ジュビロ磐田を京都から応援

ジュビロ磐田を中心にJリーグ・海外サッカー、趣味などを幅広くお届け

ジュビロ磐田

【初勝利】ジュビロ磐田がアダイウトンとムサエフのゴールで待ち望んだ勝利を手にする!

投稿日:

ホームのヤマハスタジアムで今季初開催となった第3節FC東京戦が昨日行われました。

お互いにリーグ戦で未勝利が続いているため、”何としても勝ちたい”という強い気持ちのこもった熱い戦いが繰り広げられました。

両チームとも『得点力不足をどう解消するか』という課題を抱えていますが、勝つには”先制点を奪うこと”が重要になってきます。相手よりも先に点を奪うことが出来れば、ゲームを進める上で優位に立つことができますので、是が非でも先制点がほしいところです。

また、攻守のバランスをどのように保って試合を進めていくのかにも注目しながら試合を見てみると面白そうです。

スポンサーリンク

試合のフォーメーション

ジュビロは前節採用していた4バックから3バックの【3-4-2-1】へシステムを変更しました。3バックの左側には新里が入ります。
新里は水曜日に行われたルヴァンカップの清水戦で、ジュビロデビューを果たしていますが、リーグ戦で出場はこれが初めてです。

ボランチのポジションには、田口の相棒として上原がスタメンで出場。昨年のサガン鳥栖戦(第33節)以来となる先発出場の座を掴みました。ルヴァンカップでもいい動きをしていたので、この試合で田口とどんなコンビネーションを見せてくれるかに注目です!

FC東京は【4-3-1-2】のフォーメーションを採用。2トップの一角には元ジュビロの前田が入っています。ヤマハスタジアムでプレーするのは移籍後初となりますが、慣れ親しんだ場所でゴールを狙います。

攻撃の組立てはトップ下の高萩が中心となりますが、室屋や太田という良い選手がサイドにいますので、こちらも攻撃時のストロングポイントと言えます。

試合の総括

試合前に名波監督は「初得点は川又でもアダイウトンでも俊輔でもいい、まずは1点取れればチームは変わる」と話していましたが、52分に俊輔からのクロスをアダイウトンが上手く頭で合わせてチーム待望のゴールを奪いました。

”1点取ればチームは変わる”という言葉の通り、89分にはダメ押しとなる追加点を奪うことに成功。アダイウトンが右サイド深くから浮き球のボールを供給すると、途中出場のムサエフがダイレクトで合わせてゴール左へと流し込みます。

これまでの3試合はゴールに蓋がされている状態でしたが、今日の2ゴールで蓋を完全に取り払うことが出来ましたね。1ゴールではなく、2ゴールを奪えたというのも良かったと思います。

試合全体を通して振り返ってみると、開幕からの2試合と比べて、選手が窮屈そうにプレーしていないのが印象的でした。選手が流動的に動いていたので、パスをスムーズに回せていましたし、周りが良く見えるようになっていたと思います。効果的にサイドチェンジをすることが出来ていたのも視野を広く保てていたためではないでしょうか。

攻撃面ではラインを全体的に高く上げることができていましたし、両ウイングが高い位置を保っていたことで攻撃の人数を増やすことが出来ていました。ここ2試合は前線で川又が孤立するシーンが目立っていましたが、この試合では孤立しているように見られるシーンはほとんど無かったと思います。

中央付近でパスを繋いで相手DFを引っ張り出して空いたサイドのスペースにボールを出す。ボールを受けたウイングの選手がPA内にクロスを供給するという形を良く作れていたのもこれまでと違った点でした。

また、守備面でも大きな改善が見られました。相手が攻撃に移った際、前線から激しくプレスを掛けて攻撃を遅らせることが出来ていましたし、中盤で相手を潰すことができていました。特に印象に残っているのは、29分に相手がカウンターを仕掛けてきた際にアダイウトンが全力疾走して帰陣し、ピンチを凌いだシーンです。

この試合では昨シーズンのジュビロがやっていたサッカーがしっかりと再現できていたように感じました。この試合を見ていて良かったと思う点をまとめてみました。

良かった点

①選手間の距離が適度に保たれていて、よくボールを回せていた。

②サイドチェンジを上手く活用するなどピッチを広く使えていた。

③前線からのプレスとプレスバックが早かった。

④ボランチの田口と上原の関係性が非常に良かった

この状態をキープできれば、昨シーズンと同様に”いい守備からいい攻撃”というスタイルを維持できそうです。

最後に

昨シーズンと同じ第3節で勝てたのは何かの縁かも知れません。今日の試合運びを続けることが出来れば、うまく連勝できるのではないでしょうか。

次の対戦相手は、リーグ戦3連勝と絶好調のサンフレッチェ広島です。昨シーズンまでジュビロに所属していた川辺も主力の一人として活躍しています。

このチームに勝つことが出来れば、昨シーズン6連勝をした時と同じ様にいい形で連勝を重ねることが出来そうな予感がしますね。

次の週末が楽しみで仕方がありません!!

連勝目指して、Forza ジュビロ!

にほんブログ村に参加していますので、バナークリック応援をお願いします。

にほんブログ村 サッカーブログへにほんブログ村

にほんブログ村 サッカーブログ ジュビロ磐田へにほんブログ村

ジュビロ磐田ランキング

関連コンテンツ

サイドバー改

サイドバー改

-ジュビロ磐田

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

【静岡ダービー】1失点目を振り返って問題点を考えてみる

ダービーの1失点目は攻めようとしている最悪のタイミングでボールを奪われてしまい、僅か50秒という時間でゴールを決められてしまいました。 上原が簡単にボールを奪われてしまった時点で、相手がかなり優位な形 …

【川崎戦】川辺が決めた先制点のシーンを振り返ってみる【動画あり】

名波監督も力が上のチームと認めている強豪川崎相手に5ゴールを奪い、6連勝を達成したジュビロ磐田。先制点は、右サイドから相手DFを完璧に崩して奪ったゴールでした。今回は、その先制点を奪ったシーンについて …

【J1第12節】アウェイで横浜F・マリノスに快勝!しかし、退場劇の影響で後味の悪い勝利となったのは残念

ジュビロ磐田は、アウェイで横浜F・マリノスと対戦しました。 リーグ5連戦も気がつけば、4戦目に突入し、戦績は1勝1分1敗となっています。前節のセレッソ大阪戦は、不可解な判定の影響もあり、勝ちきることが …

【浦和レッズ戦】大井がハンドでPKを取られたシーンを振り返る

4月1日に行われたジュビロ磐田VS浦和レッズ戦で大井がPA内でハンドを取られて相手にPKを与えたシーンがありました。 そこで、この一連のプレーがどのように始まったのか確認してみることにしました。 スポ …

久しぶりに4バックを試したジュビロ、ミスが目立ちFC東京とドロー その1

ジュビロはアウェイでFC東京と対戦しました。アウェイでは2007年以来勝てておらず、相性が悪いですが勝点をしっかりと持ち帰りたいところ。FC東京は前節柏レイソルに1対4で敗戦していますので、敗戦から立 …

管理人のまー太郎です。

このサイトでは、ジュビロ磐田関連のニュースや趣味(旅行、食べ物など)について書き綴っていきたいと思います。
マイペースに更新をしていきますので、お付き合い頂けると嬉しいです。

【好きなサッカー選手】
ジュビロなら小川航基、中村俊輔、川又堅碁
海外なら本田圭佑
その他は鈴木隆行

【趣味】
サッカー観戦、その他スポーツのTV観戦、
映画鑑賞、寺社仏閣巡り等

2019年10月
« 5月  
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031