ジュビロ磐田を京都から応援

ジュビロ磐田を中心にJリーグ・海外サッカー、趣味などを幅広くお届け

ジュビロ磐田

前半2失点の磐田、後半に追いつき札幌とドローその2

投稿日:2017年4月30日 更新日:

前半戦は前半2失点の磐田、後半に追いつき札幌とドローその1をご参照下さい。

後半はジュビロが右エンド、札幌が左エンドに布陣します。お互いに自チームのサポーターが居るのとは別のゴールに向かって攻めます。

それでは、後半戦を振り返っていきましょう。

スポンサーリンク

後半戦の振り返り

ハーフタイムに両チームとも選手交代は無し。

後半3分 ジュビロが最初のチャンスを掴む。左サイドの敵陣深くでFKをジュビロが獲得。キッカーの松浦がニアサイドへクロスをあげる。走り込んで来た大井が飛び込んで触ろうとするが、触れずGKにキャッチされてしまう。触れていればゴールに決まっていたかもしれない惜しいシーンだった。

後半8分 川又がボールを奪取して松浦へパス。ドリブルで駆け上がるが切り替えしたところで倒れてボールを失ってしまう。

後半9分 上田からのパスを川辺がPA手前でマイナス方向へ落とす。宮崎がシュートを放つがゴール左へ外れてしまう。

後半11分 札幌が決定的なチャンスを迎える。ジュビロが獲得した右CKを上田が蹴って中にクロスを供給するが、札幌にカットされてしまう。自陣深くからボールを繋ぎカウンター攻撃。ハーフウェイライン付近でボールを受けた菅がドリブルで運び、右サイドを駆け上がってきた荒野へスルーパス。抜け出した荒野はGKと1対1となり、左ポスト直撃のシュートを放つ。跳ね返ったボールを都倉がシュート。このシュートは小川大貴がゴールライン手前で跳ね返す。

後半15分 ジュビロが1点を返す。右サイドでボールを奪うと松浦が中央でフリーの川辺へパス。ドリブルでPA手前まで運び、相手DFを引き付けながらPA内左の川又へパス。足元深くにボールが入ってしまうが、冷静にコントロールしてゴールを決める。川又の2試合連続ゴールで1点を返す。

後半19分 川又がPA手前で落としたボールに反応した小川航基が相手の足と接触して倒されてFKを獲得。
後半20分 ついに同点に追いつく!PA手前やや左よりの位置で獲得したFKを上田が蹴る。綺麗な左カーブを描いたボールは相手DFに当たって少し軌道が変わるがゴールへフワッと吸い込まれていった。1点を返してから僅か5分後に素晴らしいFKで同点に追いつくことが出来た。

同点に追いついたことでジュビロの攻撃がさらに活発となる。

後半24分 左サイドから高橋がクロスを供給する。川又がDFを背にしながらシュートを放とうとするが、足に上手く当たらず力のないシュートとなってしまう。その後、札幌が1枚目の選手交代を行う。金園に代えて内村を投入する。

後半29分 味方からのパスを受けた小川航基が鋭いターンで相手を交わしてドリブルでPA手前まで持っていき、シュートを放つ。しかし、DFに当たってCKとなる。

後半37分 都倉に代えて小野を投入する。後半は劣勢となっている札幌だが、小野の投入で流れを変えたいところ。
中央でボールを受けた川辺が左サイドの松浦へパス。切り替えして相手を交わしてドリブルでPA内に進入し、シュートを放つが相手DFにブロックされてしまう。

後半38分 名波監督が最後の交代カードを切る。宮崎に代えてアダイウトンを投入する。ここの時間に縦への突破力があるアダイウトンはかなり脅威になるはず。

後半39分 ジュビロに最大のチャンスが訪れる松浦からのパスを受けた川又がPA前でボールをキープして左足で背後の小川航基へパス。フリーでシュートを放つがボールはクロスバーを直撃してしまう。

