【J1第7節】ガンバ大阪対ジュビロ磐田戦の展望を考える
9658139 - corner flag with ball on a soccer field
スポンサーリンク

J1第7節のガンバ大阪戦がアウェイのパナソニックスタジアム吹田で開催されます。

ジュビロは2勝2敗2分の勝ち点8で14位。下位に沈んでいますが、8チームが勝ち点8で並んでいる混戦状態になっていますので、1つ勝てば順位を大きく上げることが可能です。

一方のガンバ大阪は5敗1分の勝ち点1で最下位。ルヴァンカップでは勝利をあげていますが、リーグ戦でも早く初勝利を手にしたいところです。

昨シーズンは、2戦2勝とガンバ大阪に勝ち越していますが、油断することなく勝ち点3を持ち帰りたいですね。

スポンサーリンク

予想フォーメーション

前節から今週末のサガン鳥栖戦まで、リーグ戦が3試合続きますが、メンバーの大幅な変更はないと考えます。

フォーメーションは【3-4-2-1】を採用すると予想。

GKはカミンスキー、3バックは右から高橋、大井、新里。ボランチは田口と上原、右ワイドに櫻内、左にギレルメ。2シャドーは中村俊輔、山田。1トップに川又を予想ました。

悩んだのは左ワイドに誰を使うかでした。

ギレルメがスタメンで出場すると3試合連続になるので、宮崎が代わりに先発するかも?と考えたのですが、ギレルメの突破力は武器になるので、今回もギレルメを先発に予想してみました。

スポンサーリンク

試合の展望

ガンバ大阪がヴィッセル神戸と戦った試合をDAZNで観ましたが、前線から激しくプレッシャーを掛けてくることはあまりなく、一歩引いた形でラインを作って受ける守備をしていました。

相手が攻めてくるとズルズルと最終ラインが下がっていき、自陣深くまで相手に攻められる回数が多かったのも印象的でした。

相手が前からプレッシャーをあまり掛けてこないのであれば、"前選択を増やして、相手を釘付けにする"という作戦が取りやすいのかなと思います。

ガンバ大阪はDF同士の間隔が広いので、空いているスペースに上手く入っていき、裏へ抜け出した味方にパスを繋いで最終ラインを突破していきたいところ。

相手の最終ラインはズルズルと下がることが多いので、清水戦のように単調なクロスを供給するのではなく、川又を囮にして相手DFを引き付け、エリア手前の空いたスペースに2列目の中村俊輔や山田が走り込んでゴールを狙う攻めを見せてほしいですね。

2列目からの飛び出しを意識させることができれば、川又へのマークが緩くなることになりますので、得点を奪うチャンスが増えると思います。

清水戦の後半に見せたような展開を前半から作ってゴールを奪いたいところです。

ガンバ大阪で警戒した方がいいのは、右サイドから攻めてくるファン・ウィジョです。多少無理な位置からでも貪欲にゴールを狙ってきますので、注意が必要です。

最後に

最下位に沈んでるとはいえ、ガンバ大阪には良い選手が沢山いますので、侮ることはできません。シーズン最初よりもやりたいサッカーが出来るようになってきており、1つのゴールが生まれれば劇的に変わる可能性があります。

そうさせないためにも、ジュビロの守備陣にはゼロに抑える時間を長くしてもらい、こちらが先制点を取って主導権を握れる展開にしたいですね。

混戦状態の中位集団から抜け出すためには勝ち点3が是が非でもほしい!

Forza ジュビロ磐田

にほんブログ村に参加していますので、バナークリック応援をお願いします。

にほんブログ村 サッカーブログへにほんブログ村

にほんブログ村 サッカーブログ ジュビロ磐田へにほんブログ村

ジュビロ磐田ランキング

スポンサーリンク
おすすめの記事