ジュビロ磐田を京都から応援

ジュビロ磐田を中心にJリーグ・海外サッカー、趣味などを幅広くお届け

日本代表

【日本代表】日本は小林悠の先制点と昌子のゴラッソで中国に競り勝つ!

投稿日:

E-1サッカー選手権の中国戦が本日開催され、日本代表が2対1で勝利し、2連勝を飾りました。

初戦の北朝鮮戦からスタメンを7名入れ替えて試合に臨みました。前半は高いボールポゼッションで中国を圧倒したもののチャンスを決めきることが出来ず、得点を奪えませんでした。

大島が出場している間は相手の裏を狙った攻撃を積極的に仕掛けることが出来ていましたが、前半途中に負傷して交代を余儀なくされると攻撃のリズムを失います。

30分以降は中国が中盤でプレッシャーを掛けてボールを奪い、日本のゴールを脅かすシーンが徐々に増えていきます。

日本は中盤でボールを奪いに行くのか、それとも攻めてきたところを最終ライン付近で奪うのかがハッキリとしておらず、ズルズルとラインを下げる形となってしまいました。

良い流れで前半を終えることが出来なかった日本ですが、メンバー交代なしで後半戦に臨みます。

後半もセカンドボールを中国に拾われ、相手に決定機を許すなど厳しい展開が続くと、攻撃の停滞を打開するために、ハリル監督は伊東に代えて川又を投入。川又はワントップのポジションに入りました。

個人的には北朝鮮戦でも違いを作ることが出来ていたので、この試合では先発で使われるのではないか?と思っていました。しかし、蓋を開けてみると前回と同じで後半途中からの出場。

ハリル監督は川又を先発としてではなく、試合の流れを変えるジョーカーとして見ているのでしょうか?。相変わらず選手起用の基準が良く分かりません。

川又を投入してから日本の攻撃が少しずつ活性化していきます。

84分に待望の先制点が生まれる。

川又がゴール前で粘って小林へと繋ぐとゴールラインギリギリのところから小林が放ったシュートはゴールへと吸い込まれ、ようやく先制。小林の代表初ゴールで先制します。

川又は北朝鮮戦に続きまたしても得点に絡む活躍を見せます。少ない時間でアピールが出来たのはいい印象を与えたと思います。

先制して勢いにのった日本代表は88分、素晴らしいゴールで追加点を奪います。

ハーフウェイライン付近で昌子がボールを持つと、相手GKの位置を確認してから思い切りよく右足を振り抜き、強烈なロングシュートを放ちます。前に出ていたGKは触ることが出来ず、シュートはそのままゴールへと突き刺さりました。昌子もこの得点が代表初ゴールでした。

昌子のゴラッソで日本がリードを2点に広げ、試合は後半ATタイムへと突入。

無失点で試合が終わるかと思われましたが、エリア内に簡単に侵入されてしまい、慌てて対処した際に手を使って相手を倒してPKを与えると、PKをしっかりと決められて1点差に詰め寄られます。

しかし、すぐに試合終了のホイッスルが鳴って試合終了。

日本が2対1で勝利し、2連勝を達成。16日の韓国戦で優勝を掛けて戦うこととなりました。

スポンサーリンク

まとめ

北朝鮮戦と同様に前半は得点を奪うことが出来ず、84分にようやく先制点が生まれるという苦しい展開になりました。

ボールは保持しているものの最後の精度が低く、シュートを枠に飛ばすことがほとんど出来ていませんでした。

大島がいるときはリズム良く攻撃と守備が出来ていたのに1人の選手がいなくなっただけでリズムが途端に悪くなってしまい、立て直すことが出来ずにズルズルといってしまったのはまずかったと思います。

リズムを変えたのは前回同様、途中出場を果たした川又でした。

前線からのプレス、味方からのボールを前線でキープするポストの動き、ボールをサイドに振って攻撃の上がりを促すなど攻撃を活性化する仕事を上手くこなせていたと思います。

