ジュビロ磐田を京都から応援

ジュビロ磐田を中心にJリーグ・海外サッカー、趣味などを幅広くお届け

ジュビロ磐田

【ジュビロ磐田】新潟に終始リードを許すがアダイウトンの劇的なAT弾でドローに持ち込む その2

投稿日:

後半はお互いに選手交代はなし。前半のアディショナルタイム(AT)に逆転を許すという嫌な流れで前半を終えることになりましたが、ジュビロとしては早い時間に同点に追いつき、3点目を奪ういい流れを作りたいところ。

攻撃の要である川又とアダイウトンを封じられた状況でどうやって攻撃に厚みを持たせるかが重要になってくる。前を向いて攻める状況をつくるためにも中盤で相手からボールを奪いたい。

リードしている新潟のロペス監督は『引いて守るのではなく試合を決めるために次の1点を狙う』と話しており、ジュビロが同点に追いつくチャンスは十分にある。

名波監督のハーフタイムのコメントは2点

・シンプルに前を選択すること
・サイドチェンジのときのスライドを早くすること

前半戦の振り返りは『【ジュビロ磐田】新潟に終始リードを許すがアダイウトンの劇的なAT弾でドローに持ち込む その1』をご参照下さい。

スポンサーリンク

後半戦の振り返り

51分 右サイドから櫻内がクロスを供給。川又が新潟DFと競り合うもクリアされる。こぼれ球に詰めたムサエフがミドルシュートを放つが、シュートは川又に当たってしまい枠を捉えることが出来ない。

ジュビロは後半途中からシステムを4バックへ変更。宮崎がボランチ、川辺がトップ下の位置に入る【4-2-3-1】の形となる。4バックへ変更して攻撃面での打開を図る。

57分 味方からのパスを中央で受けた川辺が左サイドの高橋へパス。ファーサイドへのクロスは長くなってしまい、川又は上手く折り返すことが出来ない。

58分 河田からのパスに反応したホニが右サイドからクロスを供給。小川があわせるがクロスバーの上に外れる。

61分 ゴール正面やや左寄り34mの位置で獲得したフリーキックを中村が蹴って、1点目と同じ様にDFラインとGKの間に落とそうとするが相手にクリアされる。

64分 ジュビロが2枚変えを行う。中村に代えて松浦、ムサエフに変えて山田を投入。

69分 新潟が1枚目の交代カードを切る。伊藤に代えて酒井宣を投入。

松浦と山田を投入し、攻撃のテコ入れを図るが中々シュートまで持ち込む攻撃を作り出すことが出来ない。

75分 河田が自陣でボールを奪うとドリブルで持ち上がり、ホニへパス。ペナルティーエリア内に侵入してシュートを放つが、戻ってきた高橋が対応したため、枠には飛ばない。

76分 ジュビロが最後の交代カードを切る。川辺に代えて上田を投入。

81分 アダイウトンからボールを奪った小泉がホニへパス。ホニから小川へ繋いでミドルシュートを放つがカミンスキーが正面でキャッチ。

84分 上田が左サイドから前線の川又へ浮き球のパスを供給し、落としたところを山田がミドルシュート放つ。しかし、GKにキャッチされる。

85分 新潟が2枚目の交代カードを切る。アダイウトンを徹底マークしていた小泉が足を気にしていたため、矢野を投入。

89分 新潟が最後の交代カードを切る。小川に代えて大野を投入。

ATは少し長めの5分

90+1分 右サイドをドリブルで突破しようとしたホニが倒れてFKを獲得。このプレーで高橋にはイエローカードが出される。
高橋は累積4枚目のイエローとなり、次節の横浜F・マリノス戦は出場停止。

90+3分 左サイドのペナルティーエリア手前で、アダイウトンが磯村に倒されてFKを獲得。

90+4分 ゴール左45度、距離27mという絶好の位置。キッカーの上田が、左足で柔らかな弧を描くクロスを供給すると、アダイウトンが競合いに勝ち強烈なヘディングシュートをゴールへと突き刺す!!

