ジュビロ磐田を京都から応援

ジュビロ磐田を中心にJリーグ・海外サッカー、趣味などを幅広くお届け

ジュビロ磐田

【J1第31節】スタジアムに鳴り響く歓喜の歌声!ジュビロ磐田がホームで劇的な逆転勝利を手にする

投稿日:

残留へ一歩でも近づくためには負けられないジュビロ磐田は、ホームに優勝争いをしている2位広島を迎えました。

“残留争い”“優勝争い”、立場は違えど目的を達成するにはどちらも勝ち点3が必要な負けられない戦いは、誰もが予想しえなかったであろう劇的な結末を迎えました。

スポンサーリンク

試合のフォーメーション

ジュビロは【3-5-2】のフォーメーションを採用。

GKカミンスキー、最終ラインは右から大南、大井、高橋。ボランチは田口、上原、右ワイドに小川大貴、左に宮崎。2シャドーの右に松浦、左に山田が入り、1トップは川又。

広島はいつもと同じ【4-4-2】を採用。

GKは林、最終ラインは右から和田、野上、水本、佐々木。中盤は右から川辺、柴崎、稲垣、柏。2トップはパトリックとティーラシンが務める。

関連記事:目指せホーム2連勝!広島に勝って残留争いから抜け出そう

試合の総括

どちらが先制点を奪って試合の主導権を握るかに注目していましたが、お互いに攻め手を欠いていて前半は無得点で終わるのではないかという雰囲気でした。

ゴールが生まれるとしたらセットプレーかな?と考えていたら31分に広島がセットプレーから先制点を挙げました。

右CKを野上がさわってコースを変えるとボールはファーサイドのティーラシンへ。ヘディングをゴールに突き刺す。

それまで大きなピンチを作られることもなく30分以上の時間が過ぎていただけに勿体ない失点でした。

前半のうちに反撃に出たいところですが、ボールを奪ってからのパスの質が悪く、攻めきることが出来ず、エリア内にほとんど侵入すること出来ませんでした。

見せ場をほぼ作ることが出来ないまま前半を折り返します。

ジュビロは後半48分に小川大貴を下げて小川航基を投入してシステムを【4-4-2】へ変更。

後半開始直後から60分頃までは広島ペースで試合が進みました。特に右サイドを中心に攻撃を展開され、川辺がハーフスペースを上手く使ってシュートを放つなど危険なシーンを作られることが多くなります。

すると、59分に追加点を奪われます。

パトリックが右サイド深くまでドリブル侵入して折り返すと、ハーフスペースへ上手く入り込んでいた川辺がフリーで受けて柏にパス。ワンタッチでファーポスト付近のティーラシンに繋ぐと、トラップから冷静にフリーで走り込んできた和田へラストパスを供給。シュートがゴールへと吸い込まれる。

似たようなシチュエーションを何度も作られた中での失点であり、カバーすべきところを開けたままにしていてはやられても仕方がないと言えます。

2失点目を喫した直後、負けられないジュビロは【3-5-2】へ変更。

2点のビハインドと窮地に陥ったチームを救ったのは“エースの川又”でした。

65分、山田が蹴った右CKを広島DF水本がお腹でトラップしますが、ボールは流れてしまう。それを見逃さなかった川又がゴール右隅へ突き刺さるシュートを決め、1点を返すことに成功。

エースが決めたゴールを境に試合の流れはジュビロに傾いていきます。

このままの勢いで同点に追い付きたいところでしたが、69分に川又が右太腿裏を痛めるアクシデントが発生、交代を余儀なくされる。

櫻内が交代で投入され、右ワイドの荒木が2シャドーの一角へ、櫻内が右ワイドを務めて、1トップに小川航基が入る形へフォーメーションを変更。

流れが悪くなるかと思われましたが、前半はほとんど拾えなかったセカンドボールを上手く回収。また、高い位置でボールを奪えるようになり、波状攻撃を仕掛けれるようになっていきます。

パスが繋がり、相手に揺さぶりを掛けれるようになると欲しかった同点ゴールが生まれる!

