ジュビロ磐田を京都から応援

ジュビロ磐田を中心にJリーグ・海外サッカー、趣味などを幅広くお届け

ジュビロ磐田

磐田は柏レイソルに0対2で敗れて2連敗その1

投稿日:2017年5月23日 更新日:

前節の川崎フロンターレ戦は0対2の完封負けを喫した磐田。第2節のホーム開幕戦以来久しぶりの現地観戦でしたが勝利を見ることはできませんでした。
試合は同点に追い付こうと80分から猛攻を仕掛けますが、中々同点ゴールを奪えず、逆にダメ押しのゴールを91分に奪われて試合終了となりました。

今節は磐田デーのため、磐田市内の小学生約3,200人が招待されていました。子供達の声援を背に頑張って欲しいところです。

さて、それでは試合を振り返って行きましょう。

スポンサーリンク

試合フォーメーション

磐田はここ最近採用していた【3-4-2-1】ではなく、【3-4-1-2】を採用しました。リーグ戦で2トップを最初から採用するのは初のような気がします。2トップの一角には小川航基がU-20W杯に出場しているため、アダイウトンが入ります。その他の先発メンバーは、いつも通りです。
ここ最近の試合では川又が前線で孤立するシーンが目立っていたため、2トップを採用して前線のターゲットを増やし、攻撃のバリエーションを増やそうとしたのではないかと思います。

一方の柏レイソルはリーグ戦5連勝と絶好調です。5試合で僅か2失点と非常に強固な守備陣となっています。
先発メンバー11人の内、7人がアカデミー出身と攻撃面での連携も非常にスムーズなのが羨ましいところです。

前半の振り返り

前半4分チャンス 磐田に最初のチャンスが訪れる。中村俊輔が左サイドから相手DFの間を通すスルーパスを供給。DFラインの裏に走りこんだアダイウトンが受けてGKと1対1になるがシュートはGK正面に飛んでしまう。先制点を奪うチャンスだったが、上手く決めきることができない。

前半5分 中央から川辺が放ったミドルシュートが柏DF中谷の手に当たり、PA手前のゴール中央やや左寄り19mという絶好の位置でフリーキックを獲得する。

前半7分 中村俊輔が蹴ったFKはゴール左にコントロールされた緩いカーブを描いて飛んだが、中村航輔のファインセーブによって弾かれてしまう。ボールはゴールラインを割って左コーナーキックを獲得する。
飛んできたコースに対して、ゴール中央で一度止まったかに見えた動きの後。伸び上がるように飛び出して片手でボールを弾いていたのをスローで見て凄いな!と素直に思ってしまいました。

前半8分 キッカーの中村俊輔がクロスを供給。ゴール前で混戦となり、最後は大井がゴールに向けてボールを蹴ったがGKにキャッチされる。

前半11分 手塚がエリアの右からロングシュートを放つ。押さえの利いたシュートだったが、カミンスキーが弾いて左コーナーキックとなる。

前半16分 右サイドで中村俊輔からのパスを受けたアダイウトンがドリブルで駆け上がり、PA手前で中に走っていた川又へクロスを供給しようとするが、相手DFにクリアされてしまう。

前半17分 味方のクロスをクリスティアーノがヘッドで反らす。ボールを受けた武富がフリーでシュートを打つが、枠を外れてしまう。

前半24分 手塚がDFを1人かわしてシュートを放つが、カミンスキーの正面に飛んでしまう。

前半34分 敵陣中ほどで、川辺が右サイドからライナー性のクロスを供給するが、川又とは上手く合わない。

前半42分 相手の右コーナーキックをクリアしたボールを繋いで前線のアダイウトンへパス。アダイウトンがドリブルで左サイドを駆け上がり、中に走り込んで来た川又と川辺へクロスを供給しようとするが、相手DFに当たってチャンスにはならなかった。

