47046837 - an imaginary stadium
スポンサーリンク

4月12日、13日の午前3時45分(日本時間)に開催されるCLベスト8の対戦カードについて過去の対戦成績を調べてみました。
試合の見所と合わせて紹介していきたいと思います。
12日の対戦カードについてはこちらを参照して下さい。

アトレティコVSレスターについて

過去の対戦成績(UEFA主催試合)
アトレティコはレスターに対して3勝1分です。レスターは、3回出場した欧州カップ戦でアトレティコに2回敗れて敗退しています。

試合の見所

アトレティコは、レスターをビセンテ・カルデロンに迎えます。ホーム開催の欧州カップ戦では直近の34試合で28勝を収めています。
また、イングランド勢に対しては5勝5分の負け無しで、まさに難攻不落の要塞という呼び名に相応しい成績です。
一方、今シーズン不調が続いていたレスターは、2月にラニエリ監督を解任して、シェークスピア新監督が就任しました。新監督就任後は昨シーズンの戦い方を取り戻し、5連勝するなど好調です。CLベスト16では同じスペイン勢のセビージャを破ってベスト8に進出していますので、スペイン勢に対する苦手意識を持たずに戦いに臨めるのではないでしょうか。
レスターには岡崎が所属しています。CL直前のエヴァートン戦では岡崎を含む一部の主力選手を温存していましたので、活躍に期待です。
アトレティコは中4日と休息は十分ですが、レスターは中2日と強行日程での対戦となるため難しい試合となりそうです。

バイエルンVSレアルマドリーについて

過去の対戦成績(UEFA主催試合)
バイエルンはレアルマドリーに対して11勝9敗2分です。直近2シーズンは全てベスト4での対戦で1勝3敗と分が悪くなっています。
また、2013-14シーズンに0対4とレアルマドリーに大敗していますが、このスコアはバイエルンが欧州カップ戦のホームゲームで
喫したワーストスコアとなっています。
ちなみに、その当時レアルマドリーで監督をしていたのは、現バイエルン監督のアンチェロッティです。レアルマドリーはその後、決勝戦でも勝利してクラブの悲願であったCL通算10回目の優勝 『ラ・デシマ』を達成しています。

試合の見所

バイエルンVSレアルマドリーの試合は欧州カップ戦ではもはや定番のカードですね。
レアルマドリーはBBC(ベンゼマ、ベイル、クリスティアーノ・ロナウド)という世界有数の攻撃陣を有しています。、
一方。バイエルンもレヴァンドフスキ・ロッベン・リベリーなど豪華な攻撃陣を持っていますので、激しい試合になるのではないでしょうか。
どちらもメガクラブであり、控え選手も大変豪華なので、交代枠をどのように使うかにも注目です。
2ndレグはサンチャゴ・ベルナベウでの試合となるため、バイエルンとしてはアウェイゴールを許さずに勝利を収めたいところです。

 

にほんブログ村に参加していますので、バナークリック応援をお願いします。

にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村

スポンサーリンク
おすすめの記事