ジュビロ磐田を京都から応援

ジュビロ磐田を中心にJリーグ・海外サッカー、趣味などを幅広くお届け

ジュビロ磐田

【J1第15節】前半の勢いは何処へ?湘南に敗れたジュビロは2連敗で中断期間を迎える

投稿日:

長かった15連戦も今日の湘南ベルマーレ戦で終わりです。

前節のヴィッセル神戸戦では、前半の内に2失点を喫して敗戦しましたが、中断期間を2連敗で迎えるのは避けたいところ。

好調を維持していた荒木が召集メンバーから外れていたのは意外でしたが、前節を腰痛で欠場したカミンスキーと3週間の離脱から復帰した中村俊輔が戻ってきたのはチームにとっても朗報と言えます。

相手の湘南ベルマーレはリーグ戦3連敗中と勢いに乗れていませんが、敵地から勝ち点3を持って帰って良い形で中断期間を迎えたいところです。

スポンサーリンク

試合のフォーメーション

この試合は、お互いに【3-4-2-1】を採用しましたので、ミラーゲームとなりました。

ジュビロは中村俊輔が復帰しましたが、スタメンではなくベンチからスタート。GKには復帰したカミンスキーが入りましたが、それ以外のメンバーは前節の神戸戦と同じです。

湘南はここ3試合で9失点している守備をどのように立て直すかが重要になってきます。

攻撃陣では、1トップを務めていたイ・ジョンヒョプが怪我のため、野田が5節のセレッソ大阪戦以来となるスタメン出場を果たしました。

試合の総括

前半はジュビロペースで試合が進んでいったわけですが、前線3人の連携が特に松浦と山田の動きが良かったと思います。

松浦はゴール前で川又へ良い形でパスを供給できていましたし、山田とも上手く連携が取れていましたし、山田も自分自身でボールを運んでチャンスを作ったり、松浦や大井のスルーパスに反応してシュートを放つなど存在感を発揮できていました。

前半に多くのシュートチャンスを作り出したジュビロですが、ゴールネットを揺らせそうなシーンで枠に飛ばすことが出来ず、ゴールを奪えなかったことで流れを掴みきることが出来ません。

特にここは決めて欲しかったなと感じたのが、5分に川又がシュートを放ったシーンです。

山田からのパスを受けた松浦がドリブルでボールを運び、ゴール前に入ってきた川又へアーリークロスを供給。相手DFのマークを上手く剥がしてフリーでクロスを受けれる状態になります。
しかし、自分のところに来る手前でボールがバウンドしたため、上手く合わせることが出来ず、シュートは枠を捉えることが出来ません。

シュート直前でボールがバウンドしたとはいえ、フリーの状態だったのでシュートをしっかりとコントロール出来ていれば得点チャンスになっていただけに勿体無かったと言わざるを得ません。

前半の守備面で最も危なかったのは、41分の最終ラインから攻撃を組立ようとしているときに田口がボールを奪われてカウンターを仕掛けられたシーンです。強烈なミドルシュートはゴールポストを直撃して難を逃れることができましたが、このシーン以外にも横パスを相手にカットされてカウンターを仕掛けられてピンチになりそうな場面が何度か見られたのが気になりました。

前半の勢いを持続したまま後半の戦いを進めたいところでしたが、“チャンスを決め切れなかった時の後半は全く別のチームになってしまう”というジュビロの悪いところが出ます。

後半は運動量を上げてきた湘南のペース対応できず、試合の流れを完全に奪われました。特に狙われたのが中盤でパスの供給を担うボランチの田口です。前半もボランチのところを狙われていましたが、後半はそれがより顕著に見られるようになりましたね。

相手は“中盤でボールをカットしてショートカウンターという明確な狙い”を持ってプレーしてきていたわけですが、中盤を経由して細かなパスを繋ぎゴールを目指すというジュビロの攻撃は相手にとって対応しやすい攻撃の形だったと言えます。

攻撃のペースを相手に握られたジュビロですが、チャンスがなかったわけではありません。

58分、自陣のハーフウェイライン付近でボールを奪うと小川大貴が右サイドを駆け上がってエリア内に侵入。ゴール前へ走り込んで来た味方へ折り返しのパスを選択するも相手にクリアされてゴールを奪うことはできませんでした。

