ジュビロ磐田を京都から応援

ジュビロ磐田を中心にJリーグ・海外サッカー、趣味などを幅広くお届け

ジュビロ磐田

磐田は新潟に2対0の完封勝ちで11年ぶりの4連勝達成!その2

投稿日:

両チームとも前半からのメンバー交代は無し。前半終了後の名波監督のコメントは『プレースピードを相手に合わせてしまい、遅くなっているので後半は早くしたい』というものでした。

前半は押し込まれる時間帯もありましたが、要所をしっかりと締めて相手に得点を許さず、隙あらば反撃をするということがしっかりと出来ていました。
ここ最近は攻められても守りきるだけの守備力が付いてきていますので、後半も厳しい時間帯をしっかりと乗り切り、ワンチャンスをものして追加点を奪いたいところです。

前半戦の振り返りは磐田は新潟に2対0の完封勝ちで11年ぶりの4連勝達成!その1をご参照下さい。

DAZNの情報によると、この試合で新潟は『Jリーグ通算850万人の観客動員』を達成した模様。Jリーグのクラブとしては浦和レッズ、横浜Fマリノスに続く3クラブ目の快挙となりました。

それでは、後半戦を振り返って行きましょう。

スポンサーリンク

後半戦の振り返り

50分 川又がDF3人を引き付けて宮崎へパス。クロスを供給すると、走りこんできた櫻内が頭で合わせるも枠をとらえることができない。

52分 右コーナーキックからチアゴが正確なクロスを供給。ソンが競り勝ってこぼれたボールをホニが拾ってシュートを放つ。しかし、宮崎がスライディングしてシュートを身体に当てて威力を抑えたことでカミンスキーが楽々とキャッチする。

54分 磐田が追加点を奪う!宮崎のパスを受けた川辺が、左サイドを駆け上がっていた森下へスルーパスを通す。ファーサイドへクロスを供給すると相手DFがヘディングでクリアするがうまくクリアできずに高く上がってしまう。すると櫻内が落下してきたボールを上手くアウトサイドで捉えてドライブシュートを豪快にゴールへと突き刺した。櫻内の1年4ヶ月ぶり(昨年3月の柏戦以来)となるビューティフルゴールで貴重な追加点を奪うことに成功する。

56分 川又のパスを受けたムサエフがミドルシュートを放つがゴールキーパー正面に飛んでしまう。

63分 新潟が1枚目の交代カードを切る。ホニに代えて鈴木武蔵を投入する。

69分 アダイウトンが川又を狙ってスルーパスを通そうとするが上手く合わない。

後半開始25分が経過、2点目を奪ってからは『無理に攻めるのではなく相手にボールを持たせて5バックの守備でしっかりとブロックを形成して』対応する。

75分 磐田が1枚目の選手交代を行う。ムサエフに変わって松本を投入する。ムサエフは、川辺が前線に上がっていることが多いので中盤で相手の攻撃の芽を摘む重要な役割を果たしていました。今日も『攻撃と守備のいいバランサー』として走り回っていました。

同じ時間に新潟は2枚目の交代カードを切ってきます。チアゴに代えて、成岡を投入する。

78分 左サイドのゴールライン際でボールを受けた鈴木が山崎にパス。中へクロスを供給すると成岡が飛び込んでくるがカミンスキーがキャッチする。

79分 ジュビロが2枚目の交代カードを切る。アダイウトンに代えて上田を投入する。

82分 松本と中村のワンツーで相手を崩して、松本がクロスを供給するもDFにクリアされてしまう。

83分 新潟が最後の交代カードを切る。山崎に代えて端山を投入する。

86分 磐田も最後の交代カードを切る。中村に代えて松井を投入。

試合はこのまま2対0で終了。磐田が2006年以来となるリーグ戦4連勝を達成!新潟はクラブワーストとなる5連敗となった。

後半戦の総括

54分という早い時間に追加点を奪うことができたため、前半とは違った展開で試合を進めることができましたね。得点シーンは右ウイングバックの櫻内が前半から積極的に攻撃参加していたために生まれたゴールだった思います。

追加点を取ることができたので、無理をして前からボールを奪いに行く必要が無くなったため、試合をより優位に進めることができました。昨年までの磐田ではこういった『相手に持たせて要所を押さえて守る』という戦い方は出来ていませんでしたので、ずいぶんチームとして成長したなと感じました。

ここ数試合は欲しい時間に追加点が奪えており、自分達が理想とする展開で試合を進めることが出来るようになっているのではないでしょうか?

