前半2失点の磐田、後半に追いつき札幌とドローその1
54318773 - the imaginary soccer stadium is modeled and rendered.
スポンサーリンク

公式戦3連勝(ルヴァン杯含む)で試合を迎えたジュビロ、前節の王者鹿島アントラーズとの試合をを完封勝利で飾り、3バックシステムに対して更に自信が持てるようになっていると思います。
公式サイトによると本日はGW初日ということもあり、チケットは完売したそうです。大勢のサポーターの前でJ1復帰後初のリーグ戦3連勝を達成したいですね。

それでは試合を振り返っていきましょう。

スポンサーリンク

試合のフォーメーション

ジュビロは今日も3バックの【3-4-2-1】を採用。今週金曜日の練習で腰を痛めた中村左太ももに張りがある森下欠場したため、アントラーズ戦からメンバーが一部変わっています。中村に代わり松本が今季リーグ戦初先発を飾りました。また、森下に代わり小川大貴が右サイドで5試合ぶりの出場。左サイドには前節まで右サイドに入っていた高橋が入ります。

中村と森下が欠場となりますので、以下の点が大事になってきます。

・中村がいない中で、どのように攻撃を組み立てていくか
・代わりに入る小川大貴が大井、宮崎と上手くコミュニケーションをとって守備を構築できるか

一方の札幌は【3-5-2】を採用。2トップには都倉と元ジュビロの金園が入ります。エースの都倉を中心に攻めて来ることが予想されますので、何としても都倉を抑えたいところです。
また、先発11人の内9人が180cm以上と大型の選手が多いのも特徴です。

スポンサーリンク

前半戦の振り返り

前半3分 札幌が開始直後に先制点を挙げる。宮澤が放ったシュートを川又がヘッドでクリアするが、こぼれ球を福森が拾って中へ柔らかいクロスを供給する。エリア内に残っていた横山が右足アウトサイドで蹴ったボールがゴールへと吸い込まれた。
ジュビロは前半開始直後に先制点を奪われる苦しい展開となってしまう。

前半5分 ジュビロにアクシデントが発生する。都倉と左サイドのゴールライン手前で、都倉と競り合いながら走っていた山本が右足首を痛めてしまう。前半6分に上田が交代で出場する。前節に続き、アクシデントで最初の選手交代を行うこととなってしまった。

前半7分 敵陣のハーフウェイライン付近で獲得したFKを上田が蹴って、宮崎へパス。左サイドから中の川又目掛けてクロスを供給するが、DFにクリアされてしまう。

前半11分 右サイドのPA手前から上田が小川大貴へパス。ドリブルでエリア内に進入してクロスを供給しようとするが相手にクリアされてしまう。

前半13分 自陣で川又が相手からボールを奪い、ドリブルで右サイドを駆け上がる。PA手前で中に走ってきていた松本へパスを出すが相手に当たってしまう。

前半15分 松浦からのスルーパスに反応した小川大貴がPA右から中へクロスを供給するも相手に当たってしまう。このシーン、小川大貴はスルーパスをワントラップして中へ進入を試みるが、中には川又も走りこんでいたため、ダイレクトで折り返しても面白かったのではないだろうか。

前半16分 札幌に追加点を奪われてしまう。都倉が右サイドの早坂へパス。右サイド深くから左足でクロスを中へ供給し、後ろから走り込んで来た都倉がフリーでヘディングシュートを放つとゴール右へ吸い込まれた。
前節とは真逆の展開となり、前半のうちに2失点を喫してしまったジュビロ。ちなみに前半のうちに2失点をするのは今シーズン初

前半20分 PA手前左側で川又が倒されてFKを獲得。上田が蹴るが相手にクリアされてしまう。

前半33分 PA手前左側で川又が相手DFを背中にしながら左サイドの味方へパス。クロスを中へ供給するが相手DFにクリアされてしまう。

前半38分 ジュビロが大ピンチを迎える。札幌が自陣深くから前線へロングフィード。八田が反応して前に飛び出すが、手前で跳ねたボールが頭上を越えてしまう。そのボールに金園が反応してゴールライン手前でシュートを放つが、ゴールポスト左に直撃して事なきをえる。

前半39分 名波監督が選手交代を決断する。松本に代えて小川航基を投入する。前半から出場するのは今季初めて

前半43分 松浦からのパスに反応した小川航基がいい抜け出しでパスを受ける。ドリブルでPA内に進入してクロスを供給するが、相手DFに当たりCKとなる。上田のCKを小川航基が頭で合わせる。相手DFに当たったボールをクソンユンがキャッチしようとするが、上手くキャッチ出来ない。ゴール前で混戦となりゴールへ押し込もうとするが相手DFにクリアされてしまう。

前半のアディショナルタイムは3分。

前半45+2分 小川航基がPA手前で粘ってボールをキープしてシュートを放つが枠を外れる。

0対2の札幌リードで前半終了。

前半総括

前半20分までに2失点を喫するなど、前節のアントラーズ戦とは真逆の展開となってしまった。札幌攻撃陣の勢いに飲まれてしまい、球際と対人戦に強く行けなかったのが響いた。
攻撃面ではサイド攻撃を中心にしてクロスを供給していたが、180cm以上の選手が多い札幌DFにクリアされることが多く、あまりチャンスには繋がらなかった。サイドだけではなく中央を突破して攻める展開を後半に試したいところ。
2点を早々に奪われてしまったが、名波監督は前半の内に小川航基を投入するなど積極的に攻撃のてこ入れを行って諦めない姿勢を示した。
札幌はボランチが2人とも攻めあがっているため、3バックとの間にスペースが出来る。後半はそこを上手く攻めていきたいところだ。

後半戦の振り返りはこちらをご参照下さい。

 

にほんブログ村に参加していますので、バナークリック応援をお願いします。

にほんブログ村 サッカーブログへにほんブログ村

にほんブログ村 サッカーブログ ジュビロ磐田へにほんブログ村

ジュビロ磐田ランキング

スポンサーリンク
おすすめの記事