ジュビロ磐田を京都から応援

ジュビロ磐田を中心にJリーグ・海外サッカー、趣味などを幅広くお届け

ジュビロ磐田

久しぶりに4バックを試したジュビロ、ミスが目立ちFC東京とドロー その2

投稿日:

後半開始直後はお互いにメンバーの交代は無し。FC東京にピッチを広く使って攻められているので、パスの出し手へもう少しプレッシャーを掛けて相手に自由にパスを回されないように注意。攻撃面では両サイドの櫻内、宮崎の2人にボールを回せるようにして、攻撃参加を促し、攻撃の厚みをつけて行きたいところ。

名波監督は後半開始前のインタビューで、『相手の遅功にに対しては、いい守備ができている。1発から永井が裏への抜け出しをしてくるので、それは全力でケアする必要がある。相手のペースに合わせて自分達も攻撃が遅くなっているのでリズムを合わせる必要はないので、違ったテンポを見せたい』と話していました。

自分たちのペースで試合運びを行うためには、セカンドボールを奪ってすぐ相手に取り返されるのではなく、しっかりとキープをすること、パスミスやワンタッチミスなどを極力減らして上手く攻撃のリズムを作る必要があります。選手たちにはそのあたりの意識をしっかりと持って後半に臨んでほしいですね。

前半戦の振り返りは、『久しぶりに4バックを試したジュビロ、ミスが目立ちFC東京とドロー その1』をご参照下さい。

それでは、後半戦を振り返って行きましょう

スポンサーリンク

後半戦の振り返り

48分 丸山のクリアボールに反応した川又が、ペナルティーエリア内でGK林との競合いに勝ち、ヘディングシュートを放つ。しかし、ゴール右へ外れる。

53分 味方からのパスを受けた永井がドリブルで左サイドを駆け上がり、ペナルティーエリア手前からクロスを供給。折り返されたボールを高橋がヘディングでクリア。クリアボールを高萩が胸トラップしてミドルシュートを放つが、枠を捉えれない。

54分 室谷が右サイドからクロスを供給するが、カミンスキーがキャッチ

57分 ジュビロが最初の交代カードを切る。山田に代えて松浦を投入。

しばらくFC東京ペースで攻撃が続き、ジュビロは耐える時間が多くなる。

66分 ジュビロは2枚目の交代カードを切る。川又に代えて齊藤を投入。

68分 敵陣中央で齊藤からのパスを受けたアダイウトンが仕掛けようとするが、トラップが大きくなってしまい相手に奪われる。

70分 FC東京が1枚目の交代カードを切る。永井に代えてウタカを投入。

71分 FC東京は右からのコーナーキックを太田が蹴って、ニアにクロスを供給。味方が頭で合わせて高いボールを上げると、ウタカが合わせてシュートを放つが、枠を捉えれない。

73分 自陣中央から松浦が左サイドのアダイウトンへパス。ドリブルで突破を図るが、徳永が対応してクリア。左コーナーキックを獲得する。

80分 FC東京が2枚目の交代カードを切る。室谷に代えて小川を投入。

81分 最後の交代カードをFC東京が切る。前田に代えて梶山を投入。

86分 川辺が右サイド敵陣深くに走り込んだ櫻内へパスを出すが、パススピードが速かったため櫻内には通らない。

90分 ジュビロは最後の交代カードを切る。宮崎に代えて小川大貴を投入。

試合はアディショナルタイム3分でも得点を奪えず、スコアレスドローとなった。

後半戦の総括

後半は前半よりも攻撃のチャンスを作れていませんでした。攻撃の手段が左サイドからアダイウトンがドリブルで突破を仕掛けてクリアされたボールで獲得したコーナーキックのみという状況では点を取ることは難しい。

この試合で収穫と言えそうなのは、4バックでも守備ラインを上手く構築して相手に決定的なチャンスを作らせなかったという点でしょうか。相手が外から中へボールを動かしたときも上手く絞ってしっかりと対応できていたのは良かったと思います。来季を見据えたチーム力底上げの1つと考えれば、悪い結果ではなかったと思います。

一方の攻撃面は、4バックにしたことでいつもと違う攻撃の組立となったわけですが、最後まで攻撃の歯車を噛み合わせることが出来ませんでした。そういった状況では、交代カードを上手く使って流れを変えたいところだが、控えに状況を好転させてくれるFWが居ないのがつらいところ。