小林の先制ゴールは川又からボールが繋がったことによって生まれているので、ハリル監督が川又を投入したのは正解でしたね。

PKのシーンですが、相手がエリア内に侵入したときに慌てて対処するのではなく、エリアに入られる前にボールを奪っておくことが必要でした。侵入される前にボールを奪うチャンスはあったと思うので、そこで奪っていれば無失点で試合を終えることが出来たはずです。

さて、E-1サッカー選手権も残り1試合を残すのみとなりました。

ジュビロファンとしては、『2試合続けてアピールに成功した川又を次はワントップのスタメンで起用してみてはどうでしょう?』とハリル監督に言いたくなりますよね。(笑)

前線からの守備もサボらないし、ポストプレー時の高さもあります。何より2試合通じて川又が入ってから攻撃のリズムが良くなったという事実があるので、ハリル監督には是非ともスタメンで使ってほしいところです。

今の川又ならいい働きを間違いなくしてくれますよ!!

16日土曜日に行われる韓国戦に勝って3連勝でこの大会を終えたいですね。泣いても笑ってもアピールの場はあと1試合です。

ここまでの2試合は相手を圧倒するどころか、勝つのがやっとという状況なので最後の試合ぐらいは前半の内に先制点を奪ってスッキリと勝つところが見たいです。

にほんブログ村に参加していますので、バナークリック応援をお願いします。

にほんブログ村 サッカーブログへにほんブログ村

にほんブログ村 サッカーブログ ジュビロ磐田へにほんブログ村

ジュビロ磐田ランキング

関連コンテンツ

サイドバー改

サイドバー改

-日本代表

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

【大一番】日本代表は今夜オーストラリア代表と対戦、勝てばW杯進出が決定

サッカー日本代表は今夜(8/31)、埼玉スタジアムにオーストラリア代表を迎えます。過去のW杯予選では一度も勝ったことがありませんが、今回はしっかりと勝ってW杯進出を決めたいところ。オーストラリアは確か …

【ジュビロ磐田】ハリル監督にアピール成功!後半出場の川又が劇的なゴールの起点となる活躍を見せる

昨日行われたE-1サッカー選手権(以下 E-1選手権)の北朝鮮戦でジュビロ磐田のエースストライカーである川又堅碁が途中出場からアピールに成功しました。 3試合(北朝鮮、中国、韓国)行われるE-1選手権 …

【日本代表】豪州はサウジに3対2で勝利、この結果グループBは勝点16で3チームが並ぶ

ロシアW杯アジア最終予選B組のオーストラリア代表対サウジアラビア代表の一戦が8日に行われました。オーストラリア代表がコンフェデレーションズカップに出場するため、他の試合よりも前倒しで実施され、オースト …

8月31日のアジア最終予選オーストラリア戦のチケットが完売!

8月31日に埼玉スタジアムで開催される2018年W杯アジア最終予選のオーストラリア戦のチケットが完売したことを日本サッカー協会(JFA)が8日に発表しました。この試合は勝てばW杯出場が決まる重要な一戦 …

【E-1サッカー選手権】北朝鮮戦のMVPは間違いなく中村航輔!ビックセーブが無ければ0対3で負けていてもおかしくなかった。

9日に開催されたE-1サッカー選手権の初戦が開催され、日本は北朝鮮代表と味の素スタジアムで対戦しました。 日本代表は国内組みだけでこの試合に臨みますので、Jリーグの選手にとってW杯の23人枠へ入るため …

管理人のまー太郎です。

このサイトでは、ジュビロ磐田関連のニュースや趣味(旅行、食べ物など)について書き綴っていきたいと思います。
マイペースに更新をしていきますので、お付き合い頂けると嬉しいです。

【好きなサッカー選手】
ジュビロなら小川航基、中村俊輔、川又堅碁
海外なら本田圭佑
その他は鈴木隆行

【趣味】
サッカー観戦、その他スポーツのTV観戦、
映画鑑賞、寺社仏閣巡り等

2019年7月
« 5月  
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031