今日の勝利で『4連勝をしてシーズン前半を終える』という最大のミッションを達成することが出来ました。これで勝ち点は28となり、目標の勝点40までは@12です。5月度は中々勝利をすることが出来ず、去年同様やはり苦労するのか…と思ったこともありましたが、上位チームとの3連戦を全勝で乗り切るという経験をしたことで更に成長したようです。

このままのペースで後半戦も勝利を重ねていき、早いうちに勝点40という目標を達成したいですね。

今日の勝利で先制点を挙げた試合は7戦全勝となりました。先制すれば負けないという不敗神話はまだまだ続きそうです。

 

にほんブログ村に参加していますので、バナークリック応援をお願いします。

にほんブログ村 サッカーブログへにほんブログ村

にほんブログ村 サッカーブログ ジュビロ磐田へにほんブログ村

ジュビロ磐田ランキング

関連コンテンツ

サイドバー改

サイドバー改

-ジュビロ磐田

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ジュビロの運営会社が8年連続黒字決算を達成!これからは攻めの経営に転じるとのこと

J1磐田の運営会社ジュビロ(木村稔社長)は27日、2017年3月期決算を発表し、純利益は6200万円(前期比28・9%増)で、8年連続の黒字を確保した。 売上高は33億300万円。J1に復帰し、入場料 …

【J1第25節】前節の磐田はドコへ?アウェイで札幌にペースを握られ完敗を喫する その1

ジュビロ磐田はアウェイで北海道コンサドーレ札幌と対戦。リーグ戦の中断期間明けは今季負けなし、アウェイゲームも8戦負けなしの状態で札幌に乗り込んだ。ジュビロは2002年を最後に札幌ドームでは4試合勝利が …

【天皇杯】ジュビロは敵地でAC長野パルセイロに勝利!2006年以来のベスト8進出を決める

天皇杯4回戦が各地で開催され、ジュビロ磐田は敵地でAC長野パルセイロと対戦しました。長野はJ3に所属していますが、3回戦ではFC東京を破っていて侮れません。GKで先発した三浦は昨季まで長野に所属してお …

【初勝利】ジュビロ磐田がアダイウトンとムサエフのゴールで待ち望んだ勝利を手にする!

ホームのヤマハスタジアムで今季初開催となった第3節FC東京戦が昨日行われました。 お互いにリーグ戦で未勝利が続いているため、”何としても勝ちたい”という強い気持ちのこもった熱い戦いが繰り広げられました …

【J1第20節】エースとルーキー、そしてキャプテンのゴールで112日ぶりにホームで勝利!!

J1第20節でジュビロ磐田は、ホームのヤマハスタジアムにベガルタ仙台を迎えました。 前節のガンバ大阪戦では、試合終了間際にキャプテンの大井が値千金の同点ゴールを決めて敗戦を免れましたが、ここ6試合勝ち …

管理人のまー太郎です。

このサイトでは、ジュビロ磐田関連のニュースや趣味(旅行、食べ物など)について書き綴っていきたいと思います。
マイペースに更新をしていきますので、お付き合い頂けると嬉しいです。

【好きなサッカー選手】
ジュビロなら小川航基、中村俊輔、川又堅碁
海外なら本田圭佑
その他は鈴木隆行

【趣味】
サッカー観戦、その他スポーツのTV観戦、
映画鑑賞、寺社仏閣巡り等

2019年8月
« 5月  
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031