ジュビロ磐田を京都から応援

ジュビロ磐田を中心にJリーグ・海外サッカー、趣味などを幅広くお届け

ジュビロ磐田

現地観戦したジュビロ磐田VS川崎フロンターレ戦の感想

投稿日:2018年2月26日 更新日:

エコパスタジアムで開催された『ジュビロ磐田VS川崎フロンターレ戦』を現地観戦してきましたので、試合を見て感じたことを書いていきたいと思います。

ジュビロにとっては今季初の公式戦となりますが、対戦相手の川崎は既に3試合を戦っており、中4日で開幕戦を迎えます。

チーム全体の試合感がどうかというのも気になるところです。

スポンサーリンク

試合のフォーメーション

ジュビロは昨年の主戦システムである【3-4-2-1】を採用。GKはカミンスキー、最終ラインは右から高橋、大井、森下。ボランチに山田、ムサエフ。両サイドは櫻内、ギレルメ。2シャドーに中村俊輔、アダイウトン。1トップに川又という並び。

先発を見て驚いたのは、山田がボランチのポジションに入っていることでした。確かにドイツではボランチとしてプレーしていましたが、2列目で使うものだとばかり思っていました。

新加入メンバーで先発に名前を連ねたのは左ウイングのギレルメのみ。田口がボランチで先発するかと思いましたが、ベンチスタートでした。

川崎は【4-2-3-1】を採用。GKはチョン・ソンリョン、最終ラインは右からエウシーニョ、谷口、エドゥアルド。2列目に知念、中村憲剛、家長。1トップに小林。

試合の感想

この試合を観戦していて良かった点、悪かった点は以下の通り。

良かった点
・サイドからあがるクロスの本数が増えた
・ボールを持って縦に仕掛けれる選手が増え、スペースを自分達で作れるようになった
・システムを【4ー2ー3ー1】に変更してから攻撃にリズムが出た
・田口と山田の2人がある程度攻めのイメージを共有できていた

悪かった点
・チーム全体でミスが多かった
・ボールを貰っても前を向いてプレーすることができなかった
・セカンドボールが全く拾えなかった
・シュートを決め切れなかった
・川又が孤立気味で良い形でボールが入らなかった
・ギレルメの帰陣スピードが遅い(特に前半)

さて、最初に良かった点と悪かった点を書き出しましたが、前半と後半では全く違うチームでした。

前半は中盤にスペースが空きすぎていたため、ボールをカットしても相手にセカンドボールをことごとく拾われる厳しい展開。

相手がボールホルダーに素早くプレッシャーを掛けてきたため、パスを慌てて出して引っ掻けることが多く、相手に奪われてピンチを招くというシーンが良く見られましたね。

最初の20分位は完全に川崎ペースで試合が進んでいました。

その後、ジュビロも反撃に出で惜しいシーンを3度作ったのですが、最後の精度が甘くゴールを決めきれずにいると、川崎があれよあれよという間に3点を奪います。

1失点目は守備のミスから、2点目と3点目はセットプレーから奪われました。前半だけで3失点したのはいつ振りでしょう。

チーム全体が浮き足立っていて上手く対応出来ていない印象を持ちました。特にジュビロの心臓部のボランチで先発した山田は存在感がほぼ消えており、持ち味を発揮することが全く出来ていなかったように思います。キャプテンの大井や高橋といった最終ラインのメンバーにもいつもならしないようなミスが目立っていたように思います。

その他に気になった点としては、左ウイングで先発したギレルメの”帰陣スピードが遅い”ことです。逆サイドの櫻内は最終ライン付近まで戻っているのに何故かギレルメのゆっくりと走って最終ライン付近に戻って行きます。攻撃は良いものを持っているので、守備意識をもう少し改善してほしいですね。