80分、ドリブルでエリア内に侵入した荒木は、エリアの外でフリーになっていた田口にパス。しっかりとボールを捉えることができずにミスキックとなったシュートは、ファーポスト付近にいた櫻内へ渡る。迷わず振り抜かれた右足から放たれたダイレクトボレーシュートがゴール右に突き刺さり同点に追い付く。

思わぬ形で追い付くことに成功したジュビロは逆転のゴールを狙うべく、攻勢を仕掛けていく。

90+3分、右サイド深くから荒木が山田にパス。体勢を崩しながら左足で合わせるもポスト直撃。

このまま試合終了かと思われましたが、ラストワンプレーの右CKからドラマが生まれました。

90+6分、エリア内で競り合った際にベリーシャの腕が高橋の顔に入ると、西村主審はペナルティスポットを指差す。

PKを獲得した高橋がキッカー務めると主張するが、ボールをガッチリと抱えた小川航基が強い意志を示してキッカーを直訴。すると高橋は小川にキッカー譲る。

ゆっくりとペナルティスポットにボールをセット。小川のシュートはゴール右に吸い込まれていき、ジュビロが逆転に成功。

ゴールが決まったと同時に試合終了のホイッスルが鳴り響き、ホームで劇的な逆転勝利を手にした。

最後に

相手に2点リードを許して絶対絶命かと思われましたが、エースのゴールから反撃を開始して劇的な逆転勝利を手にすることが出来ました。

現地で観戦していましたが、1点を返してからのスタジアムの雰囲気が変わって声援の量がかなり増えたように感じましたね。

この勝利によって勝ち点が40の大台に乗りました。残り3試合ありますが、次も勝って残留を決めたいですね。

にほんブログ村に参加していますので、バナークリック応援をお願いします。

にほんブログ村 サッカーブログへにほんブログ村

にほんブログ村 サッカーブログ ジュビロ磐田へにほんブログ村

ジュビロ磐田ランキング

関連コンテンツ

サイドバー改

サイドバー改

-ジュビロ磐田

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ミスから先制を許したジュビロ磐田は、決定機を決めきれず、ガンバ大阪に完封負けを喫する

J1第7節が昨日開催され、ジュビロ磐田はアウェイでガンバ大阪と対戦しました。 勝ち点8で8チームが並んでいる状況から抜け出すためにも、最下位と苦しんでいるガンバ大阪に勝って勝ち点3を手にしたいところ。 …

前半2失点の磐田、後半に追いつき札幌とドローその1

公式戦3連勝(ルヴァン杯含む)で試合を迎えたジュビロ、前節の王者鹿島アントラーズとの試合をを完封勝利で飾り、3バックシステムに対して更に自信が持てるようになっていると思います。 公式サイトによると本日 …

【ジュビロ磐田】川又堅碁が日本代表に追加召集される。やっぱり応援してるチームから代表が出るのは嬉しいね!

昨日ネットでサッカー関連の記事を見ていたら、日本代表に川又を追加召集という記事を発見。 嬉しさのあまり、すぐさま記事を確認しました。(笑) 記事によるとセレッソ大阪の杉本が負傷した影響で、追加召集され …

磐田は川又の2ゴール、1アシストでガンバ大阪に快勝その2

前半戦の振り返りは『磐田は川又の2ゴール、1アシストでガンバ大阪に快勝その1』をご参照下さい。 ガンバは後半頭から選手を2枚交代する。赤崎に代えてアデミウソン、オ ジェソクに代えて初瀬を投入する。 磐 …

【J1第26節】ジュビロ磐田はホームで浦和レッズと対戦!当日は台風の接近が心配だ

前節は、アウェイで北海道コンサドーレ札幌と対戦しました。PKで先制したものの、何時ものような運動量が見られず、札幌に2ゴールを許して、逆転負けを喫しました。試合を通して攻撃と守備がチグハグしており、何 …

管理人のまー太郎です。

このサイトでは、ジュビロ磐田関連のニュースや趣味(旅行、食べ物など)について書き綴っていきたいと思います。
マイペースに更新をしていきますので、お付き合い頂けると嬉しいです。

【好きなサッカー選手】
ジュビロなら小川航基、中村俊輔、川又堅碁
海外なら本田圭佑
その他は鈴木隆行

【趣味】
サッカー観戦、その他スポーツのTV観戦、
映画鑑賞、寺社仏閣巡り等

2019年11月
« 5月  
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930