ジュビロ磐田を京都から応援

ジュビロ磐田を中心にJリーグ・海外サッカー、趣味などを幅広くお届け

ジュビロ磐田

【ジュビロ磐田】川辺が急成長した要因と自身が目指すボランチ像とは?

投稿日:

ジュビロ磐田が躍進している一つの要因として、ボランチの川辺が挙げられます。特に今シーズンは目覚しい成長を遂げていますね。

大きく成長できた理由として考えられるのは、中村俊輔の存在がやはり大きいと思います。web sportivaの『枠があっても「外国人FWはいらない」というジュビロ名波監督の思惑』という記事の中で興味深いエピソードが語られています。

スポンサーリンク

川辺が急成長した要因

名波監督は、今季開幕前のキャンプで約1ヶ月間、川辺と中村俊輔が同じチームにしなかったそうです。その狙いを問われてこのように答えています。

「対戦相手としてなのか、ピッチの外からなのかはともかく、まずは『見ることが大事』だからです。若い選手というのは、新しく入ってきた選手と一緒にやると、だいたい自分のプレーを押しつけたがる。『オレの特徴はこれですよ』『オレがやりたいのはこういうプレーですよ』と。でも、そうじゃない。まずは見て学び、俊輔をどういうふうに使うか、ということを考えてほしかったんです。周りの選手がボールを受けたときに、俊輔はどういうタイミングで顔を出すのか。俊輔がどういうタイミングでボール持っているときに、周りが出ていかなきゃいけないのか。そういうことは、自分のなかですり合わせていかないと本当の答えはわからない。監督やコーチがどんなに言葉で伝えても、それは机上の空論に過ぎませんから」

このコメントを見て、『俊輔に自分(川辺)はこういう選手です』という取扱説明書を渡すのではなく、『自分自身が俊輔取扱マニュアルを作って扱えるようにしろ』と試練を与えたんだな感じました。まだ、若い川辺に大ベテランである俊輔の取扱い説明書を作らせるというのは思い切った対応だなぁと思います。素人的な考えだと、俊輔に川辺取扱いマニュアルを渡して上手く使ってもらいながら育てようと思ってしまいます。

そういった名波監督の思惑に、当時の川辺自身が気が付いていたかは分かりません。突き放しておいて、ストレスがちょうどいい具合に溜まったところで、俊輔と同じチームに入れて擦り合わせ行う。一緒にプレーさせないというムチばかりではなく、絶妙のタイミングで一緒にプレーさせるというアメを与えた名波監督の手腕には脱帽です。

ただ、外から俊輔を観察させていたからといって、すぐにすり合わせが上手くいったわけではありません。名波監督がすり合わせが上手くいき始めたなと感じたのは、第8節の鹿島アントラーズ戦からだということです。

先を見据えた指導をしていたからこそ、川辺と俊輔の素晴らしい連携を見ることが出来るようになっているわけです。ここ最近の連携の良さを見ていると川辺が持っている俊輔取扱マニュアルも大分充実してきたみたいですね。(笑)

川辺が目指すボランチ像

川辺は目指すべきボランチ像について、以下のように語っています。

「これは僕の持論ですけど、現代サッカーのボランチは前に出ていかなければ何の魅力もない。前に出て来るボランチの脅威、それから相手選手が捕まえづらいというのは誰でもわかることですよね。刈り取るだけのボランチは時代遅れだと思いますし、そういう意味ではシュートの意識を持たせているのと、前への推進力、自分の良さをよくわかっているというのが上手く噛み合っているんじゃないですかね」

川辺がボールを受けて前を向けている試合は、チーム全体に流動性が出ているように感じます。逆に守備の時間が長くなり、前を向いたプレーが中々できないようだとチーム全体の攻撃のテンポが遅くなっているように見えます。

川辺の良いところは、守備をしっかりとこなし、中盤でボールを奪えばカウンターを独力で決めようとする力がある。状況判断を的確に行って回りに決定的なパスを供給できることだと思います。

身近に最高のお手本である中村俊輔がいますので、俊輔が持つクオリティーに少しでも近づけるように頑張って行って欲しいところです。このまま成長を続けていけば、更なる飛躍が期待出来そうですね。

将来が非常に楽しみな選手なので、ジュビロ磐田のフロントには完全移籍で川辺が獲得が出来るようにしっかりと広島と交渉をしてほしいものです。川辺を獲得できないと、ジュビロが迎えようとしているたな時代の屋台骨を失うことになりかねませんよ。

 

にほんブログ村 サッカーブログへにほんブログ村

にほんブログ村 サッカーブログ ジュビロ磐田へにほんブログ村

ジュビロ磐田ランキング

 

関連コンテンツ

サイドバー改

サイドバー改

-ジュビロ磐田

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

鬼門の鹿島スタジアムで王者アントラーズに完封勝利その1

かつて『ナショナルダービー』と言われていた伝統の一戦。鬼門の鹿島スタジアムへ乗り込んで連勝を狙う。 前節、鳥栖相手に劇的な逆転勝利を挙げたジュビロは、今日もその勢いを維持して勝利を掴み取りたいところだ …

【5連戦その4】アウェイの横浜F・マリノス戦を展望してみる

前節はホームでセレッソ大阪と対戦し、1対1のドローに終わったジュビロ磐田。 主審の不可解な判定に泣かされたドローで悔しさは残るが、川又が2戦連続ゴール(PK含む)をあげるなど復調の兆しを見せているのが …

【ルヴァンカップ】第4節コンサドーレ札幌戦のスタメンを予想してみる

前節のヴァンフォーレ甲府戦では、同点に追いついた直後に逆転される苦しい展開になりましたが、途中出場した荒木の2ゴールでジュビロ磐田が劇的な逆転勝利を収めました。 その結果、グループBはジュビロ磐田、清 …

【J1第2節】ジュビロ磐田は名古屋グランパスとアウェイで対戦!

ジュビロ磐田はホームに川崎フロンターレを迎えてJリーグ開幕を迎えました。しかし、守備のミスから前半だけでまさかの3失点を喫する苦しい展開。システムを変更した後半は、攻撃にリズムが出てきましたが相手GK …

【小川航基】ウルグアイ戦で左膝十字靭帯及び左膝半月板損傷の重傷

5月24日に行われたU-20W杯のウルグアイ戦に先発出場をした小川航基でしたが、前半16分に着地した際に左膝を負傷。 その後、プレー続行不可能と判断され、20分に久保建英と交代しました。 一報が報じら …

管理人のまー太郎です。

このサイトでは、ジュビロ磐田関連のニュースや趣味(旅行、食べ物など)について書き綴っていきたいと思います。
マイペースに更新をしていきますので、お付き合い頂けると嬉しいです。

【好きなサッカー選手】
ジュビロなら小川航基、中村俊輔、川又堅碁
海外なら本田圭佑
その他は鈴木隆行

【趣味】
サッカー観戦、その他スポーツのTV観戦、
映画鑑賞、寺社仏閣巡り等

2019年10月
« 5月  
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031