47046837 - an imaginary stadium
スポンサーリンク

MLSのオーランド・シティに所属する元ブラジル代表のカカーが、30日に行われたアトランタユナイテッド戦で衝撃のゴールを決めた!

衝撃のゴールが生まれたのは前半40分、味方GKがゴールキックを前線へロングフィードする。アトランタユナイテッドのDFが先にボールに触るが、こぼれ球を味方が拾って右側から走り込んで来たカカーへパス。カカーは相手GKが前に少し出ているのを確認するとゴールまで距離があったが、迷わず右足を振り抜いた。少しアウト回転が掛かったボールは横へ飛んだGKをあざ笑うかのようにゴール右上に突き刺さった。
ここまでのタッチ数は僅か3という恐るべき少なさです。タッチ数が少ないので、見ている側もスピード感に圧倒されてしまいますね。

GKが蹴ったロングフィードの正確性もさることながら、35歳という年齢になってもなお、強烈なシュートを放てるカカーは流石としか言いようが無いです。真の一流というのは衰えを知らず、いつまでたっても魅せるゴールを奪ってくれますね!

試合は、残念ながら後半アディショナルタイムに失点を喫してしまい、敗れています。このゴールが決まった試合で勝てていれば更に別格の喜びを味わえたのではないでしょうか。

To you Lord be all the Glory ☝?☝?

Kakáさん(@kaka)がシェアした投稿 -

 

にほんブログ村に参加していますので、バナークリック応援をお願いします。

にほんブログ村 サッカーブログへにほんブログ村

にほんブログ村 サッカーブログ ジュビロ磐田へにほんブログ村

ジュビロ磐田ランキング

スポンサーリンク
おすすめの記事