試合はこのまま2対2のドローで終了する。

後半の総括

川又にはソン、アダイウトンには小泉、富澤、ホニというマークが前半同様に付いていて、攻撃に蓋をされる形となったジュビロ。後半途中から3バックではなく4バックの【4-2-3-1】へシステムを変更して攻撃の流れを変えようとしました。

中村とムサエフを早めに下げ、マークがきつい川又とアダイウトンを使った攻めではなく、松浦と山田の2人に飛び出す動きをさせて攻撃を活性化させようという意図があったように思いますが、中々思ったような形でシュートまで持っていくことが出来ずに苦労します。何度か良い崩しでシュートを放ちましたが、GK正面に飛んでしまいゴールを奪うことが出来ず、時間だけが過ぎていく苦しい展開が続きます。

攻めの形を変えたことで、中盤にスペースが出来てしまい、相手を上手くはめることが出来ずにピンチを招くシーンが何度かありました。また、セカンドボールが拾えないので、奪って直ぐに攻撃につなげるという攻め方が出来なかったのもつらいところでした。

得意な攻めの形を封じられたことで、2点目を奪うのにかなり苦労しましたが、今年の大きな得点源であるセットプレーで2点目が奪えたのは良かったですね。上田が蹴った素晴らしいフリーキックにドンピシャで合わせるアダイウトンは流石としか言いようがありません。

この試合で苦労した要因としては、川又とアダイウトンがほぼ完璧に抑えられてしまったということに尽きるのではないでしょうか。この2人を抑えられるとここまで何も出来なくなるとは思っても見ませんでした。こういった展開になったときにはウイングバックやシャドーの選手が相手の裏を狙うなどして打開していく必要がありますが、そのあたりの攻撃の組立が上手くいかないという課題が露呈しましたね。

来季は4バックをもっと成熟させてそのあたりを対応できるようにしたいところです。

さて、最後になりましたが高橋がイエローを貰ったシーンについて触れておきたいと思います。スローで確認するとホニの踵に高橋の足が当たったようにも見えましたが、転倒した大きな要因はホニ自身がボールに乗り上げるなどしてバランスを崩したためではないかと感じました。
ガッツリと接触して転倒させたならイエローでも納得できるのですが、当たったか当たっていないか微妙な判定”でカードが出るのは非常にモヤモヤとしてしまいます。運が悪いことに累積4枚目で、3位争いをしている横浜F・マリノス戦は高橋が使えないという痛手を被ることになりました・・・。

シーズンは残り4試合、強豪との対戦が残っていますが1つでも多く勝利を手にして上を目指して行きたいところです。

Forza ジュビロ!!

にほんブログ村 サッカーブログへにほんブログ村

にほんブログ村 サッカーブログ ジュビロ磐田へにほんブログ村

ジュビロ磐田ランキング

 

 

 

関連コンテンツ

サイドバー改

サイドバー改

-ジュビロ磐田

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

【J1第19節ベストイレブン】ジュビロ磐田から3人が選出される!

J1リーグ第19節の週間ベストイレブンが発表されました。ジュビロ磐田からは最多の3人が選出されました! 選出されたのは、川又、川辺、アダイウトンの攻撃陣3人です。川辺は2得点、川又とアダイウトンは1点 …

【ルヴァンカップ】ヴァンフォーレ甲府戦の2失点目の問題点を考察

ジュビロ磐田は、4月4日に行われたルヴァンカップ第3節ヴァンフォーレ甲府戦で山本、荒木のゴラッソ2ゴールを含む3得点で逆転勝利を収めました。 この試合には勝ちましたが、最終ラインを完璧に崩されて得点を …

【スカサカ】”今まさに聞く”で名波監督が話したことをまとめてみた

スカパーで毎週金曜日21時にから放送されている『スカサカ!ライブ』で、鹿島アントラーズに所属していた岩政大樹氏が話を聞きたい人に会いに行く”今まさに聞く”という企画があるのですが、昨日の放送にジュビロ …

【J1第2節】ジュビロ磐田は名古屋グランパスとアウェイで対戦!

ジュビロ磐田はホームに川崎フロンターレを迎えてJリーグ開幕を迎えました。しかし、守備のミスから前半だけでまさかの3失点を喫する苦しい展開。システムを変更した後半は、攻撃にリズムが出てきましたが相手GK …

【J1第19節】ジュビロ磐田は大井の同点ゴールで何とか敗戦を免れる!

ジュビロ磐田はリーグ戦再開後の3試合全てが引き分けとなっており、中断前を含めると5試合勝利から遠ざかる厳しい状況が続いています。 ここ2試合はシュート数が5本と少なく、シュートを打つところまで持ってい …

管理人のまー太郎です。

このサイトでは、ジュビロ磐田関連のニュースや趣味(旅行、食べ物など)について書き綴っていきたいと思います。
マイペースに更新をしていきますので、お付き合い頂けると嬉しいです。

【好きなサッカー選手】
ジュビロなら小川航基、中村俊輔、川又堅碁
海外なら本田圭佑
その他は鈴木隆行

【趣味】
サッカー観戦、その他スポーツのTV観戦、
映画鑑賞、寺社仏閣巡り等

2019年10月
« 5月  
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031