このまま0対0で前半が終了するかと思われた44分に試合が動く。右サイドのゴールライン手前から伊藤が中へグラウンダーのクロスを供給。そのクロスを受けようとした中川と競り合っていた大井の足に当たり、ボールのコースが変わる。リフレクションしたボールに詰めてきたクリスティアーノがシュート。ボールはゴールネットに吸い込まれた。

前半終了0対1で折り返す。

前半の総括

チャンスが全くなかった訳ではないが、4分のスルーパスに飛び出したアダイウトンのシュートがGK正面を突くなど前節に引き続き最後の精度が甘いのが悔やまれる。
7分の直接FKは飛んだコースは良かったが、中村航輔のブロックが素晴らしく、ゴールを割ることができなかった。
前半を通して感じたことは、磐田がボールを持って回そうとすると柏は前線から激しくプレスを掛けて積極的に奪い、カウンターを行う。ボールを広く回してポゼッションを取りながら攻めるという風に攻撃のバリエーションを感じたが、磐田は持ち味であるはずの中盤でのボール奪取があまりみられなかった。
不用意なパスカットからピンチを招くシーンが見られ、何とか攻撃に耐えていたが、終了間際の44分に先制点を奪われてしまった。
相手に自由に動かれている中盤をどうするかが鍵となりそうだ。

後半戦の振り返りは磐田は柏レイソルに0対2で敗れて2連敗その2をご参照下さい。

 

にほんブログ村に参加していますので、バナークリック応援をお願いします。

にほんブログ村 サッカーブログへにほんブログ村

にほんブログ村 サッカーブログ ジュビロ磐田へにほんブログ村

ジュビロ磐田ランキング

関連コンテンツ

サイドバー改

サイドバー改

-ジュビロ磐田

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

磐田がFC東京に2対0の完封勝ち、J1で5年ぶりの3連勝を達成する!その2

両チームともハーフタイム中の選手交代は無し。名波監督が後半に向けて重要だと話していたのは次の3点 1.ボールを奪った後の質をあげる。 2.周りの選手は2トップとの関係性をしっかりと考えること。 3.F …

【混沌】先制を許して敗戦したジュビロは、残留争いの中心へと誘われる

例年以上に混沌とした残留争いの渦に巻き込まれているジュビロ磐田は、ホームで残留争いのライバルである15位の横浜F・マリノスと対戦しました。 降格圏の17位と勝ち点差が4しかない状況で迎えた大事なホーム …

【J1第29節】大敗の結果をどうやって次に生かすか、立ち直る時間はまだ残されている

J1第29節でジュビロ磐田は清水エスパルスとの“静岡ダービー”を戦い、1対5の大敗を喫してから1週間が経ちました。 今年は“ダービーでは負けられない”というプレッシャーに加え、残留争いから抜け出すため …

【残留争い】28節終了時点の順位と29節の注目試合をまとめてみた

J1第28節が各地で行われましたが、台風24号の影響でジュビロ磐田対湘南ベルマーレ、セレッソ大阪対名古屋グランパスの2試合が中止となりました。 28節終了時点で残留の目安である勝ち点40を超えたのは8 …

【移籍】ジュビロ磐田の松井大輔がポーランド2部へ完全移籍

いつも通り、朝の日課であるサッカー関連記事を読んでいると驚きの情報が目に入ってきました。 『松井大輔がポーランド2部へ移籍』 えっ、松井が移籍するの?しかも海外??と状況を理解するのに少し時間が掛かっ …

管理人のまー太郎です。

このサイトでは、ジュビロ磐田関連のニュースや趣味(旅行、食べ物など)について書き綴っていきたいと思います。
マイペースに更新をしていきますので、お付き合い頂けると嬉しいです。

【好きなサッカー選手】
ジュビロなら小川航基、中村俊輔、川又堅碁
海外なら本田圭佑
その他は鈴木隆行

【趣味】
サッカー観戦、その他スポーツのTV観戦、
映画鑑賞、寺社仏閣巡り等

2019年5月
« 4月  
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031