後半のアディショナルタイムは4分

どちらのチームも最後まで勝ち点3を目指して攻めたが、決定機を作ることが出来ずに試合は2対2のドローで終了する。

後半総括

前半に2失点を喫したため、何としても早めに1点を返したかったジュビロとしては後半15分20分に得点を奪えたのは最高の結果だったのではないでしょうか。
札幌の足が少し止まり気味だったのか、松浦と川辺の2人がフリーでボールを受けるシーンが多くなっていました。中村が居ない分、川辺が攻撃の起点となりよくチャンスを作れていたと思います。前半は中々前を向いてボールを受けることがありませんでしたが、後半は前を向いてボールを受けれている分余裕を持ってパスを出せていました。
後半からは川又と小川航基の2トップの形に変更しましたが、これが上手く嵌りました。小川航基が川又を素早くフォローすることで、川又がポストとなって落としたボールを拾ってシュートを打つなどのチャンスを作れていましたね。
小川航基は体も強く、鋭いターンで相手を抜くなど随所に光るプレーをしていました。後半39分に放ったシュートがゴールに突き刺さっていれば最高だったのですが、リーグ戦初ゴールは次に期待したいですね。
前半の内に2失点した時はどうなることかと思いましたが、諦めることなく同点に追いつけたのは昨年までのチームと違い成長しているなと実感ができる出来事でした。

3連勝は逃してしまいましたが、川又と小川航基の2トップが機能することが判る等、大きな収穫を得られた試合になりました。

好調な状態を維持して勝ち点をどんどんと積み上げて行きたいですね。

 

にほんブログ村に参加していますので、バナークリック応援をお願いします。

にほんブログ村 サッカーブログへにほんブログ村

にほんブログ村 サッカーブログ ジュビロ磐田へにほんブログ村

ジュビロ磐田ランキング

関連コンテンツ

サイドバー改

サイドバー改

-ジュビロ磐田

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

【スカサカ】”今まさに聞く”で名波監督が話したことをまとめてみた

スカパーで毎週金曜日21時にから放送されている『スカサカ!ライブ』で、鹿島アントラーズに所属していた岩政大樹氏が話を聞きたい人に会いに行く”今まさに聞く”という企画があるのですが、昨日の放送にジュビロ …

ジュビロは甲府と引分けて2戦連続のドローその2

前半戦はジュビロは甲府と引分けて2戦連続のドローその1をご参照下さい。 それでは、後半戦を振り返っていきましょう。 スポンサーリンク 後半戦の振り返り ジュビロは後半頭から松浦に代えて小川航基を投入す …

中村俊輔がCKで重視する”見る”という考え方が興味深い

試合が終わった翌日は、ジュビロ関連の試合記事を中心に捜して読むのですが、その中で面白い記事を見つけました。 その記事はこちら「蹴る瞬間まで…」名手・中村俊輔がCKで重視すること 今シーズンのジュビロは …

名波監督が語った静岡ダービーへの熱い想いに共感する。

サッカー関連の記事を色々とネットサーフィンで探しているとこんな記事に出会いました。 「じゃんけんでも負けたくない」磐田・名波監督が静岡ダービーに闘志を燃やす理由とは 静岡ダービーについての質問に名波監 …

【J1第6節】冬が終わりを告げ、ようやく訪れた春!敵地で嬉しい今季初勝利を手にする

開幕から5試合を終えて3分2敗と勝利の無かったジュビロ磐田は敵地に乗り込んで、2連勝中と好調を維持している湘南ベルマーレと戦いました。 何としても初勝利をあげたいジュビロの前に立ちはだかったのは、“湘 …

管理人のまー太郎です。

このサイトでは、ジュビロ磐田関連のニュースや趣味(旅行、食べ物など)について書き綴っていきたいと思います。
マイペースに更新をしていきますので、お付き合い頂けると嬉しいです。

【好きなサッカー選手】
ジュビロなら小川航基、中村俊輔、川又堅碁
海外なら本田圭佑
その他は鈴木隆行

【趣味】
サッカー観戦、その他スポーツのTV観戦、
映画鑑賞、寺社仏閣巡り等

2019年11月
« 5月  
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930