ジュビロ磐田を京都から応援

ジュビロ磐田を中心にJリーグ・海外サッカー、趣味などを幅広くお届け

ジュビロ磐田

【J1第23節】前半に2ゴールを奪ったジュビロは連敗を止めて上位争いに踏み止まる

投稿日:

リーグ戦が再開してからいまいち波に乗ることができていないジュビロは、前節に浦和レッズと戦い、今シーズン初めてとなる4失点を喫して敗れました。

今シーズンのJリーグは稀にみる混戦模様となっていますので、連敗したことで下位との差がかなり縮まっている状況です。

今節のレイソル戦で敗れてしまうと上位との差がさらに広がってしまいますので、上位争いから脱落しないためにもホームで勝利を手にしたいところ。

スポンサーリンク

試合のフォーメーション

リーグ戦再開後に【3-4-2-1】【4-1-4-1】【3-5-2】と3種類のフォーメーションを試していますが、今節は2トップに川又と大久保、トップ下に松浦を置く【3-5-2】を採用しました。

田口が累積警告で出場停止となっている関係で、ボランチのポジションには山田大記が入りました。本来は2シャドーの一角でプレーすることが多い山田ですが、ドイツではボランチでもプレーしていたので起用に問題はなさそうです。

【3-4-2-1】では前線の川又が孤立することが多く、攻撃の形を作ることが中々うまくいっていませんので、個人的には大久保と並べた2トップの方が川又を生かすことが出来ると感じます。

山田がボランチに入ったことで前線との連携がどのように機能するのか注目です。

一方の柏レイソルは【4-5-1または4-3-3】のフォーメーションを採用。1トップには瀬川が入りました。

試合の総括

この試合では、前線の5人(川又、大久保、松浦、小川、松本)とボランチの山田、上原の距離感がかなり改善していました。

これまではパスを出した後に次のパスを貰うための動きが少なく、パスを出す側がどこにパスを出せばいいか探すことが多かったですが、この試合ではパスを受けるために相手DFの間に入る、又は誰かを囮にしてスペースを作るという動きがしっかりと出来ていました。

レイソルは守備時に4-4-2を採用してミドルゾーンでブロックを敷いてジュビロの攻撃を防ごうとしていましたが、ブロックを崩すためにサイドチェンジを効果的に使って相手を揺さぶることが出来ていたのも良かったと思います。

それ以外にも良くなっていた点として、両サイドで上手く三角形を作ってパスを効果的に回すことができていたことが挙げられます。相手が積極的にボールホルダーに対してプレッシャーを掛けて来なかったというのも良い方向に作用したと思いますが、試合前に考えていたプラン通りの攻撃が展開できたのではないでしょうか。

特に1得点目は、昨年の調子が良かった頃のジュビロを彷彿とさせる得点でしたね。

山田が相手の縦パスをインターセプトすると、縦に速いパスを供給。右ウイングの松本がエリア内にカットインしてボールを収めると、そのままゴール左へと冷静に流し込んで先制。

ショートカウンターからゴールを奪ったのもかなり久しぶりだったように思います。

名波監督は試合前に「先制点を奪って精神的に優位に立ちたい」と話していましたが、欲しかった先制点を試合開始早々に奪えたのはやはり有利に働きました。

1点を奪って勢いが出たジュビロはその5分後に追加点を奪います。

ゴール前の混戦から森下が大久保へパスすると、慌てることなく冷静にゴール左へとシュートを流し込みました。

早い時間帯に追加点を奪うことに成功しますが、前半20分に瀬川が決定機を作られてしまいます。相手がシュートをミスしてくれたので助かりましたが、これを決められていたら試合の流れが変わっていた可能性も十分にありました。

追加点を奪いたいジュビロでしたが、後半に入るとレイソルが前線から激しくボールホルダーへアプローチを仕掛けてくるようになり、ゴール前まで迫る回数がかなり減ってしまいます。

