ジュビロ磐田を京都から応援

ジュビロ磐田を中心にJリーグ・海外サッカー、趣味などを幅広くお届け

ジュビロ磐田

【J1第20節】エースとルーキー、そしてキャプテンのゴールで112日ぶりにホームで勝利!!

投稿日:

J1第20節でジュビロ磐田は、ホームのヤマハスタジアムにベガルタ仙台を迎えました。

前節のガンバ大阪戦では、試合終了間際にキャプテンの大井が値千金の同点ゴールを決めて敗戦を免れましたが、ここ6試合勝ちが無く、4戦連続で引き分けが続いています。

12位という順位にはいますが、下位チームとの差はほとんどなくなってきている状況。負けはしていませんが、そろそろ勝ち点3を手にしたいところです。

スポンサーリンク

試合のフォーメーション

前節は【3-4-2-1】を採用したジュビロでしたが、この試合では2トップ+トップ下のフォーメーションを採用。

ガンバ大阪戦でCB新里が負傷して約5ヵ月の長期離脱となりましたので、3バックの1角には本来ウイングの櫻内が入りました。

川又、大久保、松浦という攻撃的なトライアングルがどのように機能するか注目です。

一方の仙台は【3-5-2】のフォーメーションを組むと予想されていましたが、試合が始まるとハーフナーマイクが1トップを務める【3-4-2-1】を採用してきました。

試合の総括

試合の最初から川又と大久保の2トップで始まったのはこの試合が初めてでしたが、最近の試合では一番と言っていいほど攻撃の連携が良かったですね。

大久保は飛び出せるタイミングがあれば常に相手の裏を突こうとするため、味方もこのタイミングなら後ろへ走ってくれるんじゃないかと考えて前向きに相手の裏のスペースへパスを出すことが出来ていました。ゴールには繋がりませんでしたが、松浦からのパスに反応して抜け出してゴールへ迫ったシーンは新しい攻撃の形を見せてくれました。

相手の裏を突く動きを繰り返してくれる大久保のお陰で川又に対するマークも緩くなり、ポストプレーなどを自由にしやすくなっていたのも大きかったですね。

いい流れを自ら作り出すことが出来ていたジュビロですが、この試合でも先制ゴールを奪うことはできませんでした。流れが来ている時間帯で得点を取るためには、崩すところまではある程度形を作れているので、最後の“クロスの質”をもっと高める必要があります。

最終ラインが乱れてオフサイドを取れずに先制を許したジュビロでしたが、45分に川又のヘディングゴールで同点へと追いつきました。攻撃の流れは良かっただけに無得点ではなく、ゴールを奪って同点で折り返せたというのはかなり大きかったです。

試合を通してのシュート数(第17節8本、18節6本、19節13本)が少なかったジュビロが、前半だけで11本(最終的には19本)のシュートを打てたというのは攻撃面が改善した大きな成果と言えます。

後半も攻撃の良い流れを継続したいところでしたが、フォーメーションを【4-4-2】へ変更したことで攻撃の流れが悪くなってしまいました。リズムを掴めずに相手を攻めあぐねていると仙台に逆転を許します。

失点シーンは前節のガンバ大阪戦と同じ様に“ゴール前に危険なエリア”をがら空きにしていて奪われてしまったわけですが、危険なエリアをカバーするという当たり前のことを徹底してほしいところ。

仙台に再びリードを許して苦しい展開となりましたが、後半途中からピッチへと送り出された中野誠也が嫌な雰囲気を吹き飛ばします。

77分、エリア右でDF3人を引き付けた川又がゴール前でフリーとなっている中野へパス。冷静にシュートを放ってゴールネットを揺らします。この得点は、リスタートから相手の守備ブロックが整う前に山田がドリブルで仕掛けていき、川又が相手の裏を突いてスペースへ侵入したことで中野がフリーとなって生まれたゴールでした。

同点に追いつき、勢いに乗るジュビロは90+1分に田口が放ったシュート性のボールを大井がゴールへと押し込み逆転に成功。頼れるキャプテン大井の2試合連続となるゴールは節目のチーム通算1300ゴールでした。(Twitterでチーム通算と教えて頂いた方、ありがとうございました。)

最後に

2試合連続で相手に先制ゴールを許す厳しい展開でしたが、エースとルーキー、そして頼れるキャプテンのゴールで劇的な逆転勝ちを収めることができたのはチームにとってもかなり大きいですね。

長いトンネルからようやく抜け出すことができました。

上位は相変わらず混戦が続いていますのて、次の神戸戦でも勝利を収めて更に上を目指していきたいところ。

にほんブログ村に参加していますので、宜しければバーナーの応援のためにクリックをお願いします。

にほんブログ村 サッカーブログへにほんブログ村

にほんブログ村 サッカーブログ ジュビロ磐田へにほんブログ村

ジュビロ磐田ランキング

関連コンテンツ

サイドバー改

サイドバー改

-ジュビロ磐田

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

【ジュビロ磐田】名波監督が節目のJ通算50勝を達成!J2とJ1の勝利数を調べてみた

11月28日に開催されたJ1第33節サガン鳥栖戦で完封勝利を収めたジュビロ。その結果、名波監督は節目のJ通算50勝を達成しました。 50勝達成、おめでとうございます! 50勝という節目に達しましたので …

俊輔ダービー マリノスに惜敗その2

俊輔ダービーは1対2でマリノスに惜敗その1はこちらを参照下さい。 スポンサーリンク 後半戦の振り返り 後半も開始直後からマリノスペースで試合が進んでいく。ジュビロは中々セカンドボールを拾えず相手の攻撃 …

磐田がFC東京に2対0の完封勝ち、J1で5年ぶりの3連勝を達成する!その1

ガンバ大阪と浦和レッズに勝利し、リーグ戦2連勝と好調を維持している磐田。水曜日に開催された天皇杯では120分間で決着が付かず、PK戦の末に勝利を収めました。5月の不調が嘘のだったかの様に6月は勝利を重 …

【ジュビロ磐田】大久保グラウンドへ2018年初の練習見学に行ってきた

2月25日の開幕前を観戦するために浜松を訪れているのですが、本日は2018年初となる大久保グラウンドへ練習の見学に行って来ました。 大久保グラウンドを訪れるのはこれが3度目となります。住んでいるのが京 …

ジュビロは横浜F・マリノスとホームで対戦。この試合は何としても勝つ!!

今週日曜日に開催されるJ1第31節でジュビロは横浜F・マリノスと対戦します。マリノスとは今季2度戦っており、リーグ戦のアウェイは1対2、水曜日に行われた天皇杯準々決勝では0対1と2連敗中です。 天皇杯 …

管理人のまー太郎です。

このサイトでは、ジュビロ磐田関連のニュースや趣味(旅行、食べ物など)について書き綴っていきたいと思います。
マイペースに更新をしていきますので、お付き合い頂けると嬉しいです。

【好きなサッカー選手】
ジュビロなら小川航基、中村俊輔、川又堅碁
海外なら本田圭佑
その他は鈴木隆行

【趣味】
サッカー観戦、その他スポーツのTV観戦、
映画鑑賞、寺社仏閣巡り等

2019年5月
« 4月  
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031