ジュビロ磐田を京都から応援

ジュビロ磐田を中心にJリーグ・海外サッカー、趣味などを幅広くお届け

ジュビロ磐田

ジュビロは横浜F・マリノスとホームで対戦。この試合は何としても勝つ!!

投稿日:

今週日曜日に開催されるJ1第31節でジュビロは横浜F・マリノスと対戦します。マリノスとは今季2度戦っており、リーグ戦のアウェイは1対2、水曜日に行われた天皇杯準々決勝では0対12連敗中です。

天皇杯では攻撃の形を上手く作って何本か惜しいシュートを放ちましたが、ゴールネットを揺らしたと思われた藤田のシュートはオフサイドという不可解な判定でゴールが認められませんでした。その後も攻めてシュートまで持って行きますがゴールを奪えずにいると、マリノスに右サイドを完璧に崩されてしまい、遠藤がグラウンダーのクロスをペナルティーエリア内に供給。飛び出してきたGK三浦が手を出して触るが、うまくクリアできません。すると、弾いたボールがカバーに入っていた高橋の身体に当たりゴールへと吸い込まれてオウンゴールとなってしまいました。この1点が決勝点となり、ジュビロは天皇杯順々決勝で敗退。

オフサイドの誤審でゴールが認められないという不運はありましたが、この試合を含め『攻めているがゴールを決めきることが出来ず、失点をして敗れる』という試合が何試合か見られます。流れが傾いているときにゴールを奪うことが出来れば、もっと勝利を挙げれるようになると思いますので、そのあたりをどのように改善していくかが今後の鍵となりそうです。

さて、ジュビロ磐田は横浜F・マリノスを苦手としています。リーグ戦で最後に勝ったのは2012年4月21日で、この時は1対0で勝利しています。今季敗れた2試合はいずれもアウェイですが、今回はホームゲーム開催なので何としても勝ちたいところです。

マリノスは現在勝点55の3位。前節は首位の鹿島アントラーズに競り勝ち、優勝へ僅かな望みを残しています。ジュビロは勝点4差でマリノスを追いかけていますので、3位でシーズンを終えるためにはこの試合に勝って差を縮める必要があります。

今季は2度とも勝てていませんが、名波監督は『マリノスに連敗しているので、日曜日はやり返そう』と話しています。シーズントリプルを達成されるわけには行きませんので、何としても勝利を手にしたいですね。

スポンサーリンク

フォーメーション予想

ジュビロは、高橋が累積警告で出場停止となっていますので、3バックの一角を欠いた状態となります。天皇杯では4バックを採用していましたので、リーグ戦でも4バックにしてくる可能性も考えられます。その場合は、櫻内を1列下げて使うのではないでしょうか。

4バックなら右から櫻内、大井、森下、宮崎。ダブルボランチに上田、ムサエフ。中盤2列目の右から中村、川辺、アダイウトン。ワントップに川又という並びになると予想。

天皇杯が終わった後の名波監督のコメントは以下のようなものでした。

守備の両サイドの連動と、攻撃の中のサイドが変わった後のダイナミックさが非常に出て、崩しの段階、それからゴール前、アタッキングサードに入った後の顔出しと非常に良かったのではないかと。後はセカンドボールの予測、クリアの質等々、非常に良かったと思いますし、一番良かったのは両サイドがダイナミックに出ていく回数が非常に多くて、やはり恐れることなく勇気を持った決断の中で長い距離を走れたんじゃないかなと思っています。

4バックを試し始めたときより連携がスムーズに行くようになってきて、攻撃に厚みが出せるようになっていますので4バックを採用するということも十分に考えられるのではないでしょうか。

試合の展望

ジュビロとマリノスはお互いにリーグ最小失点(28失点)のチームです。そのため、接戦になることが予想されます。

攻めの形をうまく作ることはできると思いますので、あとは先制点をしっかりと取ることができるかが重要な鍵となるでしょう。攻めていても点が取れない状況になってしまうと、天皇杯のときのようにワンチャンスをものにされる可能性が高くなりますので、それだけは避けたいところです。