相手が前から激しくきた時にどうやって攻撃を組み立てていくかは改善の余地がまだまだありますね。

守備面ではボールホルダーへのアプローチを積極的に行うことが出来ていましたし、どのラインでボールを奪いに行くのかという意志が明確になっていました。最近の試合ではその辺りが曖昧で中盤で相手に自由にされていましたが、この試合では中盤での激しさを取り戻すことが出来ていました。

名波監督は山田をボランチで起用したわけですが、攻撃面よりも守備面でのタスクを多く与えていたのではないかと感じました。山田は相手が仕掛けたいエリアでボールを効果的に奪っていたのが相手に取ってはかなり厄介な存在だったと言えるのではないでしょうか。

試合を決定付ける3点目を奪うことは出来ませんでしたが、クリーンシートで試合を終わらせることが出来たのは良かったです。

最後に

移籍後初ゴールが中々生まれていなかった大久保でしたが、7試合目でようやく決めることができましたね。移籍後初ゴールがJ1&J2通算200ゴールという節目の記録になったのは感慨深いですね(*´∀`)

このゴールで波に乗ってくれれば、相手のマークが分散して川又のゴールも増えるはず。

連敗を止めることに成功しましたが、まだまだ混戦から抜け出すことは出来ていませんので、油断せずに一つひとつ勝ち星を重ねていきたいところです。

にほんブログ村に参加していますので、宜しければバーナーの応援のためにクリックをお願いします。

にほんブログ村 サッカーブログへにほんブログ村

にほんブログ村 サッカーブログ ジュビロ磐田へにほんブログ村

ジュビロ磐田ランキング

関連コンテンツ

サイドバー改

サイドバー改

-ジュビロ磐田

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

名波監督が語った静岡ダービーへの熱い想いに共感する。

サッカー関連の記事を色々とネットサーフィンで探しているとこんな記事に出会いました。 「じゃんけんでも負けたくない」磐田・名波監督が静岡ダービーに闘志を燃やす理由とは 静岡ダービーについての質問に名波監 …

【J1第21節】アウェイのヴィッセル神戸戦を現地観戦予定

前節のベガルタ仙台戦は先制される苦しい展開でしたが、前半の内に川又のゴールで同点に追いつき、再逆転された後に中野のプロ初ゴール、そして大井が2戦連続のゴールを決めて見事に逆転勝ちを収めました。 リーグ …

ジュビロデー2017 スポーツフェスティバルに参加してみた

2017年7月22日に静岡県袋井市にあるエコパアリーナで開催された『ジュビロデー2017 スポーツフェスティバル』に参加してきました。 今回のスポーツフェスティバルで行う競技内容は、選手たちが相談して …

【ジュビロ磐田】名波監督が節目のJ通算50勝を達成!J2とJ1の勝利数を調べてみた

11月28日に開催されたJ1第33節サガン鳥栖戦で完封勝利を収めたジュビロ。その結果、名波監督は節目のJ通算50勝を達成しました。 50勝達成、おめでとうございます! 50勝という節目に達しましたので …

中村俊輔がCKで重視する”見る”という考え方が興味深い

試合が終わった翌日は、ジュビロ関連の試合記事を中心に捜して読むのですが、その中で面白い記事を見つけました。 その記事はこちら「蹴る瞬間まで…」名手・中村俊輔がCKで重視すること 今シーズンのジュビロは …

管理人のまー太郎です。

このサイトでは、ジュビロ磐田関連のニュースや趣味(旅行、食べ物など)について書き綴っていきたいと思います。
マイペースに更新をしていきますので、お付き合い頂けると嬉しいです。

【好きなサッカー選手】
ジュビロなら小川航基、中村俊輔、川又堅碁
海外なら本田圭佑
その他は鈴木隆行

【趣味】
サッカー観戦、その他スポーツのTV観戦、
映画鑑賞、寺社仏閣巡り等

2019年5月
« 4月  
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031