ジュビロ磐田を京都から応援

ジュビロ磐田を中心にJリーグ・海外サッカー、趣味などを幅広くお届け

ジュビロ磐田

磐田はゴールを決めきれず、アウェイ仙台戦で勝ち点2を失う! その2

投稿日:

前半はスコアレスドロー。ジュビロは攻めているが最後の精度を欠いて得点を奪うことが出来ていません。前半は左右のサイド、特に左サイドからの攻撃が多かったですが、もう少し中央から崩しにかかるのも良いかもしれません。仙台は守備に人数を割いているため、攻撃へ切り替わる際に前線に人が足らず、余り攻撃の形を作ることが出来ていませんでした。

名波監督は前半を振り返って『攻守のバランスも良かった。チームとしては全体として前体重だと思う。後は枠内シュートとか最後を決めきるとかそういうところをしっかりとする。後半は相手が前に出てくると思うのでケアをしたい』と話していました。

仙台は後半頭から交代カードを1枚切ってきました。佐々木に代えて西村を投入します。

前半戦の振り返りは『磐田はゴールを決めきれず、アウェイ仙台戦で勝ち点2を失う! その1』をご参照下さい。

さて、それでは後半戦を振り返って行きましょう。

スポンサーリンク

後半戦の振り返り

46分 川又が右サイドから中村にパスを出すが、相手にクリアされる。クリアボールを川又が拾ってシュートを放つが枠を捉えることは出来ない。

47分 中村→アダイウトン→川辺と繋いで、ペナルティーエリア内へ侵入したアダイウトンへラストパスを出すが、そこからの横パスは相手にブロックされて味方には通らない。

48分 左コーナーキックを梁勇基が蹴ってクロスを供給する。増嶋が頭で合わせるが僅かに枠を捉えることが出来ない。

56分 宮崎からのボールを川又が頭まで反らして川辺にパス。前を向いてドリブルをしようとしたところで相手に倒されてフリーキックを獲得。

57分 中村のフリーキックは珍しく大きく外れてしまい、誰にも合わない。

61分 右サイドを抜け出した高橋がクロスを供給するがゴールラインを割ってしまう。

67分 高橋からのパスを受けた川又が反転しようとしたところを倒されてFKを獲得。FKが蹴られる前に仙台が2枚目の交代カードを切る。梁勇基に代えて奥埜を投入する。前回は奥埜に決勝点を決められているので注意が必要。

68分 中村のフリーキックは相手にクリアされる。クリアボールを宮崎が拾ってミドルシュートを放つがGK正面に飛んでしまう。

71分 ボールを受けた川又が倒されてFKを獲得。

72分 ジュビロが最初の交代カードを切る。宮崎に代えて荒木を投入する。中村のフリーキックはGK正面へ飛んでしまう。

79分 櫻内のパスを受けた川辺がドリブルでペナルティエリアへ進入し、シュートを放つが惜しくゴール左へ外れてしまう。相手の足に当たっていたので左コーナーキックを獲得。

80分 中村のコーナーキックは味方に合わず、相手にクリアされてスローインに。

82分 ジュビロが2枚目の交代カードを切る。アダイウトンに代えて松浦を投入する。

83分 ジュビロにこの試合一番のピンチが訪れる。右サイドから蜂須賀がクロスを供給するとクリスランがフリーでヘディングシュートを放つ。ゴールラインを割るかと思われたが、カミンスキーがゴールライン手前で何とか掻き出すことに成功。ファインセーブのお陰で何とか失点を免れた。

84分 仙台が最後の交代カードを切る。蜂須賀に代えて古林を投入。

ADタイムは4分。

90+2分 ジュビロが最後の交代カードを切る。中村に代えて松本を投入する。

90+3分 ムサエフ→松本→大井と繋ぐ。折り返しのボールを松本がシュートするが相手に防がれてゴールには飛ばない。

このまま試合は0対0のスコアレスドローで終了。

後半戦の総括

試合を通じて攻めたが得点を奪うことが出来ずにスコアレスドロー。仙台の渡邉監督が『我々の試合ではなかった』とコメントしているようにジュビロが試合支配していたが、数多く作ったチャンスを決めきれず勝ち点2を失う結果となった。