山田は後半も10分間出場したが、目立った活躍を見せることはできず周りとの連携をもっと深めていく必要があると感じる出来栄えだった。もっと自分からパスを貰いに行く動きや、ボールに積極的に絡んでいく行動を見せて欲しかったところ。

交代で入った松浦は、色んなところに顔を出してボールを動かそうとしていたが、周りの動き出しがあまり良くなく、パスを出すところを探すのに苦労していた様子。そうした状況であれば、自分の持ち味であるドリブルからの突破を見せても良かったと思う。

途中出場の齊藤は居るのか居ないのかが全く分からないほど存在感が無かった。久しぶりのリーグ戦出場だったので、もっと気迫のこもったプレーを見せて欲しかった。川又のように前線で起点になるだとか、相手の裏を狙ってみるといった動きを見せて欲しかったというのが正直な感想。

この試合ではシュート数がたった6本しかなかった。その中で惜しかったと言えるのは前半に川又がクロスバーを直撃させた1本のみで、あとは枠を捉えたシュートがほぼ無い状況というのは寂しい結果。この試合のように『あのシュートが決まっていれば、勝てた』という試合を何試合か落としているのが勿体無い。

自分達のペースじゃない試合をいかにして自分達のやりやすいリズムに持っていくかという課題が見えた試合でした。

さぁ、次はいよいよ静岡ダービーですよ!!ダービーで不甲斐ない試合をするわけには行きません。リーグ戦は2週間の中断期間を挟むので、その間にしっかりと調整を行い、最高の状態でダービーを迎えて欲しいものです。次の試合は、心を滾らせる熱い展開を見せてくれると信じています。

にほんブログ村に参加していますので、バナークリック応援をお願いします。

にほんブログ村 サッカーブログへにほんブログ村

にほんブログ村 サッカーブログ ジュビロ磐田へにほんブログ村

ジュビロ磐田ランキング

 

関連コンテンツ

サイドバー改

サイドバー改

-ジュビロ磐田

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

今年2回目の静岡ダービーはお互いに決定機を決めきれずスコアレスドロー

今年2回目となる“静岡ダービー”が、エコパスタジアムで開催されました。ルヴァンカップでは0対1と敗れていますので、ライバルチーム相手に連敗は絶対に避けなければなりません。 水曜 …

平成最後の静岡ダービーに勝ってリーグ戦の勢いを確かなものにしたいところ

明日はいよいよ“平成最後の静岡ダービー”が開催されます。 昨年の静岡ダービーは4試合(ルヴァンカップを含む)が行われ、1勝1分2敗と負け越しています。敗戦の中で最もダメージを受けたのはリーグ戦終盤の第 …

ジュビロがヤマハスタジアムで劇的な逆転勝利を収める その1

3月4日のホーム開幕戦以来となるヤマハスタジアムでサガン鳥栖と対戦しました。天候は晴れ、気温は24℃と6月中旬から下旬の気温と4月としてはかなり高い気温での試合となりました。 前節、横浜Fマリノス相手 …

いよいよ来週開幕!今季のジュビロ磐田について色々と考えてみた

昨シーズンは『守備の大幅な改善(リーグ最小失点)と的確な補強』によってチームのレベルを1つ上のステージへと引き上げることに成功しました。 今シーズンはトップ5を目標に掲げてシーズンを戦いますが、その目 …

【J1第14節】ヴィッセル神戸戦を展望する

ジュビロ磐田は、リーグ戦5連戦を3勝1分1敗と大きく勝ち越し、今季2度目の2連勝を果たしました。 水曜日に行われたルヴァンカップでは、若手の荒木の2アシストから中野が2ゴールを挙げる活躍によって勝利を …

管理人のまー太郎です。

このサイトでは、ジュビロ磐田関連のニュースや趣味(旅行、食べ物など)について書き綴っていきたいと思います。
マイペースに更新をしていきますので、お付き合い頂けると嬉しいです。

【好きなサッカー選手】
ジュビロなら小川航基、中村俊輔、川又堅碁
海外なら本田圭佑
その他は鈴木隆行

【趣味】
サッカー観戦、その他スポーツのTV観戦、
映画鑑賞、寺社仏閣巡り等

2019年7月
« 5月  
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031