ゴールを奪うためにもアタッキングサードへ攻める回数を増やして相手にプレッシャーを掛けたいところ。そうすれば、ゴール前のいい位置でフリーキックを獲得できる確率も高くなり、自ずと得点チャンスが増えていくはずです。

日曜日は台風の影響で秋雨前線が刺激されて雨が降り続く可能性が高いと思います。ピッチコンディションは悪い状況で試合をすることになりますので、ボール回しやコントロールといったところにも注意をしたいですね。

この試合で負けてしまうと3位という順位でシーズンを終えることはかなり難しくなります。マリノスは自力優勝が狙えるギリギリの位置に踏みとどまっていますので、勝点3を狙って積極的に攻めてくるはずです。攻めている相手を崩すには両サイドの連動と2列目より前にいる4人の動き出しが重要です。

リーグ戦は残り4試合。この試合の勝ち負けは残りの試合にも影響を及ぼす大きなものとなります。

天皇杯で負けた悔しさを晴らすにはこの試合で勝つことが必要です!!

勝利を目指して、Forza ジュビロ!

にほんブログ村に参加していますので、バナークリック応援をお願いします。

にほんブログ村 サッカーブログへにほんブログ村

にほんブログ村 サッカーブログ ジュビロ磐田へにほんブログ村

ジュビロ磐田ランキング

関連コンテンツ

サイドバー改

サイドバー改

-ジュビロ磐田

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

J1第15節 浦和に一時逆転されるも後半に劇的な逆転勝利を収める!その1

ワールドカップ最終予選が開催されていた関係で、Jリーグは約2週間の中断していました。今節は浦和レッズと対戦することになっていましたので、中断期間中に浦和対策を十分に立てる時間があったのは良かったのでは …

【J1第26節】ジュビロ磐田はホームで浦和レッズと対戦!当日は台風の接近が心配だ

前節は、アウェイで北海道コンサドーレ札幌と対戦しました。PKで先制したものの、何時ものような運動量が見られず、札幌に2ゴールを許して、逆転負けを喫しました。試合を通して攻撃と守備がチグハグしており、何 …

【ジュビロ磐田】9/2 大久保グラウンドでの練習を見学(vsFCマルヤス岡崎)

9/2に大久保グラウンドで開催されたジュビロ磐田vsFCマルヤス岡崎の練習試合を見学してきました。8/26ヴィッセル神戸戦、8/31日本代表vsオーストラリア代表戦と毎週のようにサッカー観戦をしていた …

J1第6節 横浜Fマリノス戦のフォーメーションを予想!!

明日の19時から日産スタジアムで開催される横浜Fマリノス戦のスタメンを予想して見たいと思います。 スポンサーリンク まずは前節のフォーメーションをおさらい 前節は松浦がトップ下でリーグ戦初先発、中村は …

【J1第25節】前節の磐田はドコへ?アウェイで札幌にペースを握られ完敗を喫する その1

ジュビロ磐田はアウェイで北海道コンサドーレ札幌と対戦。リーグ戦の中断期間明けは今季負けなし、アウェイゲームも8戦負けなしの状態で札幌に乗り込んだ。ジュビロは2002年を最後に札幌ドームでは4試合勝利が …

管理人のまー太郎です。

このサイトでは、ジュビロ磐田関連のニュースや趣味(旅行、食べ物など)について書き綴っていきたいと思います。
マイペースに更新をしていきますので、お付き合い頂けると嬉しいです。

【好きなサッカー選手】
ジュビロなら小川航基、中村俊輔、川又堅碁
海外なら本田圭佑
その他は鈴木隆行

【趣味】
サッカー観戦、その他スポーツのTV観戦、
映画鑑賞、寺社仏閣巡り等

2019年7月
« 5月  
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031