ジュビロ磐田を京都から応援

ジュビロ磐田を中心にJリーグ・海外サッカー、趣味などを幅広くお届け

ジュビロ磐田

【混沌】先制を許して敗戦したジュビロは、残留争いの中心へと誘われる

投稿日:

例年以上に混沌とした残留争いの渦に巻き込まれているジュビロ磐田は、ホームで残留争いのライバルである15位の横浜F・マリノスと対戦しました。

降格圏の17位と勝ち点差が4しかない状況で迎えた大事なホームゲームで、名波監督は合言葉として“公式戦3連勝”を掲げて戦いに挑みました。

スポンサーリンク

試合のフォーメーション

ジュビロは前節からメンバーの変更は無く、フォーメーションは【3-5-2】を採用。2トップには大久保と小川航基が入り、トップ下には中村俊輔が入った。新加入のエレンが初めてのベンチ入りを果たした。

マリノスは【4-3-3】のフォーメーションを採用。

試合の総括

負けられない戦いで硬さが見られたジュビロは、自分達のミスから試合開始8分という早い時間帯に先制点を奪わる苦しい展開になってしまう。

宮崎のパスミスが失点を招いたわけですが、あの場面では急いで攻撃を組立てる必要がなかっただけに勿体無いと言わざるを得ません。そして、今季何度もやられている形で失点したのは残念です。

同点ゴールを早く決めたいジュビロは、相手の激しいプレスに晒されてパスを上手くつなぐことが出来ず、エリア外からシュートを放つのが精一杯でした。前半で一番惜しかったのは、19分に大久保のパスを受けて山田がフリーで放ったシュートのみ。

この試合に限らず、「自陣深くに守備ブロックを敷くのか、それとも高いラインからボールを奪いに行くのかが曖昧になっている」ので、前半は相手にかなり自由を与えてしまいました。一方、攻撃を組立てようにも相手の激しいプレスに苦しみ、効果的に攻めを組立てることが出来ない苦しい展開に陥ります。

前線の小川航基は相手の背後を狙う動きを何度か見せていましたが、ほとんどボールが来ることは無く、魅せ場を作ることはできませんでした。

後半に入ると流れを変えるために、名波監督は川又と新加入のエレンをピッチへと送り出します。すると、65分頃からジュビロペースで試合が進み始めます。前半に激しくプレスを掛けていた分、マリノスの運動量が落ちて中盤での自由を手にすると中村が効果的にサイドチェンジを使って相手を揺さぶりを掛けます。そして、68分に待望の同点ゴールが生まれました。

中央の中村が右サイドへ大きくサイドチェンジすると、櫻内がボールをキープしてクロスを供給。左サイドから川又がエリア内に侵入して相手と競り合いながらヘディングシュートを放って同点に追いつく。川又にとっては自身のJ1出場200試合を祝うメモリアルゴールになりました。

同点に追い付き自信を取り戻したジュビロは、ここから怒涛の攻めをみせると、74分には山田とのパス交換で大久保がGK飯倉と1対1の状況を作り出すも、相手のファインセーブにあってゴールを決めることが出来ませんでした。

ビックチャンスを決めきれずにいると、試合の流れが徐々にマリノスへと傾いていきます。

86分にドゥシャンからパスを受けた山中が迷い無く、ミドルシュートを放つと打ってくるとは思わなかったのか、カミンスキーの反応が少し遅れてしまい、ゴール右隅に逆転ゴールを決められてしまう。

試合はこのまま1対2で終了し、ジュビロにとっては痛すぎる敗戦となりました。

最後に

降格圏の17位ガンバ大阪とは勝ち点3の差しかない厳しい状況で残り7試合を戦うことになりました。

次は天皇杯のコンサドーレ札幌戦を戦うわけですが、タイトルを目指して戦うよりも残留することに全精力を傾けなければ行けないところまで追い込まれています。

リーグ戦の日程を見ると、残留争いのライバルである湘南、清水、長崎との3連戦が予定されており、ジュビロにとっては正念場が続きます。“この3試合でどれだけ勝ち点を稼ぐことが出来るかによって残留できるかどうかが決まる”と言っても過言ではありません。残り4試合は上位チームの広島、東京、札幌、川崎との試合が残っているので、そこに行くまでに勝ち点を積み上げておきたいところ。

勝ち点を積み上げるためには、守備の改善と不用意なパスミスの撲滅が必要です。

Forza ジュビロ磐田、ホームで勝利を手にしよう!

にほんブログ村に参加していますので、宜しければバーナーの応援のためにクリックをお願いします。

にほんブログ村 サッカーブログへにほんブログ村

にほんブログ村 サッカーブログ ジュビロ磐田へにほんブログ村

ジュビロ磐田ランキング

関連コンテンツ

サイドバー改

サイドバー改

-ジュビロ磐田

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

【J1第12節】アウェイで横浜F・マリノスに快勝!しかし、退場劇の影響で後味の悪い勝利となったのは残念

ジュビロ磐田は、アウェイで横浜F・マリノスと対戦しました。 リーグ5連戦も気がつけば、4戦目に突入し、戦績は1勝1分1敗となっています。前節のセレッソ大阪戦は、不可解な判定の影響もあり、勝ちきることが …

久しぶりに4バックを試したジュビロ、ミスが目立ちFC東京とドロー その2

後半開始直後はお互いにメンバーの交代は無し。FC東京にピッチを広く使って攻められているので、パスの出し手へもう少しプレッシャーを掛けて相手に自由にパスを回されないように注意。攻撃面では両サイドの櫻内、 …

【最終節観戦記】今年最後のヤマハスタジアムでの観戦、やっぱりスタジアムで見ると一味違うね

12月2日に各地で開催されたJ1最終節の「ジュビロ磐田対鹿島アントラーズ戦」を現地で観戦してきました。 浜松からヤマハスタジアムまでは車で移動。車は開放されているジュビロの駐車場(料金1,000円)に …

【J1第21節】アウェイのヴィッセル神戸戦を現地観戦予定

前節のベガルタ仙台戦は先制される苦しい展開でしたが、前半の内に川又のゴールで同点に追いつき、再逆転された後に中野のプロ初ゴール、そして大井が2戦連続のゴールを決めて見事に逆転勝ちを収めました。 リーグ …

【ジュビロ磐田】頼れるキャプテンの大井が肉離れのため、3~4週間の離脱。これはかなり痛い

ジュビロ磐田は、21日のトレーニング中に負傷した大井の怪我について、以下の発表を行いました。 『右半膜様筋肉離れ』で、トレーニング合流まで3~4週間程度を要する。 大井は今季リーグ戦全試合でフル出場し …

管理人のまー太郎です。

このサイトでは、ジュビロ磐田関連のニュースや趣味(旅行、食べ物など)について書き綴っていきたいと思います。
マイペースに更新をしていきますので、お付き合い頂けると嬉しいです。

【好きなサッカー選手】
ジュビロなら小川航基、中村俊輔、川又堅碁
海外なら本田圭佑
その他は鈴木隆行

【趣味】
サッカー観戦、その他スポーツのTV観戦、
映画鑑賞、寺社仏閣巡り等

2019年7月
« 5月  
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031