新潟と対戦、目指すは4連勝だ!

前節はホームでのFC東京戦に勝利してJ1で5年ぶりとなる3連勝を達成した磐田。前半11分という早い時間帯に得点を奪うことができ、試合を優位に進めることができました。また、FC東京に攻められる時間が続い …

磐田は川又のホーム3連続ゴールで11年ぶりの3連勝を達成!その2

どちらのチームも前半からメンバーの変更はなし。磐田ペースの前半となったが、終了間際には甲府がチャンスを作るなど磐田ゴールを脅かしていました。 先制点を奪った後は攻撃に迫力が出せず、中々追加点を奪えない …

【ジュビロ磐田】名波監督が節目のJ通算50勝を達成!J2とJ1の勝利数を調べてみた

11月28日に開催されたJ1第33節サガン鳥栖戦で完封勝利を収めたジュビロ。その結果、名波監督は節目のJ通算50勝を達成しました。 50勝達成、おめでとうございます! 50勝という節目に達しましたので …

管理人のまー太郎です。

このサイトでは、ジュビロ磐田関連のニュースや趣味(旅行、食べ物など)について書き綴っていきたいと思います。
マイペースに更新をしていきますので、お付き合い頂けると嬉しいです。

【好きなサッカー選手】
ジュビロなら小川航基、中村俊輔、川又堅碁
海外なら本田圭佑
その他は鈴木隆行

【趣味】
サッカー観戦、その他スポーツのTV観戦、
映画鑑賞、寺社仏閣巡り等

2019年5月
« 4月  
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031