リーグ戦も残り4節、大混戦のJ1残留争いまとめ
9658139 - corner flag with ball on a soccer field
スポンサーリンク

J1リーグも今週末に開催される試合を含めて残り4試合となりました。(※未消化のセレッソ大阪対名古屋グランパスは11月6日開催予定)

先週末のリーグ戦はお休みでしたが、未消化となっていた2試合が行われていますので、簡単に振り返って行きましょう。

先月28日に名古屋グランパス対コンサドーレ札幌の試合が行われ、札幌が2対1で名古屋に勝利。残留争いをしている名古屋は未消化の試合が2試合あるため、他の残留争いをしているチームより優位な状況でしたが、敗戦によって優位性が少し失われる結果となりました。

先月30日には、ジュビロ磐田対湘南ベルマーレの試合が行われました。残留争いをしているチーム同士の対戦は、お互いに勝ち点3を目指した総力戦となりましたが、34分に川又が決めたゴールを守りきり、ジュビロが7試合ぶりとなる勝利を手にしました。ジュビロファンとしては、待ちに待った勝利だったので喜びもひとしおでした。

さて、それでは下位8チームの順位を確認していきましょう。

スポンサーリンク

安全圏まで逃げ切るか、残留争いの深みに溺れるか

未消化だった2試合を終えた順位は以下の通り。

18位の長崎と16位の鳥栖との勝ち点差は4。残り4試合でこの差を詰めて逆転するには、柏と鳥栖が勝ち点を伸ばすことができない、且つ、最低でも残り4試合で2勝2分の成績が必要となってきそうです。1敗でもすると残留はかなり厳しくなりそうですので、正念場が続きます。

17位柏と16位鳥栖は、12位神戸との勝ち点差は4となっており、降格圏からの脱出もまだ十分可能な位置に付けています。

15位の名古屋は、ジュビロに6対1と大勝して以降は5連敗と調子をかなり落としています。このまま大型連敗から抜け出すことが出来なければ、次節にも降格圏に落ちる可能性があるため、何とか連敗を止めたいところ。

14位の湘南は、10月27日のルヴァンカップ決勝から中2日の間隔で2試合を戦わねばならず、体力的に厳しい状態が続いています。17位のレイソルとは勝ち点3の差しかないため、金曜開催の試合で敗れるとこちらも降格圏まで順位を落とす可能性があります。

13位のジュビロは、7試合ぶりに勝ったことで順位を2つあげることに成功。残留の目安である勝ち点40まであと3に迫っていますが、残り4試合は全て上位チームとの対戦となります。残留争いをしているチームの中で最も厳しい対戦カードが残っていますので、週末のホームゲームで勝って勝ち点を40に乗せておきたいところ。

12位の神戸は、直近7試合で獲得した勝ち点が1となっています。イニエスタの加入で勢いを取り戻したに見えましたが、終盤に差し掛かっても調子が上がらない状態が続いています。ポドルスキとイニエスタの調子に左右されるチーム状態をどうやって立て直すかが重要です。

11位のマリノスは、残留の目安である40まであと2となっています。直近5試合で勝ち点9を獲得しており、残留争いをしているチームの中では最もチームが安定していると言えます。大きく調子を崩していないことから残留を決めるまでに時間はかからないと思われます。

スポンサーリンク

今節の対戦カードについて

残留するためにも負けられない戦いが続きますが、今節では残留争いをしているチーム同士の対戦が2試合予定されています。

名古屋グランパス対ヴィッセル神戸
調子を落としているチーム同士の対戦は、お互いに浮上のキッカケとなる勝利が欲しいところ。名古屋はこの試合から中2日で未消化のセレッソ大阪戦を迎えることになるため、メンバー選びも重要。

サガン鳥栖対V・ファーレン長崎
鳥栖は前節に3ゴールを奪って快勝した勢いをそのままホームに持ち込みたいところ。一方の長崎は勝てなければ降格に限りなく近づいていしまうため、残留を争うライバルから勝ち点3を奪いたいところ。

残り4チームの対戦カードは以下の通り。

横浜F・マリノス対FC東京
マリノスはホームにACL争いをしているFC東京を迎えます。ACL出場圏の3位を目指すチーム相手との戦いになりますが、勝ち点3を獲得して残留を決めたいところ。

ジュビロ磐田対サンフレッチェ広島
ジュビロは2位広島をホームに迎えますが、広島は直近5試合で1分4敗と調子を落としています。ここ3試合は得点が奪えておらず、6失点と守備も崩壊気味。付け入る隙は十分にあるので、何としてもホームで勝って勝ち点を40に乗せたいところ。

湘南ベルマーレ対清水エスパルス
ジュビロ磐田戦から中2日で好調な清水をホームに迎えます。中2日の連戦が続き、体力的にも限界が近いがホームでの敗戦は避けたいところ。相手2トップの北川とドウグラスをどのように抑えるかが試合の鍵を握りそうだ。

川崎フロンターレ対柏レイソル
柏は2位広島に勝ち点4差を付けて首位を走る川崎のホームに乗り込んで戦う。直近5試合で負けのない川崎相手に勝つことは難しいが、降格圏から抜け出すためには勝利が必要となる。

最後に

今週末の試合結果によっては、残留を決めるチームと残留争いに取り残されるチームがハッキリと分かれる可能性があります。特に11位~13位のチームは勝てば勝ち点40に到達しますので、残留に大きく近づくことが出来そうです。

残留争いをしているチームのサポーターにとっては、残り4試合全てが大事な一戦となります。勝って笑うチームは果たしてどこになるでしょうか?

熱い戦いをしっかりと応援したいと思います!

にほんブログ村に参加していますので、バナークリック応援をお願いします。

にほんブログ村 サッカーブログへにほんブログ村

にほんブログ村 サッカーブログ ジュビロ磐田へにほんブログ村

ジュビロ磐田ランキング

スポンサーリンク
おすすめの記事