ジュビロ磐田を京都から応援

ジュビロ磐田を中心にJリーグ・海外サッカー、趣味などを幅広くお届け

ジュビロ磐田

【J1第2節】名古屋戦の失点シーンを振り返って考察してみた

投稿日:

ジュビロ磐田は先週の土曜日に名古屋グランパスと対戦して0対1で敗れました。その後に行われたルヴァンカップ(VS清水戦)でも敗れてしまい、公式戦3連敗と苦しい状況が続いています。

得点を奪えていないのも問題ですが、相手に先制点を許している現状を変えないと勝利を手にするのは難しいとおもいますので、本日行われる第3節FC東京戦の前に前節の失点シーンを振り返ってみたいと思います。

スポンサーリンク

名古屋グランパス戦の失点シーンを振り返る

このゴールに繋がるプレーが始まったのは、田口が宮原に接触して倒して取られたファールのリスタートからでした。(試合動画7:07~)

名古屋は自陣右サイドからリスタートすると、ジュビロ陣内へと攻め込みます。和泉、宮原、シャビエルの3人がパス交換を上手くしながらジュビロの左サイドを崩しに掛かります。7分28秒に和泉とギレルメが接触して弾き出されたボールは宮原の近くへと転がりました。

宮原はボールを拾うとクロスボールをPA内に供給。ムサエフが対応してクリアしますが、クリアボールは左側にいた高橋に当たってしまいます。(図1)

その後、跳ね返ったボールをシャビエルに拾われて右サイドからゴール左隅へとシュートを流し込まれたという失点の形でした。

図1クリアミス発生時のポジション

クリアミスが失点の原因になったことは間違いないのですが、クリアミスだけが悪いと考えるのではなくなぜそういう状況にならないようにするにはどうしたら良かったのかというのを考察してみたいと思います。

まずはクリアミスの原因となったクロスを宮原が供給する直前の各選手のポジションを確認していきましょう。(図2)

図2 クロス供給前のポジション

図2に示した通り、PA内に大きなスペースが出来ていることがわかります。これだけ大きなスペースが空いていれば、相手が後ろの空間を有効に使おうとするのは必然と言えます。

では、どのようにすれば『クロスをあげられずに済んだ』または『クロスをあげにくくさせることが出来たか』ということを考えてみました。

この時に宮原の近くに居て対処できそうだったのは、7番の田口と19番の山田の2人です。田口の背後にはシャビエルが居ましたが、こちらは41番の高橋がマークについているので気にする必要はありません。山田の後ろにも名古屋の選手が1人いますが、10番の中村俊輔もこの選手の動きが見えていますので、気にする必要はないと考えます。

そのため、図3のように田口は宮原にプレッシャーを掛けにいき、山田は矢印方向へ絞ってクロスをあげさせにくくすれば良かったのではないでしょうか。しかし、実際どうだったかというと田口は宮原のところにボールが転がった瞬間、PA内の状況を確認するため、相手から目を離してしまいます。(試合動画7:30~)

その後、プレッシャーを掛けにいこうとしたのですが、中を見ていた分だけ反応が遅れてしまって強くプレッシャーを掛けることができずにクロスを簡単にあげさせてしまいました。

また、山田は宮原のところにボールがこぼれた瞬間、ボールに対してアプローチを掛ければよかったのですが、どうするか迷ってしまったのか反応が遅れてしまいます。その分だけ、中へ絞るのが甘くなってしまい、相手は大きなスペースを楽に使うことが出来ました。

図3 クロス供給前に取るべきだった行動

田口と山田の2人で宮原にプレッシャーを掛けれていればクロスをあげられたとしても違った形になっていたのではないでしょうか。

最後に

このシーンに限らないのですが、今年のジュビロは守備面でのボールへのアプローチが緩くなっている感じがするのでその辺を改善していかないとこういうピンチを招くシーンが多くなりそうですね。

相手よりも常に一歩速く動くこと、そして今年のテーマでもある『(自分は)休まない、(相手を)休ませない』を11人全員がしっかりと実行できれば自ずとこのあたりは良くなっていくのではないかと思います。

にほんブログ村に参加していますので、バナークリック応援をお願いします。

にほんブログ村 サッカーブログへにほんブログ村

にほんブログ村 サッカーブログ ジュビロ磐田へにほんブログ村

ジュビロ磐田ランキング

関連コンテンツ

サイドバー改

サイドバー改

-ジュビロ磐田

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

【ジュビロ磐田】新潟に終始リードを許すがアダイウトンの劇的なAT弾でドローに持ち込む その1

前節、清水エスパルスとの”静岡ダービー”に3対0と完勝したジュビロ磐田。上位チームが勝点を伸ばせなかったため、ACL圏内の3位まで勝点3差に迫ることが出来ました。 リーグ戦も残り5試合となり、残留争い …

【ジュビロ磐田】リーグ前半戦終了!2016シーズン前半と比較をしてみた

リーグ前半戦全日程を消化したジュビロ磐田。2017シーズン前半は勝点28の7位と昨年よりも1つ順位をあげて終えることができました。 今シーズンのジュビロは、チーム得点王だったジェイが退団したため、点を …

【ジュビロ磐田】50ゴールの中から個人的に選んだ10ゴールをランキング形式で紹介してみる

今シーズンが終了して3週間が過ぎましたが、今年生まれた50ゴールの中から個人的に選んだ10ゴールをランキング形式で紹介していきたいと思います。 それでは第10位から発表していきましょう。 スポンサーリ …

【ルヴァンカップ第1節】今季初出場のメンバーが躍動!昨シーズン勝てなかったガンバ大阪にホームで完封勝ち

昨年のルヴァンカップは、プレーオフステージへ進出するも突破は出来ませんでした。今年は更に上のプライムステージ進出を目標に戦って行きたいところ。 リーグ戦2試合を終えて出場機会がまだないメンバーにとって …

ジュビロ磐田は先制を許すも、劇的な逆転勝ち!スタジアムに勝利の雄叫びが轟く その2

前半は、決まったかに思えたシュートが認められず嫌な雰囲気が漂ったが、ジュビロ優位で試合が進んでいった。シュート数、走行距離、パス本数など多くのスタッツで相手を上回っており、あとはゴールを決めるだけとい …

管理人のまー太郎です。

このサイトでは、ジュビロ磐田関連のニュースや趣味(旅行、食べ物など)について書き綴っていきたいと思います。
マイペースに更新をしていきますので、お付き合い頂けると嬉しいです。

【好きなサッカー選手】
ジュビロなら小川航基、中村俊輔、川又堅碁
海外なら本田圭佑
その他は鈴木隆行

【趣味】
サッカー観戦、その他スポーツのTV観戦、
映画鑑賞、寺社仏閣巡り等

2019年10月
« 5月  
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031