前半の悪い流れを変えるため、名波監督は後半頭から交代カードを1枚使います。森下に代えて松本を投入。松本は最終ラインの右に入りました。

後半も川崎ペースで進んでいきますが、流れが変わりだしたのは、田口を投入してシステムを【4-2-3-1】へ変更してからでした。

田口がボランチの位置に入ったことで山田が本来の2列目へポジションチェンジ。すると、山田が攻撃に顔を出すシーンが増えてきて惜しいシュートを何本か放つなど、存在感を発揮します。

田口とギレルメの2人は縦に仕掛ける意識が強く、相手がそれに引き摺られる形になるため、スペースが出来て中盤でパスが通るようになりました。また、前半よりも選手間の距離が広くなって動きやすくなったというのもあると思います。

良い形でフィニッシュまで持っていきましたが、最後まで相手ゴールをこじ開けることは出来ませんでした。1点を返して終わるのと無得点で終わるのでは全く違うものなので、ゴールを奪えなかったことは残念でした。

最後に

開幕戦で0対3の敗戦を喫することが出来て良かったとポジティブに考えましょう。

チームを改善していくための問題点を多く知ることができたので、この問題点を次の試合までに改善することが大事です。名波監督は修正力がある監督なので、上手く対応してくれると思います。

ジュビロ磐田はまだまだ”チャレンジャー”なので、一歩ずつ着実に前へ進んで行きましょう。

シーズンは始まったばかり、今年も長い目でチームの成長を見守りたいと思います。

にほんブログ村に参加していますので、バナークリック応援をお願いします。

にほんブログ村 サッカーブログへにほんブログ村

にほんブログ村 サッカーブログ ジュビロ磐田へにほんブログ村

ジュビロ磐田ランキング

関連コンテンツ

サイドバー改

サイドバー改

-ジュビロ磐田

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

【J1第2節】アウェイでの勝ち点3は次回にお預け!最終局面でもう一工夫が欲しいところ

開幕戦で松本山雅と戦ったジュビロは、先制点を奪われるも途中出場した川又がヘディングで同点ゴールを奪って勝ち点1を手にすることに成功。勝つことは出来ませんでしたが、早い時簡に失点しても同点に追いつくこと …

J1は残り3試合、4チームがACL出場圏の3位を激しく争う展開に

インターナショナルマッチウィークの影響で前節(10/29)から2週間の中断期間を挟んだJ1ですが、今週末にリーグ戦が再開されます。 早いもので2月末に開幕したリーグ戦も残り3試合。いつの間にやら11月 …

【ジュビロ磐田】守備に課題が出て広島に敗れて7連勝を逃す その1

リーグ戦6連勝と好調を維持した状態で迎えたホームのサンフレッチェ広島戦。ポーランド2部へ移籍を発表した松井大輔を笑顔で送り出すためにも勝利が求められる試合。名波監督は『勝って送り出す。これは7連勝以上 …

ジュビロ磐田が前半戦好調だった要因をインタビュー記事から読み取ってみる

web sportivaの『ホームで強いジュビロ磐田。名波監督に聞くと「俊輔効果」と答えた。』という記事がインターネットで公開されていました。その記事を読んでいくと今季ここまでジュビロ磐田が好調を維持 …

磐田がFC東京に2対0の完封勝ち、J1で5年ぶりの3連勝を達成する!その1

ガンバ大阪と浦和レッズに勝利し、リーグ戦2連勝と好調を維持している磐田。水曜日に開催された天皇杯では120分間で決着が付かず、PK戦の末に勝利を収めました。5月の不調が嘘のだったかの様に6月は勝利を重 …

管理人のまー太郎です。

このサイトでは、ジュビロ磐田関連のニュースや趣味(旅行、食べ物など)について書き綴っていきたいと思います。
マイペースに更新をしていきますので、お付き合い頂けると嬉しいです。

【好きなサッカー選手】
ジュビロなら小川航基、中村俊輔、川又堅碁
海外なら本田圭佑
その他は鈴木隆行

【趣味】
サッカー観戦、その他スポーツのTV観戦、
映画鑑賞、寺社仏閣巡り等

2019年10月
« 5月  
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031