スポンサーリンク

『激盛りらーめんゴリラ屋』を訪れる予定が、臨時休業だったため、予定を変更して同じく二郎系ラーメンを提供している『唯我独尊さん』を訪問しました。

関連記事:福井県の二郎系ラーメン『激盛らーめん ゴリラ屋』に初めて行ってみた!

お店に到着したのは昼の部がオープンして5分後の11時35分。店内に入ると既にカウンターは満席で、4人ほど席が空くのを待っている状況でした。

とりあえず、入って直ぐのところにある券売機で食券を購入します。汁なしを注文しようかと思っていましたが、朝はあまり食べていないため、お腹が減っていた豚野郎(見習い)は、お腹の飢えを満たそうと『ラーメン小 豚』を注文します。

席が空くのを待っている間に、にんにくコールが掛かった際の呪文をどうしようかワクワクしながら考えます。色々と悩んだ挙句、『野菜ちょい増し、にんにく、アブラ、カラメ』で注文することを決意。午後もまだ神社を回る予定ですが、荒ぶる食欲を抑えきれないので、にんにくを注文する暴挙に出ます。(後でブレスケア大量に食べれば大丈夫な筈…。)

店内に漂うラーメンの匂いを嗅いで、早く食べたい!という衝動が抑えられなくなります。

店内に入ってから25分ほどして、ようやくカウンターへ向かいます。席に着いたらとりあえず、前回同様に『豚だ、豚だ、お前は豚野郎になるのだ』と念じながら食事モードへ気持ちの切り替えを行います。

自分ににんにくコールが掛かるのはいつかなとワクワクしながらその時を待ちます。

10分ほどして、店主からにんにくコールが掛かります。『野菜ちょい増し、にんにく、アブラ、カラメ』とスラスラ呪文を唱えることに成功します。

スポンサーリンク

遂に待ちに待ったラーメンとご対面

野菜の上にはアブラが掛かっており、雪が積もった山のようになっています。野菜はちょい増しを選択しましたが、思っていたより高くありませんでした。

まずは野菜を全て食べつくしに掛かります。熱々のもやしを口の中に放り込むと、アブラの甘みともやしのしゃきしゃき具合が心地よくバクバクと食べ進んでいきます。2分ほどで野菜エリアをクリアすると次は豚さんエリアに突入。

豚増しで頼んでいるため、大きな豚さんがいっぱいです。野菜では満たされていないお腹の中に豚さんを届けなきゃ!』と謎の使命感に駆られながら豚に喰らいつきます。

肉厚で歯ごたえのある豚に満足しながら、どんどん食べ進めていきます。豚の外側は柔らかく、身の部分は歯ごたえがあり、しっかりと豚を食べてるぜと感じます。豚と一緒ににんにくを食べればにんにくの辛さと豚のアブラが溶け合って幸せな気分に浸れます。

順調に食べ進めていく豚野郎(見習い)ですが、4枚目の豚に差し掛かったあたりで少し不安に襲われだします。あれ、まだ豚が続くのか…この豚結構お腹に溜まるぞ。『まだ麺に到達していないのに本当に完食できるのか?』と若干弱気になります。

初めての豚増しに若干戸惑ってしまいますが、そこは自分を奮い立たせ豚エリアを攻略します。残るは麺のみ、食べ応えのある豚さんという最大の難関を突破してしまえばゴールはもうすぐそこです。

麺をしっかりと天地返しして、一気に啜っていきます。やはり極太の麺はスープと良く絡んで美味しいですね。先ほどまで不安に思っていた気持ちは何処へやら?一心不乱に麺を啜ります。

カラメを選択したためか、ラーメン自体の塩分が濃くなりすぎていて喉の渇きが半端無く襲ってきます。塩分に負けじと麺ににんにくを絡めて味を変えつつどんどんと食べ進めていきます。

『あぁ、やっぱり二郎系ラーメンは飢えたお腹を満たしてくれるなぁ』幸せを感じながら食べた結果、着丼から17分で完食となりました。

スポンサーリンク

最後に

ゴリラ屋さんが臨時休業のため、急遽訪れることになったわけですが、二郎系ラーメンを食べたいという豚野郎(見習い)の欲求をしっかりと満たしてくれました。

今回、『ラーメン小 豚』を完食したことで見習いを卒業できたような気がします。次からは豚野郎(一般兵)としてラーメンを食したいと思います。

最大の目標を失いかけていた私に『唯我独尊さん』を紹介してくれた友人に感謝です。

今回もご馳走様でした!

場所 :福井県福井市開発2丁目710
定休日:木曜日
営業時間:昼の部11:30~14:00、夜の部18:00~21:30
駐車場:店前に3台ほど、北側駐車場に7台
地図:

にほんブログ村に参加していますので、バナークリックで応援をお願いします。

にほんブログ村 サッカーブログへにほんブログ村

にほんブログ村 サッカーブログ ジュビロ磐田へにほんブログ村

ジュビロ磐田ランキング

スポンサーリンク
おすすめの記事