この試合で最も得点に近づいたシーンは83分に仙台が作った攻撃のシーンだった。クリスランにドフリーでヘディングシュートを打たれたときは決められたと思ったが、カミンスキーがゴールライン手前でボールを掻き出すというファインセーブをしてくれたお陰で事無きを得た。
このシーンでゴールを決められていたら、勝ち点1すら持って帰ることが出来なくなるところだった。

これだけ攻めて1点も奪えないというのは消化不良過ぎてつらい。昨シーズンまでのジュビロならアウェイで勝ち点1を取れたのは御の字と感じたかもしれないが、今季の内容からすればこの結果は不合格と言わざるを得ない。

名波監督は鹿島を引き合いに出して話をすることがあるが、鹿島であればこういった内容の試合は必ず勝ち点3を持って帰っているはず。強豪と呼ばれるチームほどこういった試合で取りこぼしはしないものなので、そこは修正して勝ち点3を持って帰れるようにして欲しいところ。

この試合も前節に引き続いて引いた相手を崩すことが出来なかった。この試合は特にクロスとシュート共に最後の精度が甘かった。そこを次の試合までに修正して、次こそは勝ち点3を手にしたい。

 

にほんブログ村に参加していますので、バナークリック応援をお願いします。

にほんブログ村 サッカーブログへにほんブログ村

にほんブログ村 サッカーブログ ジュビロ磐田へにほんブログ村

ジュビロ磐田ランキング

 

 

 

関連コンテンツ

サイドバー改

サイドバー改

-ジュビロ磐田

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

【ジュビロ磐田】中村俊輔曰く「俺がやるんだ」というオーラが見えなくなってきているとのこと

今日行われた浦和レッズとの試合は、前半の早い段階で先制点を奪うことに成功しましたが、後半は浦和が試合の主導権を握り、防戦一方となってしまい、なんとか耐えていましたが、ミスから同点ゴールを許してしまいま …

久しぶりに4バックを試したジュビロ、ミスが目立ちFC東京とドロー その2

後半開始直後はお互いにメンバーの交代は無し。FC東京にピッチを広く使って攻められているので、パスの出し手へもう少しプレッシャーを掛けて相手に自由にパスを回されないように注意。攻撃面では両サイドの櫻内、 …

【J1第7節】ガンバ大阪対ジュビロ磐田戦の展望を考える

J1第7節のガンバ大阪戦がアウェイのパナソニックスタジアム吹田で開催されます。 ジュビロは2勝2敗2分の勝ち点8で14位。下位に沈んでいますが、8チームが勝ち点8で並んでいる混戦状態になっていますので …

現地観戦したジュビロ磐田VS川崎フロンターレ戦の感想

エコパスタジアムで開催された『ジュビロ磐田VS川崎フロンターレ戦』を現地観戦してきましたので、試合を見て感じたことを書いていきたいと思います。 ジュビロにとっては今季初の公式戦となりますが、対戦相手の …

後半はペースを握ったジュビロだが、中村航輔の壁を越えることが出来ず痛い敗戦!その2

前半はジュビロ本来の攻めが見られませんでしたが、逆転するために名波監督は櫻内に代えて上原を後半開始から投入することを選択。上原の投入に伴い、3バックから4バックの【4-2-3-1】へシステムを変更。 …

管理人のまー太郎です。

このサイトでは、ジュビロ磐田関連のニュースや趣味(旅行、食べ物など)について書き綴っていきたいと思います。
マイペースに更新をしていきますので、お付き合い頂けると嬉しいです。

【好きなサッカー選手】
ジュビロなら小川航基、中村俊輔、川又堅碁
海外なら本田圭佑
その他は鈴木隆行

【趣味】
サッカー観戦、その他スポーツのTV観戦、
映画鑑賞、寺社仏閣巡り等

2019年8月
« 5月  
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031