このシーンは、“パスではなく、シュート”を選択して欲しかったですね。たしかにニアサイドはGKに防がれていましたが、相手がプレッシャーを掛けれていないフリーの状態だったので、左足でシュートを打つという選択をしても良かったと思います。

最大のチャンスを逃すと次はピンチがやってくるものですが、この日はこのピンチが決勝点となりました。

70分、自陣内で高橋が左サイドの味方へ出したパスが流れたところを相手にカットされてカウンターを仕掛けられます。左サイドからのクロスに岡本がスライディングのような形で放ったシュートはクロスバーを直撃。こぼれ球に反応した野田がダイビングヘッドゴールでゴールへと流し込みます。

先制を許したジュビロは、怪我から復帰した中村俊輔、ルヴァンカップで3ゴールを挙げている中野を投入して同点に追いつこうとしますが、ゴール前までボールを運ぶものの、横パスが多くシュートで終わることが出来ませんでした。

試合はそのまま0対1で終了。

ジュビロは2連敗で中断期間を迎えることになりました。

最後に

中盤で攻撃を組立ようと躍起になってしまったジュビロですが、もっとシンプルに縦へパスを通すという選択をしても良かったのではないかと思います。

幸いにもW杯の中断期間は約2ヵ月ありますので、この期間にしっかりとした建て直しを図って欲しいところです。

まずは、6月に行われるルヴァンカップのプレーオフステージを突破できるように切り替えていきましょう!

Forza ジュビロ!

にほんブログ村に参加していますので、宜しければバーナーの応援のためにクリックをお願いします。

にほんブログ村 サッカーブログへにほんブログ村

にほんブログ村 サッカーブログ ジュビロ磐田へにほんブログ村

ジュビロ磐田ランキング

関連コンテンツ

サイドバー改

サイドバー改

-ジュビロ磐田

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

【ジュビロ磐田】川辺が急成長した要因と自身が目指すボランチ像とは?

ジュビロ磐田が躍進している一つの要因として、ボランチの川辺が挙げられます。特に今シーズンは目覚しい成長を遂げていますね。 大きく成長できた理由として考えられるのは、中村俊輔の存在がやはり大きいと思いま …

【祝!残留】攻め続ける姿勢を最後まで見せたジュビロ磐田が昇格プレーオフを制する

衝撃的な敗戦から1週間。通常は公開している練習風景を完全非公開にするなど、いつも以上にピリピリとした雰囲気の中、“J1参入プレーオフ決定戦”を迎えました。 まさかの敗戦から気持ちを切り替えるため、試合 …

【J1第3節】ホームで敗戦したジュビロ、開幕から3試合未勝利は復帰後4シーズンで初の事態

J1第3節が3月9日に開催され、ジュビロ磐田はホームでJ2から昇格した大分トリニータと戦いました。 水曜日のルヴァンカップで勝利し、リーグ戦でも勢いに乗って行きたいジュビロでしたが、先制を許した後に退 …

【J1第29節】大敗の結果をどうやって次に生かすか、立ち直る時間はまだ残されている

J1第29節でジュビロ磐田は清水エスパルスとの“静岡ダービー”を戦い、1対5の大敗を喫してから1週間が経ちました。 今年は“ダービーでは負けられない”というプレッシャーに加え、残留争いから抜け出すため …

J1第15節 浦和に一時逆転されるも後半に劇的な逆転勝利を収める!その2

前半戦の振り返りはこちらをご参照下さい。 前半を終えて、両チームとも後半頭からの選手交代はなし。先制点を挙げた磐田だが、前半終了間際に追いつかれてしまう嫌な展開。一方の浦和は西川のミスから失点して嫌な …

管理人のまー太郎です。

このサイトでは、ジュビロ磐田関連のニュースや趣味(旅行、食べ物など)について書き綴っていきたいと思います。
マイペースに更新をしていきますので、お付き合い頂けると嬉しいです。

【好きなサッカー選手】
ジュビロなら小川航基、中村俊輔、川又堅碁
海外なら本田圭佑
その他は鈴木隆行

【趣味】
サッカー観戦、その他スポーツのTV観戦、
映画鑑賞、寺社仏閣巡り等

2019年10月
« 5月  
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031